朝のまぶたが腫れぼったい理由はリンパや血流の停滞などによるものです


朝起きてまぶたが腫れぼったい状態になってしまっているのは、リンパや血流が停滞していることなどが原因です。

寝不足や寝すぎによってリンパなどの流れが滞ることで、老廃物や水分が排出できなくなり、腫れぼったいまぶたになってしまうのです。

ただ、このような腫れぼったいまぶたを朝のメイクで無理矢理ケアしようとすると、将来的なまぶたへのダメージにつながってしまうこともあります。

たとえば、二重のりやアイテープの使い過ぎなどには注意が必要でしょう。

朝はさまざまな原因によってまぶたが腫れぼったくなってしまいます

朝寝起きの時などにまぶたが腫れぼったくなって、むくんでしまっているという経験がある方も多いでしょう。

いつも通りのまぶたではないと、朝のメイクにもいつも以上に時間がかかってしまいますし、メイク自体がうまくいかないということもあります。

朝のまぶたのむくみは、主にリンパや血液の循環が滞ることによって生じるとされています。

リンパや血液などの流れが滞ると、老廃物の排出がうまく行われず、まぶたに老廃物や水分をためこんでしまうため、むくみやすくなってしまうのです。

このような状況は寝不足などが原因でも起きると言われており、また、逆に寝すぎてしまった場合も、体を長時間動かさないことでリンパの流れが停滞してしまい、まぶたが腫れぼったくなってしまうとされています。

ほかにも、前の晩のアルコールや塩分の摂り過ぎなどによってもまぶたが腫れぼったくなりやすいと言われています。

朝の腫れぼったいまぶたを気にするうえでは、前の晩の食生活などについても気にする必要があるでしょう。

二重のりなどを使ったメイクは将来的なダメージにつながる可能性があります。


朝の腫れぼったいまぶたをメイクでなんとかしているという方も多いでしょう。

しかし、そのようなメイクが逆に腫れぼったいまぶたをより悪循環にさせてしまっている可能性があることについてはご存知でしょうか。

たとえば、ぱっちりとした二重まぶたをつくろうとしたり、腫れぼったいまぶたを引き上げたりするために二重のりやアイテープを使っているという人もいるでしょう。

しかし、これらのものはまぶたに使うものとはいえ、貼ったり剥がしたりできるテープやのりです。

そのため、テープやのりを剥がすときの動作やお化粧による負荷のかかり方によっては、まぶたへダメージが蓄積されてしまいます。

まぶたは体のなかでも、特に皮膚が薄い部分ですから、紫外線や目をこするなどの刺激にとても弱く、ダメージもたまりやすいのです。

まぶたにダメージがたまると炎症や乾燥につながり、まぶたが腫れぼったくなってしまう原因となります。

腫れぼったいまぶたを気にするのであれば、メイクについてもある程度注意しておく必要があると言えるでしょう。

メイク感覚で二重整形を利用してみるのもおすすめです。

二重のようなぱっちりとしたまぶたが欲しいという場合であれば、メイク感覚で利用できる二重整形を利用してみても良いでしょう。

埋没法と呼ばれる二重整形は施術期間が短く、料金も比較的安い、二重整形の方法です。

通称プチ整形と呼ばれるような施術はこの埋没法を指すことが多く、利用者が多い施術でもあります。

この埋没法は、まぶたを引き上げる眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉と、まぶたの皮膚を糸でつなぎ合わせて二重のラインをつくるという施術です。

糸でつなぎ合わせると聞くとイメージしにくいかもしれませんが、この眼瞼挙筋がまぶたの皮膚とつながっている状態というのは、一般的な二重まぶたの方の目の構造と同じになっています。

つまり、二重整形は糸を使う事で二重まぶたの構造を再現する施術と言えます。

この時に使用する糸は医療用の細く丈夫なものを用いるため、心配は要りません。

埋没法は手軽な施術のため、病院に行ったその場で施術を行うこともできます。

また、メスを使用しないため術後の腫れも少ないです。

さらに埋没法であれば施術のやり直しも可能ですから、万が一、元のまぶたに戻したいという場合も気軽に元の状態へ戻せるでしょう。

朝のメイクを簡略化したいという人にも、埋没法を用いた二重整形はおすすめです。

(まとめ)朝にまぶたが腫れぼったい原因はなに?

1.朝のまぶたが腫れぼったい理由はリンパや血流の停滞などによるものです

朝の腫れぼったいまぶたは、睡眠によってリンパの流れや血行が停滞していることによって引き起こされます。

このようなまぶたをメイクなどで無理矢理改善しようとすると、将来的なダメージにもつながりかねませんから、注意が必要でしょう。

2.朝はさまざまな原因によってまぶたが腫れぼったくなってしまいます

朝はリンパや血流の停滞によるむくみをはじめとして、前の晩のアルコールや塩分などによるむくみなど、さまざまな理由で腫れぼったいまぶたが生じてしまいます。

まぶたを気にするのであれば食生活についても気にかける必要があるでしょう。

3.二重のりなどを使ったメイクは将来的なダメージにつながる可能性があります

二重のりなどをつかったメイクでまぶたを改善する場合、使い方によってはまぶたにダメージが蓄積され、炎症や乾燥などにつながってしまうことがあります。

場合によっては、さらにまぶたが腫れぼったくなる原因にもなりかねないため注意が必要でしょう。

4.メイク感覚で二重整形を利用してみるのもおすすめです

埋没法は施術期間が短く、手術も大がかりではないため、手軽に利用することのできる二重整形の施術です。

朝のメイクの代わりに二重整形を利用すれば、毎朝の時間短縮にもなりつつ美しいまぶたを手に入れることができます。