疲れによる腫れぼったいまぶたは整形ですっきりできる見込みがあります


疲れるとすぐにまぶたが腫れぼったい感じになったり、二重が安定せずに一重になってしまったりする場合、整形手術を検討してみましょう。

二重が安定しない原因には、二重ラインが浅い、二重幅が狭いといったことが挙げられます。

二重整形で二重ラインを作り直すことにより、疲れても変化しない、くっきりとした二重が手に入る可能性が高いです。

疲れなどで腫れぼったくなりやすいまぶたは整形で改善が期待できます

疲れると二重まぶたが不安定になってしまうのは、なぜなのでしょうか。

原因の一つとしては、疲れにより血流が悪くなり、間質液が血管に吸収されにくくなるためにまぶた内に溜まってしまう、ということが挙げられます。

つまり、血流が悪いためにまぶたの細胞間に水分が溜まってしまうのです。

疲れでこのような状態になりやすいということは、普段からちょっとしたことでむくんだ時にも、同じように二重が不安定になりやすいと考えられます。

このような悩みは、二重整形手術で改善効果が期待できます。

さらに、まぶた内に脂肪細胞が多いと、むくみの影響を受けやすくなることがあります。

そのため、二重整形のついでにまぶたの脂肪除去を行うことにより、まぶたのむくみやすさの軽減を図れることもあります。

効果的な施術方法はまぶたの状態によって異なるため、信頼できるクリニックに足を運び、医師の診断を受けてみましょう。

二重整形手術には埋没法と切開法があります


二重の整形手術には、大きく分けて埋没法と切開法があるといえます。

ひとつずつ説明します。

埋没法

二重整形手術の埋没法とは、まぶたを糸で留めて二重ラインを作る施術です。

1点だけ留める方法から、複数箇所とめる方法があります。

まぶたが薄い場合には、1点だけでも十分に、自然な二重ラインを作れることがあります。

一方で、まぶたが厚めの場合や、目頭から目尻にかけて二重幅に変化を付けたい場合などは2点、3点、4点と複数箇所を留めることがあります。

埋没法はメスを使わないので、気軽にできるプチ整形として、チャレンジ感覚で受けてみる人も多いです。

特に、普段から二重メイクをしている方は、毎日の手間が省けるのでおすすめです。

術後の腫れも、2~3日で引くことが多いため、週末の休みを活用して施術を受ける人もいます。

切開法

切開法は、メスでまぶたを切開し、縫合したところに二重ラインが形成されるというものです。

切開法の利点は、まぶたが分厚くても二重ラインを作れる可能性があるということです。

埋没法ですと、まぶたが分厚いと糸が外れやすくなる危険性があるため、適さないと判断されることがあります。

このような場合でも、切開法なら施術ができるといえます。

また、切開法の場合、まぶたの構造自体を二重構造に近い状態に変えるため、よりしっかりとした二重を作ることができるといえます。

施術のついでに、脂肪除去を行ってまぶたのボリューム調整をしたり、たるみ除去を行ってまぶたの針を戻したりといったことも行える可能性があるのもメリットです。

埋没法の効果は数年、切開法の効果は半永久的です

埋没法と切開法の違いのひとつに、効果の持続期間を挙げることができます。

埋没法の効果持続期間は、一般的に2~4年といわれています。

ただし、個人差があり、半年で取れてしまう人もいれば10年以上たっても効果が持続している人もいます。

また、万が一気に入らなければ元に戻せる可能性がありますから、お試し感覚で整形してみたいという方には埋没法がおすすめだといえるでしょう。

一方、切開法の効果持続期間は、半永久的といわれています。

埋没法と異なり、二重が外れてしまう心配がないのは大きなメリットといえるでしょう。

半永久的で確実な二重まぶたを手に入れたいとご希望の方には、切開法がすすめられるといえます。

埋没法と切開法には、それぞれにメリットがあるので、カウンセリング時にしっかりと説明を聞き、心配なことは質問して、不安を解消してから施術に踏み切りましょう。

(まとめ)疲れると腫れぼったい状態になるまぶたの改善策とは?

1.疲れによる腫れぼったいまぶたは整形ですっきりできる見込みがあります

二重ラインがはっきりしないと、疲れによる目の腫れの影響を受けやすくなります。

このような場合、二重整形でくっきりとした二重にすれば、ぱっちりとした二重を維持しやすくなるといえるでしょう。

2.疲れなどで腫れぼったくなりやすいまぶたは整形で改善が期待できます

疲れで腫れぼったくなりやすいまぶたは、むくみの影響も受けやすいと考えられます。

ちょっとしたことで二重が不安定になる傾向がある場合、二重整形のついでに脂肪除去を行うことにより、むくみにくいまぶたへと導ける可能性があります。

3.二重整形手術には埋没法と切開法があります

まぶたの二重整形には、大きく分けて埋没法と切開法があります。

埋没法はまぶたを糸で留めて二重にする施術方法です。

切開法は、新しく作る二重ラインに沿って切開し、縫い合わせることで二重のラインを作るという施術方法です。

4.埋没法の効果は数年、切開法の効果は半永久的です

埋没法の効果は2~4年といわれています。

そのため、お試し感覚で二重整形してみたいという方にはおすすめな施術と言えるでしょう。

一方、切開法の効果は半永久的なので、しっかりとした二重まぶたが欲しいという方におすすめです。