埋没法で厚い瞼を二重にしても、瞼に刺激を与えることで元に戻るリスクがあります


腫れぼったくて厚い瞼がコンプレックスの方でも、埋没法を用いた二重整形を利用する事で理想の瞼を手に入れることが可能です。

しかし、目をこするなどして瞼に刺激を与え続けてしまうと、埋没法による二重のラインが崩れ、やがて瞼が元に戻ってしまうことがあるでしょう。

また、二重整形には埋没法のほかに、切開法という手術も存在します。

この方法を使えば、瞼が厚い原因のひとつである脂肪を除去し、半永久的にすっきりとした目元へ改善することができるでしょう。

埋没法の術後はまぶたへの刺激に気を付けましょう

埋没法は、二重瞼の構造を再現する事で二重のラインを作るという施術です。

二重と一重は、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉と瞼の皮膚に構造が異なることによって分かれています。

二重の方の場合は、眼瞼挙筋とまぶたの皮膚がつながっており、瞼を開くのと同時にまぶたが折りたたまれることで二重のラインが出来上がります。

一方、一重の方の場合は、瞼を開いても皮膚が折りたたまれることが無いため、二重のラインが現れないのです。

埋没法は、医療用の糸を用いてこの眼瞼挙筋とまぶたの皮膚を糸で縫い合わせることで二重の構造を作りだします。

そのため、裏を返せばこの糸が取れてしまった場合は、元々の瞼に戻ってしまうのです。

ですから埋没法の術後は、まぶたに過度な刺激を与えないように気を付けなければならないでしょう。

特に、瞼を手でいじるくせがある人は、糸が取れてしまう危険性が高いと言われています。

花粉症のような、目をついこすりたくなる疾患を抱えている場合は、特に警戒する必要があるでしょう。

脂肪が厚い瞼の場合は埋没法がうまく適用できない場合があります


二重整形の施術である埋没法は、まぶたにメスを入れることなく、二重瞼をつくることができる施術として人気を博しています。

瞼を切らずに施術を行うため、施術期間も短く、休日などを利用して施術を利用する方も多いです。

とはいえ、その人のもつ瞼の状態によっては、埋没法が最適な手段にならないことがあります。

たとえば、脂肪が分厚い瞼を持つ方の場合、ケースによっては埋没法を利用してもうまく二重が作れないという場合があります。

瞼に脂肪が蓄積されていることが原因で厚い瞼になってしまっている場合は、埋没法で二重をつくったとしても、埋没法の糸にかかる負担が強くなってしまうため、より糸が取れやすくなってしまうと言えます。

また、無理矢理埋没法を行おうとしても、うまく皮膚が折りたためず、理想通りの美しい二重ラインを作ることが出来ないという場合もあるでしょう。

もし厚い瞼を解消してすっきりとしたまぶたを手に入れたいというのであれば、切開法などのそのほかの施術が推奨される可能性があります。

医師とのカウンセリングのもと、自分の瞼に最適な施術を行う事で理想の瞼を作りましょう。

瞼の脂肪が気になる場合は切開法がおすすめです

瞼を二重にする整形手術は、埋没法だけではありません。

「切開法」というやり方もさかんに実施されています。

この切開法を用いる場合、メスを用いて瞼の余分な皮膚を取り除きます。

このため、糸で瞼の内側を固定するだけの埋没法と異なり効果は半永久的に持続します。

また、手術の際に厚い脂肪を一緒に取り除けるという大きなメリットがあります。

瞼が厚めで腫れぼったいのであれば、最初から切開法を選択したほうが無難でしょう。

脂肪がなくなってから二重のラインを形成することになるため、仕上がりの良さについても定評があります。

切開法には、「部分切開法」と「全切開法」があります。

名前の通り、部分切開法のほうが瞼を切開する範囲がより限定されます。

瞼が厚い場合なら、全切開法が選ばれることが多いです。

全切開法のほうであれば、瞼が厚い場合でもくっきりとした二重のラインをつくり出しやすく、自然な仕上がりを実現できる効果も期待できるでしょう。

(まとめ)瞼が厚い人が埋没法を受けたら元に戻る可能性はある?

1.埋没法で厚い瞼を二重にしても、瞼に刺激を与えることで元に戻るリスクがあります

厚い瞼を埋没法で改善した方は、元に戻らないように注意する必要があります。

目をこするような刺激を続けてしまうことは避けましょう。

また、もし瞼が厚いことが悩みであれば、切開法を用いた施術で問題を解消することも可能です。

2.埋没法の術後はまぶたへの刺激に気を付けましょう

埋没法は、糸によって眼瞼挙筋と瞼の皮膚を縫い合わせることによって二重のラインを作っています。

そのため、瞼に刺激を与えて、糸が取れてしまわないよう注意をする必要があるでしょう。

瞼をこすってしまう癖などは、二重のラインを崩す原因の一つです。

3.脂肪が厚い瞼の場合は埋没法がうまく適用できない場合があります

瞼に厚い脂肪がある場合、ケースによっては埋没法でうまく二重のラインが作れないという場合があります。

たとえば、埋没法による糸で瞼の皮膚を折りたためないという場合や、糸に負荷がかかり過ぎてしまう場合などが挙げられるでしょう

4.瞼の脂肪が気になる場合は切開法がおすすめです

厚い瞼を二重にするために、切開法と呼ばれる施術法を選ぶことも可能です。

切開法では、メスを使って瞼の余分な皮膚を切り取ります。

全切開法という方法を選ぶと、瞼が腫れぼったくなる原因となる脂肪も一緒に除去しやすいというメリットがあります。


運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔