目頭まで厚いまぶたは脂肪の除去などできれいな二重への改善が期待できます


目頭からまぶた全体にかけての脂肪が多い場合には、まぶたが腫れぼったく見えるといえます。

また、厚く腫れぼったいまぶたは、眠そうな表情に見られるなど悩みの元になることもあるでしょう。

しかし、目元がすっきり見えるように二重のりなどを使用しても、厚いまぶたの場合には二重まぶたのラインが入りづらいといえます。

二重整形の切開法などの施術を利用することできれいな二重まぶたへの改善が期待できるでしょう。

腫れぼったいまぶたの原因は脂肪やむくみです

日本人は目頭の端の涙丘まで被るような蒙古襞(もうこひだ)がある状態や、まぶたに脂肪がついてまぶたが厚くなっている状態の目元の方が多いといえます。

もともと寒い地方に住んでいたことで、寒さに耐えられるよう目元に脂肪をつけて重まぶたになった人種が、日本人やアジア人の一部のルーツであるとされており、日本人はそのなごりで厚い一重まぶたが多いといわれています。

まぶたには、肌の表面に近い場所にあるROOFと、眼球に近い場所にある眼瞼脂肪(がんかしぼう)という2種類の脂肪がついています。

まぶたにこれらの脂肪が多くついていると、まぶたが厚くなり、まぶたが目に被ることで目が小さく見えることもあります。

もっと目が大きくなりたいというときやはっきりとした二重まぶたになりたいというときには、美容外科での施術を受けることで二重まぶたへの改善が期待できます。

まぶたはむくみやすい場所でもあるので、むくみやすい方はむくみのためにまぶたが厚く見えている場合もあります。

多少のむくみの場合にはマッサージでも改善できる可能性もありますが、目元の肌はデリケートなのでマッサージのために目をこすりすぎるとまぶたにたるみが生じることもあり、注意が必要です。

厚みのあるまぶたをぱっちりした二重にするには切開法が適しているといえます


まぶたが厚い場合、二重整形の施術を受けるときには切開法の施術が適しているといえます。

一般的にプチ整形と呼ばれている気軽に施術を受けることができる埋没法は、二重まぶたのラインをつけたい場所に糸を埋め込んで二重まぶたを作る施術です。

施術時間が短く施術後の腫れや内出血が少ないため腫れにくいという点や、また施術にかかる料金も比較的低価格というメリットから人気があります。

しかし、厚みのあるまぶたの場合には埋めた糸が外れやすいため、せっかく二重まぶたになっても、時間の経過と共に元の一重まぶたへ戻りやすいと言われているのです。

切開法は二重のラインをつける位置を切開して糸で留め、二重まぶたのラインを作るため埋没法よりも二重が元に戻りにくい施術です。

また、皮膚を切開したときに余分な脂肪を除去することも可能で、施術後にはすっきりとした二重まぶたへの改善が期待できます。

切開法にはまぶたのラインを1センチほど切除する部分切開法と3センチほど切除する全切開法の2種類があり、全切開法の方がまぶたの厚みを除去しやすいため厚いまぶたの方に向いているといえます。

部分切開法は施術後のダウンタイムが切開法より短く、施術料金が比較的リーズナブルという特徴があります。

目の幅を大きくする施術なら目の大きさの改善も期待できます

日本人の目に多い蒙古襞がある目は、目頭が蒙古襞で隠れている状態になっています。

目頭の蒙古襞をなくすと目頭の重なりがなくなるため、目頭の涙丘が見え目頭がより大きく開き、全体的に大きな目に見えるようになります。

この蒙古襞を数ミリ程度切開する目頭切開の施術は、蒙古襞をなくして目の横幅を広くする、または目頭から目がぱっちりと開くように改善するための施術です。

目頭切開は二重まぶたにするための二重整形を受けるときに一緒に受けることが多い施術です。

目の形や顔全体のバランスをとりながら切開する角度などを決めることができる施術のため、厚いまぶたを切開法で改善しながらより大きい目元にしたいときなどに適しているといえます。

また、目と目の間がはなれている場合や、はっきりした二重のラインが目頭からきれいにでるようにしたい場合にも適した施術といえます。

施術による傷跡が目立ちにくいという特徴もあるため、安心して施術を受けることができるでしょう。

さらに、元の状態に戻りにくいとされているため、きれいな二重まぶたをキープしやすくなるといえます。

(まとめ)目頭までまぶたが厚いとぱっちりした二重になれない?

1.目頭まで厚いまぶたは脂肪の除去などできれいな二重への改善が期待できます。

目頭からまぶた全体にかけて脂肪が多いとまぶたが腫れぼったく、眠そうに見られることもあります。

まぶたの厚みをとるためには、二重整形の切開法などの施術が適しているといえます。

2.腫れぼったいまぶたの原因は脂肪やむくみです

日本人にはまぶたに脂肪が多い一重の方が多いといわれます。

まぶたに脂肪が多くついた厚いまぶたが目に被ることで、目が小さく見える場合もあります。

大きく魅力的な目になりたいときには美容外科の施術ですっきりとした二重まぶたへの改善が期待できます。

3.厚みのあるまぶたをぱっちりした二重にするには切開法が適しているといえます

まぶたが厚い場合には、手軽に受けることのできる二重整形の埋没法では二重まぶたが崩れやすいといえます。

まぶたに厚みがある場合には、二重まぶたのラインをしっかりとつけることができる切開法できれいな二重への改善が期待できます。

4.目の幅を大きくする施術なら目の大きさの改善も期待できます

日本人の目に多い蒙古襞のある目は目頭が蒙古襞で隠れています。

この蒙古襞をなくす目頭切開の施術を受けると、目頭が大きく開きやすくなり二重のラインが目頭からきれいにでやすくなるといえます。