矢橋洋一郎医師

矢橋 洋一郎 医師

はじめまして、湘南美容クリニックの矢橋です。

皆さんは美容医療に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

私は学生の頃より美容外科医になりたいと思ってました。
悩みを抱えてる方々に対して、医学的なアプローチからの解決策を提案できる仕事に、他にはない魅力を感じていました。

以前に比べ美容医療は世の中に浸透し、医師の間でも徐々に受け入れられておりますが、美容医療に対して否定的な意見を持つ先生方もまだ少なくありません。
一部の先生方からは「命に関わらないから意味がない」「やってもすぐ飽きる」「魂を売ってはならない」等と強く否定されたこともありました。

しかしそのような意見を持っていた先生方に共通していたのは、実際の美容医療の現場を経験した人は一人もいないことでした。

実際の湘南美容クリニックの現場でドクター達は、毎日生き生きと自身の目標に向かって精力的に診療を行い、数え切れない程多くのお客様に笑顔と喜びを与えていました。

美容医療は確かに命には直接関わらないかも知れませんが、生活の質を高めることに大きく貢献できる”医療”であると確信しております。

一人でも多くのお客様に笑顔と喜びを与えることが私の使命と考え、日々診療させて頂いております。

まずは気軽にカウンセリングにお越し下さい。

湘南美容クリニック 矢橋洋一郎

矢橋医師の得意施術

二重

二重手術には、メスを使用して切開を行う切開法と、糸をまぶたに埋め込む埋没法という方法があります。
特に切開の必要がない埋没法が手軽さや安心感から人気となっています。
さらに、近年では二重手術の技術進歩により、心臓外科手術に使われる極細の糸を使用した二重手術も提供しております。この糸を使用した埋没法では、柔らかい組織にもなじむため、お子様でも安全に施術を受けることが可能です。

小顔

小顔への憧れは女性なら誰しも持っています。輪郭が1~2mm変わるだけでお顔のイメージは大きく変わります。
湘南美容クリニックでは、ウルトラリフト・ダブルHIFU、ボトックスなどのメスを使わないプチ整形による方法、プロテーゼと呼ばれる人間の軟骨に非常によく似た素材を鼻やあごなどに挿入してE-Lineや鼻のラインを整える外科手術による治療があります。
美しくバランスの整った理想的なフェイスラインを実現します。

クマ

下まぶたの眼窩脂肪が生まれつき多い方や、加齢、眼精疲労に伴い皮膚や眼輪筋のたるみにより支えきれなくなった眼窩脂肪が押し出された場合、下まぶたにたるみ(目袋)が形成されます。
たるみに伴って凹凸が目立ってくると「影」ができるようになり一般的には「くま」と表現されます。
目の下の切らないクマ・たるみ(ふくらみ)取りはこの「くま」の原因となる眼窩脂肪を除去することにより目の下のたるみやふくらみを改善させ、目まわりの印象を若返らせる治療です。

経歴

2016年東京慈恵会医科大学医学部医学科 卒業
-JR東京総合病院 勤務
2018年湘南美容クリニック 入職
2020年湘南美容クリニック 川口院院長就任

備考

矢橋ドクターってこんな人

趣味ギター、映画鑑賞