ARTAS植毛

ヘアケア(女性の薄毛治療)

ARTAS植毛


切らない最先端の植毛

AGA仙台院 限定

ARTAS植毛が人気の理由

ARTAS植毛とは

世界で唯一の植毛ロボットARTASと
日本で唯一の繊細なラインスリットによる植毛

植毛手術のプロセスの中で移植毛を採取する際にFUE(follicular unit extraction)という方法があります。これは毛根を傷つけないように毛穴ごとくり抜いてドナーを採取していく方法ですが、毛根の生える向きには個人差があり、マニュアル(人の手)で正確に行うには限度がありした。植毛ロボットARTASは4つのCCDカメラが1秒毎に50回撮影し、髪の密度や本数などを正確に瞬時に算出し、採取部分が自然な仕上がりになるよう最適な間隔でドナーを採取します。何万通りの統計データから、肉眼では確認できない皮膚下にある毛根の角度を計算し、毛根が切断されないよう的確にドナー採取を行います。

ARTAS植毛について

後頭部のグラフト採取部位に傷が出来ない事が、FUE(毛包くり抜き採取法)の最大のメリットです。その一方で肉眼では皮膚の下の毛根がどこにあるか見えない為、これを採取時に切断してしまう事が大きな問題です。見えない毛根を採取するというブラインドテクニックであるが故にこの技術習得には膨大な時間がかかり、毛根を切断したらこの移植毛の発毛は見込めません。

これを短期間で安全に採取する事を可能にしたのが、ARTAS FUE採取ロボットです。AI搭載のARTASのおかげで、術者のストレス軽減にもなり安定した効果が出せるようになりました。

施術者がしっかりとしたプログラムの研鑽をつめたクオリティの高いグラフト採取が可能です。ARTASは常にプログラムアップデートを続けています。その度にアメリカARTAS社からトレーナーが来日し、講習とトレーニングを受け技術と知識を身につけています。

切らない植毛で常に安定して高水準の結果を希望される方に、ARTASは大きな選択肢になります。

ARTAS植毛トレーニングの様子

傷跡が目立たない理由

1.テンショナーシステム

ゴムのような柔らかい物の硬度は1-100で表します。測定には硬度計を使います。通常の皮膚(前腕内側)は10くらいです。この硬度計を使って頭皮の硬さを測定する事で以下の事が可能です。

①薄毛部位の硬さと薄毛の程度を評価する

②ドナー採取部の皮膚の硬さと採取率の関係を調べる

③薄毛部位の硬さと定着率を調べる

2.二ードルシステム

ニードルシステムとは外側パンチ(アウターニードル)と内蔵された鋭い内針(インナーニードル)の2段階で構成されています。これはマニュアルFUE(人の手によるFUE)との根本的な違いです。インナーニードルで皮膚のみをパンチし、その後アウターニードルがコアリングすることで、スムーズに吸引することができます。この2段階の操作をすることで、毛根を傷つけずに採取する事が可能になります。この過程でニードルでのパンチの深さ、角度、コアリングの回転数と深さの4つのパラメーターが重要になります。

FUT植毛での傷跡

FUT植毛の場合、ドナーを採取した部分の傷跡は非常に目立ち、傷跡部分の毛は失われます。

ARTASでの傷が目立たない術後

ARTASでのドナー採取なら、傷跡が目立たずにドナー採取部分を隠すことができます。

ダウンタイムレス植毛を実現

髪の毛の生え方はつむじの流れに影響を受けています。生える角度は個人差はもちろん、場所によって微妙に変わります。それを的確に判断し、今生えている毛もしくは生えていただろう毛を想定してデザインを行い、0.1mm刻みのスリットを作成します。生え際や前頭部位は、仕上がりの上でとても重要な場所です。この部分の密度を特に上げることで植えた数以上にボリュームのある効果的で自然な仕上がりを実現できるのです。

ニードルやホールによる植毛では、どんなに穴を小さくしてもマイクロスリット法のように綺麗に自然にはできません。ニードルやホールで穴をあけると、まさしく穴になります。技術的には簡単ですが、ダメージが大きくなります。

また、抜けやすく定着率も低くなると一般的にいわれています。たとえ直径が小さくても、穴の面積とスリットの面積では圧倒的にスリットが小さくなります。そのため出血も少なく、かさぶたが出来る事もありません。ニードルやホールとは違い、術後腫れが出たり、目の周りが浮腫むこともなくダウンタイムは最小限です。

従来のホール型の植毛の場合

丸型の穴を開けて植毛していた

当院のスリット型の植毛の場合

キレイな切れ目を作って植毛する

オプション治療

ハイポサーマソル(組織培養液として使用)

傷跡の植毛は定着率が悪く、傷の状態によっては全く定着しない場合もあります。脂肪注入の世界的権威であるブライアン・キニー医師の報告によれば、火の瘢痕組織に脂肪注入することで組織が回復されることが知られています。

怪我や火傷、そして人工毛の副作用による頭部の傷跡の植毛に先立ち、3週間前に脂肪注入することで、頭皮内の組織を活性化させ植毛の定着率をあげることができます。脂肪注入の症例数が豊富な美容外科である、湘南美容クリニックグループだからこそできる治療法です。

ボトックス治療

ボトックスをAGAで進行した薄毛部位に注射することで薄毛改善効果が得られる事がカナダの医師グループの実験結果で実証されています。特に薄毛が進行して頭皮が硬くなってしまっている方、あるいは頭皮から脂質の分泌が多く、脂漏性皮膚炎になっている方に特に有効です。

単独でも治療も可能ですが、手術1週間前に行うことで頭皮が柔らかくなり、移植手術が容易になり、定着率の改善効果も期待できます。

ドクターがARTAS植毛をわかりやすく解説

植毛術の利点は確実に毛が増えることです。その定着を左右する要素の一つに、「グラフト(移植毛)の質」が挙げられます。 いかに採取するグラフトにダメージやストレスを与えずに正確に採取するか、この命題に取り組んで完成させたのが、アルタス植毛ロボットです。採取する毛の角度を瞬時に計算し、インナーニードルで毛根をキャッチしアウターニードルが繰りぬく2ステップ方式でグラフトを傷つけずに採取します。アルタスロボットが採取したグラフトは、毛球はもちろん、内外鞘、バルジ領域、皮膚まできれいに附属します。ヘアサイクルをコントロールする信号を生み出す毛球周辺の脂肪組織までも付いてくるので、定着も良く生えそろうのに時間がかかりません。アルタスが採取するグラフトは質が違います。

湘南AGAクリニック新宿本院院長
笠井 敬一郎 医師

湘南AGAクリニック大阪院院長
斎藤 浩一 医師

湘南AGAクリニック仙台院院長
藤井 傑 医師

症例写真

料金案内

※湘南AGAクリニック仙台院 限定
50グラフト未満の植毛はお受けしておりません。詳しくはクリニックまでお問い合わせください。
ARTAS植毛
※FUE(切らない植毛)
500グラフト346,500分割料金はこちら
1グラフトあたり693円
750グラフト488,250分割料金はこちら
1グラフトあたり651円
1000グラフト623,000分割料金はこちら
1グラフトあたり623円
1250グラフト726,250分割料金はこちら
1グラフトあたり581円
1500グラフト829,500分割料金はこちら
1グラフトあたり553円
2000グラフト1,022,000分割料金はこちら
1グラフトあたり511円
2500グラフト1,207,500分割料金はこちら
1グラフトあたり483円
3000グラフト1,323,000分割料金はこちら
1グラフトあたり441円
併用価格のご案内
自毛植毛をご契約の方
オリジナル 内服薬+外用薬(3ヶ月)48,880

監修医師紹介

笠井 敬一郎 医師

湘南AGAクリニック新宿本院院長

笠井 敬一郎 医師

経歴
1984年島根医科大学医学部卒業
1986年東邦大学大橋病院脳外科勤務
1994年フランスマルセイユ大学神経放射線教室留学
1995年シカゴ大学脳神経外科学教室留学
1996年東邦大学大橋病院脳外科講師
2009年湘南美容クリニック勤務
斎藤 浩一 医師

湘南AGAクリニック大阪院院長

斎藤 浩一 医師

保有資格
日本美容外科学会専門医(JSAS)/(元)日本脳神経外科学会専門医/日本臨牀毛髪学会正会員/サーマ・クール認定医
経歴
1994年三重大学医学部卒業、同付属病院脳神経外科入局
2001年大手美容外科勤務、院長職
2009年湘南美容クリニック勤務
2016年湘南AGAクリニック大阪院 院長
藤井 傑 医師

湘南AGAクリニック仙台院院長

藤井 傑 医師

保有資格
日本内科学会認定内科医/日本美容外科学会/日本臨床毛髪学会/日本再生医療学会/日本がん免疫学会
経歴
2011年岩手医科大学医学部 卒業
2015年岩手医科大学付属病院 就職
2016年湘南美容クリニック入職
森本 凌 医師

湘南AGAクリニック福岡院院長

森本 凌 医師

経歴
2018年宮崎大学医学部医学科 卒業
2020年池友会 新水巻病院初期研修(外科、内科、救急科、麻酔科)終了
湘南美容クリニック入職
2021年湘南AGAクリニック福岡院院長就任
曽我 俊介 医師

湘南AGAクリニック
西新宿院院長

曽我 俊介 医師

経歴
2012年3月弘前大学医学部医学科卒業
2014年4月名古屋大学医学部付属病院勤務
2016年4月湘南美容クリニック入職
2018年12月湘南AGAクリニック西新宿院 院長就任

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2021.3.3CBC

「チャント!」

名古屋院 高川裕也医師が美容整形受ける女性に密着、最新ダイエットなどに出演しました。
2021.3.5THK

「ターゲっちゅ!」

名古屋院 高川裕也医師が週末二重・クイックコスメティーク法について紹介しました。
2021.3.11CBC

「チャント!」

岐阜院 山本尚洋医師がエールシリーズについて紹介しました。