フォトシルクプラス

従来のフォトセラピーが進化した、最新の光美肌治療

フォトシルクプラス

顔 1回14,050

フォトシルクプラスとは

フォトシルクプラス

フォトシルクプラスは、フォトフェイシャルやフォトRFと同様に、広域の波長をもつ光治療のひとつです。
フォトフェイシャル同様、幅広い波長域をもつため、しみ・くすみ、肌の色ムラ、毛穴、ニキビ跡といった、さまざまな肌トラブルの改善に有効です。
同機器は500nm~950nmの波長域のUPL(U-Shape Pulse Light)が用いられています。
UPLはメラニンへ反応性が高いため、従来のフォトフェイシャル治療でも反応が薄かったシミやくすみにも効果が期待できます。
また、水分への吸収率が高い950nm以上の波長がカットされていることで、健常皮膚への過剰な熱ダメージを避けることができ、熱傷のリスクを大幅に軽減して安全性が高まりました。

しみ・ソバカス・にきび・くすみ

フォトシルクプラスとは?

フォトシルクプラスは、UPL(U-shape Pulsed Light)という波長域が幅広い光を採用することで、様々な症状の改善に有効です。

メラニン粒子の吸収率を高め、しみ、くすみ、にきびなど幅広い症状に効果があります。メラニンを分解し、しみを濃くならないようにします。
肌のくすみにも高い臨床効果があり、治療と同時に産毛が減る効果もあります。

また、コラーゲンの増殖作用があるため、安全に美肌を実現する事が出来ます。


効果の高い治療と安全性

照射稿から皮膚表面までの距離を最低限にし、低エネルギーで効率よく照射できる為施術時の痛みを軽減出来ます
水分を吸収してしまう950nm以上の波長をフィルターカットすることにより、熱傷のリスクを防ぎます


治療後にメイク可能

レーザー治療と違いダウンタイムも少なく施術後にテープなどの保護は必要なく、トリートメント直後から日常生活に戻ることが出来ます。そのため治療後すぐにメイクすることが出来ます。


フォトギャラリー Pick Up

術前

術後

術前

術後

術前

術後

術前

術後

術前

術後

治療が受けられない方

持病、既往歴、アレルギー、内服薬・外用薬、妊娠・出産、その他お客様のお肌の状況によっては医師の判断により施術をお断りすることがございます。詳細はクリニックまでお問合せください。

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2020.7.28TBS

「この差ってなんですか?」

お尻のお悩みについて。
2020.8.1YTV

「あしあと」

大阪心斎橋院 植田一樹医師が10代の美容整形事情についてコメントしました。
2020.9.13フジテレビ

「美容(ビューティー)ゴッドハンド」

新宿本院 居川和広医師が「日本最高レベルの美容整形ドクターが悩める女性を救う」に出演しました。