ヘリオケアの詳細情報

”飲む”紫外線対策で全身をケア!
ヘリオケア
ウルトラD
5,500
ハイドロキノン

ヘリオケアは体の中から紫外線UVAに対する防御効果を有する“飲む”日焼け止めです。
日焼けの防止だけでなく、皮膚を保護し、お肌の免疫機能をサポートすることで、アンチエイジング効果も発揮します。

主成分のFernBlock(Polypodium Leucotomos)は、中央アメリカに生息するシダ植物から抽出されており、その他の成分も含め、化学薬品は一切使用しておりません。

このような方におすすめ

  • 体の内側から紫外線対策をしたい方
  • 紫外線によるしみ、しわを予防をしたい方
  • 日焼けによる皮膚のダメージをケアしたい方
  • 皮膚がん対策をしたい方

ヘリオケアの効果

その1:抗酸化作用

メラニン

お肌のシミは、紫外線を浴びた肌が活性酸素を生成し、過剰に生成されてしまったメラニンが排出されないことでできてしまいます。

ヘリオケアの主成分FernBlock(Polypodium Leucotomos)は、強力な抗酸化作用で活性酸素の生成をストップすることで、シミを根本から予防します。

その2:免疫防御作用

「ランゲルハンス細胞」は肌の免疫機能の維持に必要な細胞ですが、紫外線を浴びるとその数が減ってしまいます。ヘリオケアはそのランゲルハンス細胞の減少を防ぐ効果があり、肌の免疫機能を正常に保ちます

その3:DNA保護作用

紫外線ダメージ

紫外線は、お肌のDNAにもダメージを与えますが、ヘリオケアはDNA損傷によるダメージにも効果的です。

お肌の回復を早めることで、皮膚がん対策にもなります。

その4:皮膚構造維持作用

紫外線を浴びたことによるシミやシワ(光老化)の原因には、線維芽細胞の損傷・MMP(マトリックス分解酵素)増加によるコラーゲンの減少が挙げられます。

ヘリオケアは、線維芽細胞のダメージ軽減、MMPの抑制により、肌のコラーゲンを保護し、光老化を軽減させます。

使用方法

日光を浴びる30分前に1カプセル服用してください。

▼長時間日光を浴びる場合
4時間後に1カプセルを追加で服用してください。

▼サプリメントとして摂取する場合
毎朝1カプセル服用してください。
※飲みにくい場合は、飲み物やヨーグルトと一緒に服用していただいても構いません。

よくある質問

副作用が心配です

主成分のFernBlock(Polypodium Leucotomos)は25年以上前から、中央アメリカ・ヨーロッパでアトピー性皮膚炎や白斑の治療に伝統的に使用されていますが、いずれにおいても副作用は報告されていません。

日に当たるどれくらい前に飲めばいいのでしょうか?

日光を浴びる30分前に1カプセル服用してください。
長時間にわたって日光を浴びる場合は、4時間後に1カプセルを追加服用してください。効果を持続させることができます。

年齢制限はありますか?

子どもの体は約4歳から栄養サプリメントを服用するのに十分発達していると考えられているため、4歳以上を推奨しています。

妊娠・授乳中ですが、服用できますか?

ヘリオケアに毒性はありませんが、一般的な経口製剤と同様に、妊娠中または授乳期間中の使用は推奨できかねます。そのため当院では処方は行っておりません。

内服・外用薬・その他商品ページをご覧の皆様へ

当院の当院の内服・外用薬とは、皮膚の疾患を治療するだけでなく、当院で実施する治療の補助としても体の内側、外側からアプローチし、お客様のお悩みを解決することを目的としております。
医師が皮膚の症状をしっかりと診断し的確な内服・外用薬を処方することで、重度のシミや肝斑・ニキビなど美容医療だけでは改善が難しい症状の方にも効果的です。
湘南美容クリニックが取り扱う内服・外用薬の中には厚生労働省やFDA(米国食品医薬品局)に認可されたものもあり、高水準の技術を会得した専門スタッフがあなたの肌の悩みにお応えしていきます。
皮膚の症状などでお悩みの際は、当院までお気軽にご連絡ください。

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2020.1.10ABC

「キニナリーノ」

大阪京橋院 岩脇槙佑医師が二重術についてコメントしました。
2020.1.14ITC

「みるこっちゃ」

金沢院 円戸望医師が二重術についてコメントしました。
2020.1.15KSB

「にこまるinfo」

岡山院 木田光則医師が目の下のたるみ取りについてコメントしました。