翻訳 en中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語

柏院 執刀医宮内哲平 院長

Entry No. 3

もっと恋をしよう!日本のミドルエイジ!

Q 今回、モニターさんにとって重要となった施術を教えてください

A 「眉下切開」、「アイバックリムーブ」、「スマスフェイスリフト」です。

Q その施術は、モニターさんのどのようなご不満をどのように改善されたのでしょうか

A 今回のテーマは「40歳の奥菜恵さん」です。
美容整形で可能な若返りというのは実年齢からマイナス2割程度が目安になります。重野さんは現在52歳ですので、目指すべき見た目年齢は40歳です。
それ以上になろうとすると無理が出ます。それがいわゆる整形顔の原因となります。
今回の目標は「40歳の奥菜恵さん」を作ることでしたので
その目標から逆算して、顔を小さくしてタルミを解消していく、目を大きく見せる、というのが今回の治療方針でした。
余った皮膚は、眉下切開、アイバッグリムーブ、スマスフェイスネックリフトでとりました。ほうれい線上の下垂に対してはスレッドリフトで持ち上げました。仕上げに、レーザーで顔を引き締め、肌に透明感を出させてます。顔を小さくするのが方針ですから注入による治療はできるだけ避けました。日本人の顔立ちに最も適した若返り術です。

Q お客様を施術するときに心がけていることを教えてください

A お客様の要望に耳を傾けながらも、プロとして、正しい方向へ導くことです。時に、今回のような施術も必要です。ただ、正論だけではダメで、我々が思い描く理想と、お客様の抱える事情との間で折り合いをつけてく必要があります。

Q 若返りたい女性へのメッセージをお願いします

A もっと恋をしよう!日本のミドルエイジ!
海外と日本の大きな違いの一つとしてミドルエイジの恋愛が挙げられます。
アメリカやヨーロッパでは40〜50歳の女性でも男性でもまだまだ現役で
恋愛するし、それがカルチャーとして堂々と根付いています。
それが、日本ではなかなか肯定的に見られない、というか、恥ずかしいもののように捉えられがちです。
幸福医学である美容外科において、患者さんの恋愛できる期間が長くなる、ミドルエイジでも恋愛できるようにしてあげたいという思いが、僕たちにはあります。
人間は見た目ではなく中身なのは間違いないのですが、恋愛対象として見れるかどうかは、出会って10秒の第一印象で決まるのです。
そうするとやはり若くてキレイであることはその人の恋愛に可能性を広げることにつながる。
僕たちはその手助けを、ロジックと技術に基づいて、着実に成し遂げます。

ファイナリスト

Entry No. 3

重野智美 さん(52歳)

Before
After
Before
After
Before
After
Before
After
化粧後
Before
After
Before
After
Before
After
Before
After
Before
After

飛び降りようかと思ったことも2度3度ではなかった
まさかこんな幸せが待っていたなんて!

Q 応募のきっかけを教えてください

A 48歳のときに、52歳の夫と再婚し、今新婚です。お互いにすごく苦労してきたので、「やっと幸せになれたね」って。
今までの顔は、苦労をしてきた人生がそのままくっきり刻まれていました。離婚、死別、私自身もがんになって……、とにかく波乱万丈だった人生でした。だから、鏡を見ると過去のこと、つらかったときのことを思い出してしまうんです。人生を再スタートするためにも、「この顔を変えたい!」と思い切って応募しました。

Q 具体的にどの部位が気になっていましたか?

A まず、ほうれい線、フェイスライン、目の下のたるみを相談したんですが、先生から「鼻を直すといいですよ」と言われ、「えっ」という感じだったけど、やってみたらその効果にびっくりしました。

Q きれいになった今のお気持ちは?

A 文句のつけようがない! 100点です!
一言で言えば、人生に色が着きました。モノクロームというか真っ黒だった人生が、パッと光を照らされたように明るくなったと思います。2人の子どもを抱えて、このままどこかから飛び降りようかと思ったことも2度3度ではなかった日々でしたが、まさかこんな幸せが待っていたなんて!
今が人生のマックスかもしれないと思います。この顔を見て主人が「僕が知らない、若い頃の君が見られているようで嬉しい」と言ってくれるのですが、若い頃から苦労ばかりだったので、今ほどキレイではなかったと、正直思います。

Q どこが一番満足していますか?

A 目は脂肪がなくなってパッチリしたところで、鼻は上品な顔立ちにしてくれた。鼻をいじると「こんなに変わるんだ!」って目からウロコでした。

Q 担当医はいかがでしたか?

A まずは私の悩みにしっかり答えて下さろうと話をきいてくださいましたが、「団子鼻を、小鼻を内側にちょっと寄せるだけでかなり締まって見えて、スッとした印象になるよ」とアドバイスをいただき良かったです。また何よりも、スタッフの方々が院をあげて応援してくれているというのが伝わってきて心強かったですね。施術中も「大丈夫ですか? 痛くないですか?」 といたわってくださり、心の支えになりました。

Q 周囲の反応はいかがでしたか?

A 主人は「僕の知らない若い頃の君を見ているようだ」と言って何よりも喜んでくれました。実は施術の次の日に主人の母が亡くなったんですが、ずっと励ましてくれていました。
子どもはびっくりしていました。シワがないし、「若くなったね〜」って。自分でも10歳は若返ったなと思っています。
長い付き合いの友人には写真を送ったんですが、「もう別人だ!」って。「明るくなったね、よかったね」と言われます。長く支えてくれた友達たちなので、我が事のように喜んでくれました。
母にはだいぶ苦労をかけてきたので、すごく喜んでくれました。再婚したときにも安心してくれたけど、人生再スタート、新しい気持ちで若返りコンテストに応募したことを伝えたら、よけいに喜んでくれました。
深夜にマンションのコンシェルジュの仕事をしているのですが、受付に私がいると「マンションの格が上がる」と言っていただけます。また、コンシェルジュの方たちは平均年齢が75歳くらいなのですが、その方が私を見て刺激を受けてくださって「私もやってみるわ」とか「どうやってそんな風にきれいになったの?」とどんどん前向きになってくれている、プラスの輪が広がっているのが嬉しいです。
顔が変わっていくと、どんどん心が癒されていきました。今は毎晩寝る前に感謝をして、幸せをかみしめるくらいです。夫婦で「本当にコンテストに出てよかったね〜」って言い合っているんですよ。

Q キレイになり、これからやりたいことはありますか?

A 旅行に行きたいです。気持ちがすごく前向きになりましたから。以前はオシャレも嫌でした。黒や茶色、グレーばかりで明るい服は着たことがなくて、美容院で髪を切ったこともなかったけど、髪型の相談をすることひとつも楽しいんです。

Q 美容整形についての感想をお聞かせください。

A 美容整形というのは、心も変えることだと思います。前向きになれるのであればどんどんやるべきだと思いますね。
先生方に本当によくしてもらいました。先生だけでなく看護師さん、カウンセラーさん、受付の方、みんながやさしくて笑顔で、お声がけがやさしい。街で会っても挨拶してくれますし、皆さんのあの笑顔を見るとホッとしていました。他の美容整形の病院で、ヒアルロン酸を打ちに通ったこともありましたが、淡々としていた感じでした。湘南美容外科のスタッフは心ばえがみなさん全然違います。感謝しても感謝しきれませんが、せめてものお礼に、広告塔として表に出て、美容整形のよさを伝えたいと思います。
容姿に自信がなくてコンプレックスになっていたり、いじめられたりしてしまう子もきっといると思うのです。そんな子たちに、「がんばりなさい」とただ言うのではなくて、「美容整形という選択もあるよ」と伝えてあげられたらどんなにいいかと思いますね。顔が変わるということは、心を変えることです。

トップページへ

MENU

整形シンデレラ電子書籍整形シンデレラ電子書籍女性向けがん健診女性向けがん健診
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック