翻訳 en中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語

美容整形・湘南美容外科TOP > 若返り > 目の下の切らないたるみ取り

目の下の切らないたるみ取り
こんな方におすすめ
おすすめな方一覧
TEL WEB予約
目の下の切らないたるみ取りとは
目の下の切らないたるみ取りとは

先天的な理由や加齢の影響で目の下の膨らみが大きくなりますが、この原因の一つは目の下の脂肪(眼窩脂肪)の突出です。この突出した状態は眼窩脂肪がヘルニアを起こしている状態であり、自然には改善されません。また、時間が経つにつれてどんどん大きくなっていき、目元を支える眼輪筋や靭帯もゆるんで垂れ下がり、ふくらみが更に大きくなるのです。この結果、深い溝(影クマ)が生じる原因ともなります。

目の下の切らないたるみ取りとは、このふくらみ(眼窩脂肪)を、お顔表面を切らずに瞼の裏から脂肪を除去しますので、傷跡が残らない人気の若返り法です。

目の下の切らないたるみ取りの特徴
  • 特徴01
    張りのある生き生きとした目元に!

    目の上や下の余分な脂肪を取り除く事で、10歳くらいの若返りが可能。
    ハリのある生き生きとした目元になれます!
    約1時間で終わる短時間の施術なので、OL、主婦に一番人気です。

  • 特徴02
    手術跡が目立たず、ダウンタイムが短い!

    手術の跡は、まぶたの裏側ですので、お顔表面に傷が残りません。
    また、傷口も数ミリというほどですので縫う必要もなく、腫れ、内出血を
    最小限に抑えられます。

  • 特徴03
    他の施術との相乗効果でより若返った目元に!

    目の下は、膨らみと凹みが混在しているため、タルミに見えやすい部位です。
    その他にも、お顔表面を切らなくても若返ることの出来る、様々な治療法があります。
    また、「目の下の切らないたるみ取り」と「脂肪注入」を同時に行うことで、
    相乗効果が発揮され、目の下が非常に若返ります。

ドクターが目の下の切らないたるみ取りをわかりやすく解説
術前の診察では目の下のクマ・たるみに関して、施術の必要な場合また必要のない場合にもはっきりとお伝えさせていただきます。また施術方法の種類は、お客様の背景(お仕事・家族・友人・ご結婚やその他の予定・美容外科来院未経験・施術に対する恐怖心など)を考慮し多数提案させていただいております。

手術ですが、術後の体の楽さや、麻酔の効きや恐怖心、また眠って施術を受けたいなどご希望に応じて最適な麻酔を患者様と相談させていただいて調整しております。

傷に関しては、非常に小さい傷で施術いたします。また、他の傷つけてはならない組織は傷つけず、脂肪の除去まで10分程度で終了します。

切除量は、お客様ごとに的確に判断させていただきます。決して取りすぎることなく、また残しすぎることもないようにお客様に合った最適な施術でさせていただきます。手術時間が短く、侵襲を小さく行いますので、ダウンタイムは最小限で施術可能です。

将来的に目の下の状態が最も美しく仕上がるように、工夫し施術を行っています。

目の構造
眼窩と呼ばれる窪みが目の周囲の骨にあり、目に衝撃を受けたときに目と骨の間の保護するクッションとなる脂肪を眼窩脂肪といいます。

ところが、遺伝のためや、加齢のために、重力によってこの脂肪が飛び出てきてしまう状態が目の下の膨らみの原因です。
また脂肪が突出するとともに目の下の窪みがある場合、非常に目立ってきます。

これはまるでクマのように見え、あるデータによると、これによって5~8歳老けてみえると言われています。

施術方法
目の下をあかんべーした状態にし、麻酔で無痛の状態とします。
そこから小さな穴(8~10㎜)ほど穴をあけ、片側3つの脂肪の袋のうち1~3つを状態をみながら適量を除去します。

たったこれだけなので短い手術時間で終わります。
全く表面に傷をつけないので、傷が残らないので手術したことがわからない方法です。

ただし、目の下の皮膚の伸びの多い場合にこの脱脂術を行うと、余計に小じわが目立ち、皮膚のたるみが目立つケースがあります。その場合、カウンセリングにて、皮膚切開や注入(脂肪・ヒアルロン酸)などのご提案もさせていただく場合もございます。
Pick Up Doctor
理想の目の下・ほほについて
目の下のクマ治療には様々なアプローチがありますし、ドクターにより考え方も様々です。
私の治療方針を含めて解りやすく解説できればと思います。
①ライン・立体感などの形について
目の下に関しましては涙袋とほほが緩やかなアーチを書くのが理想です。美しいS字曲線といういみで『オージーカーブ(Ogee curve)』と表現されることもあります。目の下の膨らみ(目袋)が出ると左の写真(青のライン)のような乱れたカーブになります。
同じ方で手術でラインを整えたのが右の写真(赤のライン)になります。赤のラインのように涙袋から続く頬のラインが綺麗なアーチを書いているのが理想的です。
②色調について
ほほと変わらない明るい色調が理想的です。
③滑らかさ・小じわについて
なめらかなハリがあり小じわがないのが理想的です。
私の方法は顔に傷がつきませんし、腫れも非常に出にくいです。
目の下が暗いと、疲れて見えますので早めの処置をお勧めします。放っておきますと段々と大きくなります。
ご満足いただけるよう、カウンセリング・施術に全力でのぞませていただきます。現状を改善したい!!とお思いの方は、お気軽にカウンセリングにお越し下さいませ。
症例写真
お客様のご状態に合わせた多数の選択肢
目の下の切らないたるみとりは
瞼の表面には傷を入れず
目の下にある膨らみを下まぶたの裏から減量する治療です。
目の下は膨らみとくぼみが混在しており、複雑な陰影を形成しています。
目の下の切らないたるみとり手術で可能なのは、目元の膨らんで出っ張っているところを低くして目立たなくすることです。
しかしお目元の状態によっては単純に膨らみを減らせばかえってくぼみが目立ったりすることもあります。
低い部分(くぼみ)を高くすることはできないためです。
このため私たちはお客様のご状態によって
1. 目の下の切らないたるみとりのみ
2. 目の下の切らないたるみとり+脂肪注入
3. 裏ハムラ法
4. 目の表面からの切開系手術
など多数の選択肢をご用意しています。
当院は症例数が多く、加齢によって目の下のくまが気になるようになった方から、
10代の頃からくまがあり、20代になって手術を希望される方まで様々な年齢層の方に最適な手術をご提案しています。
症例写真

目の下の切らないたるみとり

目の下の切らないたるみとり+コンデンスリッチフェイス

目の下の切らないたるみとり+コンデンスリッチフェイス+
腫れづらいバレづらい二重術

目の下の切らないたるみとり+コンデンスリッチフェイス+
フォーエバー二重術

目の下の切らないたるみとり+コンデンスリッチフェイス

目の下の切らないたるみとり+コンデンスリッチフェイス
目の下のふくらみによるクマについて
目の下のふくらみによるクマ(通称“黒クマ”)は脂肪が原因です。
目の下の切らないたるみ取りは、この脂肪をお顔表面を切らずに除去する方法です。
まぶたの裏側から脂肪を除去するので、抜糸がいらず、施術も約30分ほどなので腫れも少ないことがメリットです。
若返り手術の中では最もポピュラーな施術と言えるでしょう。世代を問わずオススメできる治療です。
目の下の脂肪で涙袋が隠れてしまっている方は、脂肪を除去することでぷっくりとした涙袋が出てくるので一石二鳥ですね!
目元の状態によっては、脂肪注入法や切開法など組み合わせるのがオススメです。
早期に脂肪を除去しておくことで、将来の“黒クマ”の予防も可能です!
「年齢以上に老けて見られる」「元気なのに疲れて見られる」などのお悩みはこの施術で解消できるかもしれません。
色素沈着による“茶クマ”や、血管が透けて見える“青クマ/赤クマ”は別の治療の適応となります。
症例写真
目の下のクマについて
①目の下の切らないたるみ取り
膨らみの解消します。
②目の下の切らないたるみ取り+コンデンスリッチフェイス
膨らみと凹みの療法を解消します。手術直後から腫れません。
症例写真
画像シュミレーションについて
目の下のたるみ取りという施術は目の下のクマが気になるというご相談をよくいただく施術なのですが、眼窩脂肪を除去することで改善するたるみ、血流障害による色味、 色素沈着による色味、目の下のしわ等に分類されます。

自分の中ではこちらの手術の認知度がもっと高くなることにより、クマが気になりだした 方がより早く相談を来てくださるようになり、しわが少ないうちに手術を受けていただけ、より良い結果を出すことができるようになると思ってます。そのため、二重の手術並みに世間の認知度を上げていくことが大切だと考えてます。

クマが気になり出す年齢の方はもちろんのこと、若い方にも「このくらいの年齢の方でされる方はいますか」というという 質問もよく受けます。その時は必ず、「急ぎで考える必要はないが、目の下の膨らみにより皮膚が伸びてしまう前に受けたほうがより綺麗になります」説明させていただき、スタッフで手術を受けた方の写真を見ていただいております。
画像 シュミレーョン例
よく「画像シミュレーションはないのですか」という質問をうけますので、簡単な画像シミュレーョンの例を作成しました。右が修正前、左が修正後となります。
症例写真
組み合わせ施術 相乗効果ならSBCリッチフェイスがおすすめ
相乗効果
先生

眼窩脂肪の下垂により、目の下の膨らみが気になり、ご相談に来られる方が多いです。外に傷はつくらないで、裏側の結膜部分の小切開から眼窩脂肪を除去すれば、目の下の膨らみが目立ちにくくなります。ただ、大抵の方は、横から見れば、目の下の眼窩脂肪の分、膨らみとなっていて、その下の部分が逆に凹んでおり、その凹凸の高低差がより目の下の膨らみが目立つ原因となってます。

ベストの方法は、目の下の眼窩脂肪は結膜側から除去し、とりすぎると全体が凹みすびてやつれた感じになるので、ほどほど除去してほどほど残します。逆に、下の凹みの部分に、太ももなどから採取した新鮮な脂肪を注入することにより、凹凸の高低差を最小限にすることが可能です。気になられてた凹凸をゼロにすることはできませんが、もとの3割以下の凹凸にすることが可能です。

傷跡が残らず、翌日からお化粧が可能、1週以上経過すれば、お化粧で完全に隠せます。45歳以上、特に50歳以上の方は、皮膚のタルミ要素も多く、余剰皮膚まで切開するという選択肢も出てきます。

目の下のたるみ取り×SBCリッチフェイス併用
  • 併用01
  • 併用02
  • 併用03
  • 併用04
SBCリッチフェイスSBCリッチフェイス
TEL WEB予約
症例写真
  • 症例01
  • 症例02
  • 症例03
  • 症例04
  • 症例05
  • 症例06
体験談
料金案内
料金案内
ご予約はこちらのクリニック
モニターのお申込みや、治療内容や費用についてのご質問など、
ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。
北海道
札幌院
東北
仙台院
福島院
東京
新宿本院
新宿南口院
銀座院
渋谷院
渋谷アネックス院
表参道院
池袋東口院
池袋西口院
品川院
秋葉原院
上野院
両国院
蒲田院
立川院
町田院
ルネッサンス新宿院
SMC新宿院
関東
宇都宮院
高崎院
大宮院
千葉センシティ院
千葉西口院
柏院
松戸院
横浜院
川崎院
橋本院
藤沢院
横須賀院
SCM横浜院
中部
新潟院
長野院
静岡院
浜松院
名古屋院
名古屋栄院
中国・四国
岡山院
広島院
高松院
松山院
関西
京都院
大阪梅田院
大阪東梅田院
大阪心斎橋院
大阪あべの院
大阪京橋院
大阪堺東院
神戸院
MAME大阪心斎橋院
SMC大阪院
九州・沖縄
福岡院
小倉院
熊本院
鹿児島院
那覇院
AGA福岡院

MENU

整形シンデレラ電子書籍整形シンデレラ電子書籍女性向けがん健診女性向けがん健診
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック