限られた医師だけに許されたプレミアムな豊胸術 垂直注入法豊胸術

坂内将佑貴 医師

坂内将佑貴 医師

坂内医師はsbcの中でもトップドクターです

私、坂内将佑貴が、胸のお悩みをすべて受け止めます。
大きさだけではなく、一番美しくなるデザインを追求し、仕上がり具合を綿密に計算しながら施術します。
垂直注入法(脂肪注入豊胸)の出来具合はドクターの技術によって違います。想い通りの胸になりたいなら、私にお任せください!
胸も顔も上を向いて、笑顔の毎日を過ごしましょう!

ドクター紹介詳細

ドクターメール相談

ドクターブログ

お得なモニター募集中


最高峰のプレミアム豊胸術 垂直注入法とは

脂肪注入豊胸術とは、ご自身の痩せたい部分の脂肪を吸引し、その細胞を含む脂肪細胞を胸部へ注入することにより、バストアップを図る豊胸術です。
余分な脂肪を取りバストに注入するため、自然なふっくらした感触のバストと理想のボディラインとが同時に得られる人気の施術方式です。

脂肪注入の流れ

脂肪注入豊胸術のメリット

垂直注入法と通常の脂肪注入法の違い

脂肪注入豊胸にもたくさんの種類がありますが、湘南美容外科の脂肪注入豊胸は、どのメニューも当然素晴らしい結果が期待できます。その中でも、坂内医師の 3Dプレミアム注入法(垂直注入法)があらゆる豊胸術の頂点に立っています。

坂内医師の垂直注入法が豊胸術の頂点に立つ理由とは

垂直注入法と通常の脂肪注入法の違い

坂内医師の脂肪豊胸術では、オリジナルの脂肪注入方式である 3Dプレミアム注入法(垂直注入法)を採用しており、湘南美容外科クリニックの他院とは同じメニューでありながら、決して同じではありません!!

垂直脂肪注入法のポイント

垂直注入法で作ったバストの3大特長

針の比較

比較
通常の注入豊胸 水平の針
垂直注入豊胸 オリジナルの針
バストの形
ハリの形状から胸部にまっすぐにしか入らない。そのため、注入できる箇所が限られており、ふっくらとした立体的な仕上がりが難しい
ハリの形状から水平の針が注入できない箇所にも注入することができ、ふっくらとした立体的な仕上がりが可能
アンダーの位置
アンダーの位置を変更できないため、不自然なデザインになりやすい
アンダーの位置を変更することができ、ボリュームが出た胸にあった自然なアンダーの位置を形成することが可能

”先生は垂直注入法がお上手なので、バストも垂直注入法で入れてみたらどうですか?”
私が新宿本院に勤務していた時、当時から私が師と仰いでいた先生から受けた一言が、すべての始まりでした。
水平注入法によるバストアップの限界に気づき、師匠とディスカッションしていた時、こうアドバイスされたのです。
従来の水平注入法では、脂肪を入れる方向に限界があるので、立体的なバストを作ることは、かなり難しいという欠点があります。
しかし、垂直注入法なら、今まで出来なかった注入部近くでも、角度をつけて注入することができるようになり、正面からも下から見てもふっくら丸いバストができるのです。
ただ、それには問題がありました。垂直注入法でバストを作るには、通常の針では無理なので、アメリカに発注しなければいけないのです。
私は自分で図面を書き、アメリカに発注し、オーダーメードで作る事にしました。
誰もやっていない事なので右も左も分からず、祈る気持ちで完成を待ちました。
しかし、1、2カ月後、やっとの思いで試作品が入っている箱を開けてみると、思った通りの物が出来ていない・・・。
しかしここで諦める事もできず、またまたアメリカに発注し、数週間待つことで、到着したのが現在使用している垂直注入法のオリジナル針です。
早速、手術で使ってみると、遠い所にも、この長い曲りで十分届き、今まで出来なかった谷間などにも使用出来るようになり、従来では考えられないくらい立体的なバストを作る事が出来ました。
私は、この理想のバストを”エレガンス・バスト”と名付けました。
構想から実践までこのような紆余曲折があり、ついに3Dプレミアム注入法(垂直注入法)が完成したのです。(2008年2月ごろのことです)
この後、こつこつと千葉でエレガンス・バストを作り続け、現在に至り3Dプレミアム注入法(垂直注入法)はドクター限定注入法として再デビューを果たしました。

垂直注入法の症例写真




症例写真をもっと見る

坂内医師関連動画

お得なモニター募集中


カウンセリング予約はこちらから
※無料カウンセリングWEB予約のご利用には、SBC(湘南美容外科)のマイページの会員登録が必要です。

ご登録がお済みでない場合は、お手数ですがマイページにご登録ください。ご登録はこちら


コンデンスリッチ豊胸×垂直注入法

コンデンスリッチ豊胸でこれまでにない定着率を実現

脂肪注入豊胸は、インプラント(バッグ)等を使用する豊胸術とは違い、ご自身の脂肪をバストに注入するため、触感・見た目ともに自然な仕上がりにすることが可能です。しかし、注入した脂肪は、時間をかけて徐々に定着していく為、体に吸収される部分が発生します。そして約3ヵ月かけて定着が完了した際、バストに残っている脂肪の割合が定着率です。

コンデンスリッチ豊胸

コンデンスリッチ豊胸は、採取した脂肪注入から死活細胞や水分を取り除きます。ここまでは一般的な脂肪注入豊胸と一緒ですが、コンデンスリッチ豊胸は、これに加えて老化細胞も除去し、密度が高くなります。
この密度が、定着率の差を生み出します。
また、採取した脂肪は空気に短時間触れただけで汚染されたり、弱まってしまい、定着率が落ちてしまいます。湘南美容外科クリニックでは、特許も取得している「ウェイトフィルター」を使うことで、空気中の菌やほこりなどに触れない環境になり、安全で、強く健全な脂肪細胞のみを抽出することで、抜群の定着率を実現しました。
同時に、石炭化(しこり)脂肪壊死といったこれまでの脂肪注入特有の合併症を防ぐことも可能となりました


ウェイトフィルター

通常の遠心力に比べ、25倍の圧力をかけるウェイトフィルターが、耐えきれない、老いた脂肪細胞を除去し、強く健全な脂肪細胞のみを抽出します。


空気に触れないプロセス

全てのプロセスはウェイトフィルターにより密室状態にされたシリンジ内で行います。
注入する脂肪は空気に触れない無菌状態になり、感染症のリスクを大幅に削減しました。

垂直注入法体験談

胸のコンプレックスが解消されました

胸を大きくしたいと思ったきっかけは、昔付き合っていた人に私の胸について耐えきれない程の悪口をたくさん言われたからです。その人と別れてもその人から言われた言葉はずっと心に残ってしまい、すっかり胸がコンプレックスに思うようになっていまいました。
温泉にも海にも行けなくなり、お風呂場の鏡で自分の胸を見ては「なぜ私の胸は大きくならなかったんだろう」と涙しました。
そして、鏡を見る事すらやめました。けれども、テレビをつければ胸の大きい人がよく出ていたりで、自分に対する劣等感は増していくばかりでした。育乳サプリやクリームを試すも全く効果なし。
私がこの苦しみから逃れるには、もう手術するしかないんだなと思いました。バックを入れるのは怖かったので、脂肪注入法を選びました。この時お世話になったのは湘南美容外科さんではありません。
結論から言いますと、その病院で行なった手術は全く無意味に終わりました。胸は少しも大きくなりませんでした。悲しみと悔しい気持ちでいっぱいのまま一年が経ち、胸を大きくしたい気持ちが諦められなかった私は、ネットで美容外科を調べました。そして坂内先生の事を知りました。症例写真を見てビックリ。手術後の写真がどの方も大きく美乳になっていたからです。それを見て、湘南美容外科さんにお世話になろうと思いました。
一度目の他院で行なった手術で失敗しているので、カウンセリングでは坂内先生にたくさん質問してしまいました。それでも先生は一つ一つの質問に丁寧に答えて下さって私の不安を取り除いてくれました。そして二度目の手術を決意しました。
「痛くない手術なんてない」そんな考えを持っていた私ですが、手術が始まってからよく分からないうちに眠ってしまい、起きた時には手術が終わっていました。
今では腫れもひいて、手術直後よりかは小さくなりましたが、元の胸と比べると明らかに大きくなっていて形もキレイになりました。坂内先生には本当に感謝しています。ただ、術後の一番大きい胸の状態を見ているので、あのままの大きさだったらなぁっなんて欲がでてきました(笑)

何よりも胸が大きくなったことがうれしかった

私が豊胸術を受けようと思ったのは、貧弱だった胸が、三人の子供を母乳で育てたら、もっと胸がなくなってしまい(水着も着れない程!)裸になる度にブルーになる毎日だったところ、たまたま見た湘南美容外科さんのホームページで、自分の脂肪を注入する豊胸術を知り、「これだ!」と思い、即電話してカウンセリングに行きました。
カウンセリングでは先生が分かりやすく、丁寧に説明してくれて、ますます手術を受けたいと思い、その日に採血をして、手術の予約を入れました。
手術の前はさすがに緊張しましたが、看護師さんが優しく対応してくれて不安な気持ちを少し楽にしてくれました。術中は緊張と寒さで歯がガチガチするくらい震えが止まらなかったです。麻酔が効いてからは、ずっと眠っていたので全然覚えていませんが。
夕方、手術が終わって帰る頃は麻酔がまだ残っていたのか、痛みもあまりなく、眠かったのですが、夜、家で結構痛くなってきて、ほとんど眠れなかったです。今思えば早く痛み止めの薬を飲めば良かったです。でも三日目になるとほとんど痛みはなく、むくみや内出血は気になりましたが、何よりも胸が大きくなった事が本当にうれしかった。もっと早くこの豊胸術を知っていれば良かったのにと思います!!

何よりも胸が大きくなったことがうれしかった

今の気持ちを一言で書くと“手術して本当に良かった!”です。
10年程前、AAもなかった私はコーヒーシブシリコンのバッグを挿入しました。…が、固い!揺れない!流れない!大きくなってもバレるのが怖くて嫌でした。結婚して出産しても、柔らかく揺れて流れる胸へのあこがれは消えませんでした。
そんな時SBCのHPを発見!
私と同じ悩みで再び手術を受けている症例がいくつも!見ているうちに1日も早く手術をしたくなって、その中でも美技の持ち主の坂内先生にお願いしようと思いました。術前はすごく緊張していて、麻酔が効くか心配しましたが、声を掛けられた時には終了していました。その後、病院のベットでまた眠ってしまい、起きた時にはすっかり夜!ホテルを予約していなかったので焦りましたが、カウンセラーの板倉さんがバッチリ予約済みでした。すごく嬉しかったです。翌日、新幹線で帰りましたが、やはり痛みがあり2日間は横になったままでした。その後は痛いというよりは、全身だるくてしんどいって感じでしたが、喜びの方が上回っていて、3日目からは家事も再開。仕事は4日間休みの予定でしたが、包帯を巻いていて頭が洗えず、動きも不自然だったので、結局1週間休みました。
1週間後からは足のマッサージを始めました。痛みよりも細くなっていることが嬉しいので、頑張って続けられました。
3週間目ごろから胸も少しずつマッサージしました。始めは固くてしこりもありました。でもマッサージしていくうちに柔らかくなり、しこりも無くなりました。
術後は安静にして、胸を触ったりしてはいけないと言われていたのに、2日目の睡眠中に子供が上に乗っかってきて、胸に激痛が走りました。
3日目の検診時に先生があれ?という表情をされていました。その後やはり胸の形が気になり、先生にメールしました。私の不注意のせいで、少し変形している事を知り、すごく悲しくなりましたが、先生がいろいろアドバイスを下さり、少し立ち直りました。
1ヶ月経ち、どんどん脂肪が柔らかくなっていくと同時に、少し変形した胸も気にならなくなりました。
脂肪は少しずつ吸収されて、だんだんと小さくなる胸にさみしさを覚えつつも、柔らかく自然になっていく胸を毎日見るたびに嬉しくなりました。
本当に本当に大満足です。もっともっと早く手術したかったです。
長々と書いてしまいましたが、最後に坂内先生、看護師の方々、カウンセラーの板倉さん、本当にありがとうございました。
私は大阪在住で千葉は遠いですが、また大がかりな手術?の時は泊りでSBC千葉医院に伺いますので、よろしくお願いします!!

体験談をもっと見る

カウンセリング予約はこちらから
※無料カウンセリングWEB予約のご利用には、SBC(湘南美容外科)のマイページの会員登録が必要です。

ご登録がお済みでない場合は、お手数ですがマイページにご登録ください。ご登録はこちら

お得なモニター募集中


湘南美容外科クリニック千葉院

千葉県千葉市中央区新千葉1-4-2
ウェストリオ2 6F
(JR千葉駅 西口 徒歩約1分)
診療時間:AM10:00~PM7:00 (年中無休・予約制)

千葉院 クリニック付近の地図

TEL:0120-872-999
電話受付時間:AM10:00~PM11:00 (土・日・祝日も対応)



クリニックの詳細はこちら