老化のメカニズム

Mechanism of aging

老けたくないという女性の願いとは反対に、年齢と共に老化現象は加速していきます。老化には様々な要因があり、皮膚のコラーゲン減少であったり筋肉や骨の萎縮というのは、どんな方でも起こってくることです。

化粧品のケアだけで十分だったのが、年齢を重ねるごとにケアが追いつかなくなっていませんか?

自宅ケアで老化予防が追いつかないのは、老化のメカニズムを考えれば理解することができます。角質層までのケアである化粧品や美顔器の使用だけでは、筋肉や骨までアプローチができないことはお判り頂けると思います。

顔の老化が起こる仕組み

顔の老化は、加齢や日々の生活によって、以下の身体の一部が変化することで発生します。

たるみ / 萎縮 / 拘縮(動く範囲の制限)などの『変化』が起こる

各構造の複合的な変化によって
顔に様々な老化症状が現れます

顔に様々な老化症状が現れる

各構造の変化について

皮膚の変化

加齢、紫外線の蓄積によって、くすみ、シミ、しわの原因になる

皮膚の若々しさ、ハリ、弾力が失われる原因は真皮層のコラーゲンの減少によるものです。これはコラーゲンを産生している「線維芽細胞」と呼ばれる細胞が減少したり働きが弱まってしまう線維芽細胞の老化等により引き起こされています。初期症状として、コラーゲン繊維の希薄化がおこり、くすみが目立つようになります。そこから徐々にコラーゲン繊維が減少し、血管組織が細くなっていくと皮膚構造、肌を守る機能が弱まっていきシミ、しわの原因となっていきます。

  • 健康な皮膚の状態

  • 高齢化の初期症状くすみ、
    生き生きしてない皮膚

    皮膚再生が減りくすんだ肌色、むらのある肌色になる。乱雑なスキンケアが肌に影響を及ぼす。

  • くすみやシミが現れる
    肌の繊細化

    皮膚の希薄化が敏感肌、赤み、乾燥、油分を促す。シミ等より顕著な高齢化のサインが肌に現れる。

  • 顕著にハリがなくなる
    保湿機能の退化

    皮脂構造、肌を守る機能が弱まる。保湿の有効性が退化する。過度な乾燥を起こす。

紫外線による光老化(※1)

光老化とは、紫外線によるダメージを受け、主にシミが増えて肌の色がくすむ・弾力性やハリが低下して深いシワが形成されるなどの影響が出ることを「光老化」と呼ぶ。
真皮層の各種コラーゲン繊維が減少し、線維芽細胞の機能も低下し、コラーゲン生成機能が下がり、コラーゲンを分解する要素が分泌されることでコラーゲン減少につながる。
この外的要因と、加齢による内的要因からなる機能低下が相まってシミ・シワ・たるみ・乾燥などといった症状を引き起こしている。

紫外線による光老化の構造

※1 出典元:江連智暢(2017)『顔の老化のメカニズム~たるみとしわの仕組みを解明する~』日刊工業新聞社

皮下脂肪の変化

脂肪の減少により皮下脂肪が変形し皮膚がたるむ

皮膚上の滑らかさが失われ凹凸ができ、老けた印象に変化

顕著に頬の脂肪の減少がみられ、暗い表情に変化

主に加齢が原因で顔の脂肪が減少し皮下脂肪が変形すると、皮膚のたるみが引き起こされます。額やこめかみ、頬、口の周りの皮下脂肪が下垂などで減少し、皮膚上の滑らかさが失われ凹凸ができます。その結果、深い溝やしわが深くなりますので、老けた印象になります。特に頬の脂肪減少は顕著に見られますので、頬のこけが目立ち暗い表情に変化します。

皮下脂肪の減少

筋肉の変化

顔の筋肉の萎縮や萎縮による皮膚と
靭帯間の緊張、弛緩でしわ、たるみが出来る

顔には30種類以上の「表情筋」が存在します。表情筋は、皮膚や皮下組織を支えていますが、老化などによって筋肉の萎縮や萎縮による皮膚と靭帯間の緊張、弛緩がおこり、支えていた皮膚や皮下脂肪などが重力によって垂れ下がってしまいます。その結果、顔全体のしわ、たるみをはじめ、口角が下がる、上唇の平坦化、下唇の下垂、頸部の下垂などが発生します。

また、顔のしわの原因は、「たるみによるもの」と、「表情筋の萎縮によるもの」の2種類に分かれます。

たるみによるしわ

ゴルゴライン、ほうれい線、マリオネットラインのしわや、ちりめんじわ

表情筋の萎縮によるしわ

額、眉間、目尻、顎のしわ

靭帯の変化

顔面の靭帯は重度のシワと関係しています

顔面の靭帯は重度のシワと関係

靭帯(リガメント)とは、細いひも状の繊維組織のことで、顔の皮膚や表情筋を骨につなぎ、脂肪を支える役割があります。

これらの組織を支える役割をしていた靭帯ですが、老化によって緩みが発生します。靭帯が緩むことで各組織を支えることができなくなり、下垂が加速し、重度のしわやたるみが発生します。

靭帯の変化と老化症状

骨の変化

30代以降骨の萎縮により老化が顔に表れる
進行度は個人差があります

加齢とともに顔の骨の骨密度が減少し、若いころよりも顔面の骨が小さくなります。
頭蓋骨・側頭骨はくぼみ、目の周囲は拡大します。上顎の骨の縮小や後退、鼻周辺の骨の拡大、下顎の骨の縮小などを経て老化が顔に表れるのです。
顔の骨は筋肉や皮下脂肪、皮膚を支えていますが、骨に変化が起きると今までのように支えられず下垂を加速させ、たるみやしわを引き起こします。

各構造の複合的な変化によって
顔に様々な老化症状が現れます

顔に様々な老化症状が現れる

“エール”シリーズ監修医師

西川 礼華 医師

皮膚科全体統括
皮膚科指導医

西川 礼華 医師

Ayaka Nishikawa

2012年ウィーン医科大学皮膚科学教室
Clinical Elective
2013年横浜市立大学医学部医学科 卒業
国立病院機構東京医療センター
2015年ウィーン医科大学皮膚科学教室
2015年湘南美容クリニック 入職
居川 和広 医師

湘南美容グループ代表補佐
技術指導医

居川 和広 医師

Kazuhiro Igawa

2002年札幌医科大学医学部卒業
札幌医科大学附属病院形成外科勤務
2003年徳洲会札幌病院勤務
2004年札幌医科大学附属病院形成外科勤務
2005年市立室蘭総合病院形成外科勤務
2006年湘南美容クリニック勤務
2014年SBCメディカルグループ 副総括院長に就任