症例写真(No.234086)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

田中永紅 医師

No.234086【若返り】日本形成外科学会専門医 京都院院長 田中Dr.執刀【MD式眉下切開法+フォーエバー二重術】【手術前 →術後3ヶ月】ナチュラルからくっきりまで!お目元のご相談ならベテラン女医 田中 永紅にお任せ下さい!

施術前

術前
→

施術後3ヶ月後

3ヶ月後
すべての画像を見る

こちらの方は取れにくい埋没法二重術「フォーエバー二重術」と上まぶたのたるみを改善させる「MD式眉下切開法」をされていらっしゃいます。

MD式とは、ミニマムダウンタイム切開法という名の通り、術式や道具などすべてにこだわり抜くことでダウンタイムを極限まで短くすることが狙いの術式です。仕上がりの美しさにも定評があります。

切開を伴う施術を行う場合、埋没法二重術のみを行った場合より、腫れが完全に引くまで少し時間がかかります。
個人差はありますが、併用して施術されると3?6ヶ月ほどで完成となります。
?
術後3ヶ月には腫れもひき、目の開きが改善されたことで若々しくイキイキとした印象のお目元になられています。
?
お目元にお悩みをお持ちの方はぜひ一度カウンセリングにお越し下さい。

あなたのあきらめたくない気持ち、イキイキとした未来のために、手を携え、あなたのお悩みを解決する方法を一緒に考えていきましょう。

■□■───────\ Instagramやってます /───────■□■
 インスタの方でもたくさんの症例写真を載せています
  アカウント名 @honghongtanaka
  下の「Instagram」アイコンからご覧いただけます♪
  ぜひチェックしてみてくださいね
■□■───────────────────────────■□■

このページを見た人は、こんなページも見ています

【若返り】【なんと名倉Drが自身の母親を執刀】裏ハムラ法+コンデンスリッチフェイス(目の下)+FGF療法(鼻唇溝)◆◆目の下のぷっくり、クマでお悩みの方必見!!

執刀ドクター:名倉俊輔 医師

詳細はこちら

【若返り】目の下のたるみとくぼみには顔の表面を切らない裏ハムラ法がおすすめです!1ヶ月の経過

執刀ドクター:小出真哉 医師

詳細はこちら