症例写真(No.213549)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

梶山典彦 医師

No.213549【豊胸・バストの修正】≪Motivaエルゴノミックス≫≪乳頭縮小術(乳管温存法)≫【術後1ヶ月】

施術前

術前のお写真です。
→

施術後1ヶ月後

術後1ヶ月のお写真です。
すべての画像を見る

施術担当者からのコメント

ご覧いただきありがとうございます。

術前と術後1ヶ月のお写真です。

≪シリコンバッグ豊胸≫
脇の下、もしくはお胸の下(乳房下縁)からご希望のサイズのシリコンバッグを挿入する手術です。手術は背中の麻酔(硬膜外麻酔)を併用し、寝ている間に痛みもなく終了します。
脂肪豊胸との一番の違いは「確実に大きくできること」です。バッグのサイズ次第で1cupでも2cupでも、皮膚に余裕があればそれ以上にでも大きくすることができます。また、授乳で垂れてしまった/しぼんでしまったとお悩みの方のお胸にハリを出すこともできます。(下垂が大きい場合は乳房吊り上げの適応になる場合があります)

≪乳頭縮小術(乳管温存法)≫
乳頭縮小術とは文字通り乳頭の大きさを小さく形成する手術です。縮小は縦方向・横方向ともに可能ですので、
・長さを短く
・直径を小さく
・垂れた乳頭を上向きに
といったご要望(もしくはその組み合わせ)に対応することができます。
乳管を温存する方法と温存しない方法があります。
女性の方には基本的に乳管を温存する方法をおすすめしていますが、より大きな変化を希望される方で授乳予定のない方には乳管を温存しない方法で行うこともできます。

しっかりと変化をご実感いただくことはもちろんですが、何より自然さを重視してデザインしています。
自然さというのはもちろん術者が一方的に決めるものではなく、何より手術を受けていただく方の希望が一番です。
しっかりとご希望を伺い、その希望にどこまで応えられるのかカウンセリングにてご説明します。
乳頭縮小術は豊胸の手術と同時にうけていただくことが可能です。
カウンセリングにてお気軽にご相談ください。

★★Instagramでも症例写真を公開しています★★
より詳しく&沢山の症例写真を載せています!
是非チェックしてみて下さい♪
@sbc_kajiyama
↓↓下記の「instagram」アイコンへ↓↓☆followme☆

関連リンク