症例写真(No.231775)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

檜山和弘 医師

No.231775【フェイスライン】SBCプリマリフトで小顔の博多美人へ

【小顔注射 (BNLS neo)を3回施行後です。】

施術前

拡大画像
→

【シャープなフェイスラインで、小顔の博多美人になっています。】

施術後

拡大画像
クリニック情報
鹿児島院
鹿児島県鹿児島市中町5番26号 カリーノ天文館 5階

フォトギャラリーをご覧いただき、ありがとうございます。

施術させていただいたのは20才女性です。

小顔を希望され、脂肪溶解注射(BNLS neo)を3回施行されました。今後、脂肪溶解注射(BNLS neo)を継続した方がいいか相談されました。

オススメしたのが、脂肪溶解注射(BNLS neo)ではなく、『SBCプリマリフト』という糸リフト治療です。

『SBCプリマリフト』の糸は、世界初の超音波圧縮技術により3次元コグ(突起)で、熱を加えず圧縮しているため、強度が強く、糸に弾力があるのが特徴です。

本症例ではこめかみの一ヶ所から『SBCプリマリフト』を片側5本ずつ、両側で10本の糸を挿入して、フェイスラインのリフトアップをしています。

術後内出血は全くなく、腫れはわずかで、術後4日で引いたとのこと。このようにダウンタイムは最小限であるのが、『SBCプリマリフト』の特徴となっています。

術後1週の写真をご覧になるとわかりますが、シャープなフェイスラインとなり、小顔の博多美人になっています。

プチ小顔整形に興味があれば、お気軽に御相談ください。