症例写真(No.231854)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

野口祥世 医師

No.231854【二重・二重整形】今日から魅られたい目に 元形成外科医 野口祥世による埋没法二重術

【二重のりで弱いあとのついた一重まぶた】

施術前

拡大画像
→

【しっかりと折りたたみができた平行型二重】

施術後

拡大画像
クリニック情報
大阪府堺市堺区
北瓦町2-4-13
堺東EHビル8階

二重のりで幅の広い平行型二重を作っていて軽くあとはついたが、しっかりと引き込まれない・安定しないとの事で相談に来られたお客様です。長年の二重のりによる皮膚のタルミがあり、引き込みも弱い為、筋肉にかけて四角いループを作るように留めることで強く固定し、しっかりと皮膚を引き込めるクイックコスメティーク・ダブルをオススメしました。しっかりと皮膚を引き込む事で、綺麗な平行型二重になりました。

お客様のご希望を伺いお目元の診察をした上で、元形成外科医として持っている経験と技術を生かし、埋没法だけでなく切開も含めた適切な手術方法を提案させて頂きます。最高の笑顔を手に入れて頂けるように、微力ではありますが、お手伝いさせて頂きたいと思っています。