症例写真(No.156791)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

梶山典彦 医師

No.156791【二重・二重整形】眼瞼下垂+二重《術後3ヶ月》目の開きを改善し、幅広の平行型に

施術前

術前
→

施術後3ヶ月後

術後3ヶ月
すべての画像を見る

術前はsunken eyeと言われる状態です。
眼瞼下垂(目を開く筋肉が弱くなっている状態)だと呈してくることがある状態です。
まぶたのたるみもその一因となるため、
たるみ取り併用全切開で二重のラインを作り、同時に目の開きを良くするための眼瞼下垂手術を行っています。


写真は術前→術後3ヶ月です。


目の開きをよくしすぎてしまうと、目力が強いを超えてギョロっと睨むような目になってしまうため、
手術中に何度も確認しつつ調整していきます。

切開系の二重はダウンタイムが長めになってしまいますが、
戻ってしまう心配をしたくない方にはおすすめです。
ダウンタイムがとりにくい方は片側ずつ手術をすることもできます。

他のカテゴリーから探す

このページを見た人は、こんなページも見ています

【二重・二重整形】【仙台院院長☆村岡が担当】【全顔モニター】幼い顔→ハーフ系イケメンに★術後3ヶ月

執刀ドクター:村岡史子 医師

詳細はこちら

【若返り】【眉下切開法】術後1ヶ月。30代の女性。上まぶたのたるみを自然にしっかりと改善!眉毛の位置が正しい位置になり、左右差、凹みも改善!!自分本来の二重のラインを取り戻すことによって自然な若返りが実現!!!

執刀ドクター:本間重行 医師

詳細はこちら