症例写真(No.158346)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

古澤雅史 医師

No.158346【二重・二重整形】目の開きが良くなり、華やかな印象の目になりました!池袋院総括院長 Dr.古澤 こだわりの眼形成術  「全切開法二重術+眼瞼下垂+目頭切開(Z形成術)」 術後3ヶ月

【術前のお写真です。】

施術前

拡大画像
→

【ぱっちりしたきれいな二重になりました。】

施術後

拡大画像
クリニック情報
東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木 8F

「眠そうな目の印象を改善して、ぱっちりした目(二重)になりたい!埋没法のようにラインがなくなる可能性のある方法ではなく、しっかりとした方法がいい!」

というご希望でしたので、「全切開法二重術+眼瞼下垂+目頭切開(Z形成)」を施行しました。

「全切開法二重術」の最大の特徴は、埋没法と違い、二重のラインがなくなってしまう可能性が非常に低いことです。また余分な皮膚や脂肪も取れるため、まぶたの厚い方はすっきりとした印象の目になることも可能です。

 
写真は術前と術後3ヶ月目のものです。

目の開きが良くなり、ぱっちりしたきれいな二重になりました。目頭切開の傷もメイクすればほとんどわかりませんね。
また経過をご紹介させていただきます。

 
 二重術はライン幅が0.5mm違うだけで、印象が変わってくる繊細な手術です。また、術後の腫れ具合ももやり方によって、大きく異なってきます。

 私、古澤はラインの仕上がりと術後の腫れを少なく抑えることにはこだわりをもって、施術に当たらせていただいております。

その方の希望に合ったお似合いの目になる治療をご提案させていただきます。