海外からのお電話 日本語専用ダイヤル +81-50-5575-1199 翻訳翻訳 English中国語(簡体)中国語(繁体)韓国語ベトナム語

美容整形・美容外科TOP > 診療内容一覧 > 鼻整形 > 症例写真(No.180772)

症例写真

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。
飯田秀夫 医師
No.180772【鼻整形】ベテラン形成外科専門医・美容外科専門医(JSAPS:形成外科系学会)による鼻:鼻中隔延長で感染により変形した鼻先を修正!
【術前】
鼻先はつぶれて変形しています。
  【1週間後】
すらりと鼻先が伸び、きれいな鼻すじから鼻先となりました。
拡大画像   拡大画像
Twitter
ドクターからのコメント
クリニック情報
神奈川県藤沢市辻堂神台1丁目3番39号オザワビル4F
手術によって変形してしまった鼻を治したいとのご希望でした。

半年ほど前におこなった鼻先、鼻筋の手術で細菌感染を起こし、その影響で鼻先の軟骨や軟部組織が縮んでしまっています。まるでガラスに鼻先を押しつけたような状態です。

シリコンプロテーゼなどの人工物では細菌感染のリスクが高くなるため、肋軟骨を用いた鼻中隔延長で鼻先を整え、軟骨膜で鼻筋を高く作りかえました。

手術前はつぶれて短くなっていた鼻先はしっかりと伸び、きれいな鼻筋から鼻先になっています。心配されていた感染もおこらず、術後1週間でほぼ腫れは引いています。

感染による拘縮の修正手術は極めて難易度が高くなります。高度な技術力はもちろんですが、障害部位を判断する洞察力、術中の状態に応じて臨機応変に対応できる力も必要不可欠です。また、残念な状態となってしまった患者さんを精神的にサポートする力も要求されます。

手術によるトラブルで鼻が変形してしまった方、希望通りの仕上がりになっていない方、どうぞご相談ください。

横浜院 飯田秀夫

ドクターからのコメント

このページを見た人は、こんなページも見ています

MENU

アイメッド

SNS ACCOUNTS

FacebookアメブロTwitterLINEinstagramYoutube

Global Site

海外からのお電話 日本語専用ダイヤル +81-50-5575-1199 中国語 English

個人情報の取り扱いについて

ただいまお電話が大変込み合っております。
WEBでのご予約・お問合せもご利用ください。
マイページ登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
マイページ登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック↑Pagetop