症例写真(No.222612)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

野口祥世 医師

No.222612【二重・二重整形】今日から魅られたい目に 元形成外科医 野口祥世による埋没法二重術

施術前

皮膚のタルミと左右差がある瞼
→

施術後1ヶ月後

タルミを解消し、左右差が少なくなった平行二重
すべての画像を見る
クリニック情報
大阪京橋院
大阪府都島区東野田町2-9-7
K2ビル4階

両瞼にたるみがあり、左右差も生じていた方です。平行二重を希望されていましたがダウンタイムを極力減らしたいとの事でした。平行二重を作る為に必要な幅でもしっかりと皮膚のタルミを引き込む事ができ、ダウンタイムの短いクイックコスメティーク・ダブルをお勧めしました。

クイックコスメティーク・ダブルとは、瞼の表側に傷を付けずに二本のループを作る事でしっかりとした引き込みと固定力に加え、非常に短いダウンタイムを実現した手術方法です。腫れ・内出血が最も少ない術式になりますので長期の休みが取りにくい方、ナチュラルメイクの方やメイクをしない男性にもオススメの術式になります。

お客様のご希望を伺いお目元の診察をした上で、元形成外科医として持っている経験と技術を生かし、埋没法だけでなく切開も含めた適切な手術方法を提案させて頂きます。最高の笑顔を手に入れて頂けるように、微力ではありますが、お手伝いさせて頂きたいと思っています。