症例写真(No.231914)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

檜山和弘 医師

No.231914【フェイスライン】フェイスラインのたるみと肌質を改善する『シークレットリフト』と『うるおいコラーゲンリフト』のコンビネーション治療

施術前

術前はフェイルラインのたるみが目立ちます。
→

施術後3ヶ月後

たるみが消失し、シャープなフェイスラインが維持されています。
すべての画像を見る
クリニック情報
鹿児島院
鹿児島県鹿児島市中町5番26号 カリーノ天文館 5階

フォトギャラリーをご覧いただき、ありがとうございます。

施術させていただいたのは35才女性です。

フェイスラインのたるみと毛穴が目立つ肌質も気になるということでした。

オススメしたのが、『シークレットリフト』と『うるおいコラーゲンリフト』のコンビネーション治療です。

『シークレットリフト』の糸は、バラのトゲの様に、糸自体にトゲを付けて、強い力で組織を引き上げることができます。本症例ではまずトゲ付きの糸を耳の後ろから挿入し、糸の端を引っ張り、糸全体に付いているトゲを引っ掛けます。最後に頬のバランスを確認して、適度にリフトアップができる様に、皮膚から出ている糸をカットします。

『うるおいコラーゲンリフト』は「コリアンリフト」とも呼ばれ、韓国で開発されたスクリュータイプの糸を使います。頬の位置に、針を網目状に重ねて、コラーゲンの鉄骨を脂肪層に埋め込むイメージで糸を入れていきます。最後に、皮膚を抑えて針を抜くと、糸だけが残ります。この糸が真皮を刺激することで、コラーゲンの生成が活性化し、肌の若返りが可能になります。

本症例では、『シークレットリフト』片側5本(計10本)と『うるおいコラーゲンリフト』片側20本(計40本)の糸リフトのコンビネーション治療を行いました。

術後の経過は、腫れは術後1週で改善し、内出血は10日で消失したとのこと。

術後3ヶ月の写真をご覧になるとわかりますが、フェイスラインのたるみがなくなり、シャープなフェイスラインが維持されています。

プチ小顔整形に興味があれば、お気軽に御相談ください。