症例写真(No.275961)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

加藤周 医師

No.275961【豊胸・バストの修正】授乳歴のない方へアキーセル脂肪採取併用のコンデンスリッチバスト脂肪注入豊胸 LIPO DESIGN by SHUKATO

施術前

術前です。
→

施術後3ヶ月後

術後3ヶ月です。
すべての画像を見る

施術担当者からのコメント

25歳女子。
身長155cm、体重44.2kg。
授乳歴はなく、
現在のBカップから2カップくらいのサイズアップのご希望でした。

手術前の状態が、
胸の形としては悪くなく、
乳房の下半球にある程度ボリュームのある特徴を有しています。

術前デザインのこだわりとしては
ボリュームアップすることによって、
1)乳房の辺縁のラインを内側にも広げ、
2)下方向にもある程度広げることに加えて、
3)外側への張り出しをどの高さでピークに持ってくるか。

1)と2)はある程度分かりやすいです。
このくらい大きくなるんだったら、
胸の膨らみのスタート位置はこの場所だな、というのは
ある程度オートマティックに決まってきます。

3)。
今回はこのポイントが大事で、
乳頭と同じ高さでなく、敢えて指一本分くらい下に設定することで
同じサイズアップでも、より魅力的に自然に見えるか。
こういった術前のデザインでほぼ6割がた結果が決まります。

アキーセル併用脂肪採取にコンデンスリッチバスト脂肪注入豊胸を
組み合わせています。

注入深度も当然こだわって
3Dで深い部分にも安全な浅い部分にも
使用器具にも変化を付けて行います。

今症例は珍しく、左右同じで
注入量はともに270�tです。

アキーセルを用いて、状態の良い脂肪を十分量採取して
ナースさんと協力して、密度を高めるコンデンスリッチの機械を使い、
自分の理論に基づく注入法をそのまま使いました。

大変大きくなった結果ではありませんが
授乳歴のない方の平均的なサイズアップでしょうか、
ご覧の通りの変化を得ました。

予想されるサイズアップに対して
乳房下縁をどこまで下げるか、
谷間のラインをどこまで左右接近させるか逆算・デザインして、
正しい量を適切な深さ・向きに注入しました。

関連リンク