症例写真(No.284985)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

西川礼華 医師

No.284985【美容皮膚科】【ヒアルロン酸】額や顎に立体感を出すことで可愛く小顔に!ナチュラルな仕上がりで確実に可愛く!

施術前

処置前
→

施術後術直後

処置直後
→

施術後2週間後

処置2週間後
すべての画像を見る

施術担当者からのコメント

額のシワ改善目的だけでなく丸みのあるオデコへの憧れでヒアルロン酸注入を検討されてる場合には、この症例のようなイメージの仕上がりとなります。
額に丸みを形成するためにVoliftというヒアルロン酸3本、そして顎にラインフィールウルトラというヒアルロン酸1本弱ほど使用し、輪郭美人を目指しました。

額や顎に立体感が出ることで、美人度がグッとあがります。
そして、立体感を作ることで、お顔は小さく見えるようになります。

ちなみに、アフターの写真見ていただいて、ザ・ヒアル顔という感じは一切ないかと思います。
こっそりと、ナチュラルに。でも確実に可愛くなった、あか抜けた、そんな印象作りのための注入治療の提案が得意です。

額は皮下脂肪や筋肉の組織が薄く、皮膚のすぐ下に骨があるような構造です。ヒアルロン酸はじめ注入治療を額へ行う場合に、仕上がりに凹凸がでたり、不自然に丸くなりすぎて整形感がでたりすることがありますので、施術担当する医師選びにはご注意ください。

また、最近、他院様で受けた額のエランセ修正希望のお客様が増えております。ヒアルロン酸は、いざという時溶解する事ができますが、エランセは溶解が難しいため信頼関係あるドクター選びをご注意くださいませ。

痛みがご不安な方には当院では無料で施術時にブロック麻酔も行いますので、ご安心くださいませ。また、額ヒアルロン酸は血流障害回避のため他部位よりも太めの針を使用することがございまして施術直後は針あとが見えますが、翌日になると目立たなくなります。

関連リンク