症例写真(No.66664)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

村松英俊 医師

No.66664【二重・二重整形】【仙台院院長/新宿院】SBC内学術責任者・形成外科専門医Dr.村松による経皮的下眼瞼下制術(グラマラスライン形成、切るタレ目術) 術後1ヵ月

施術前

他院にて切開法二重や目頭切開など、複数回の手術の既往がありました。二重ラインの不明瞭化や眼瞼下垂を認めたため、そちらの治療もお勧めしましたが、まずは目元を大きくしたい、吊り上がった目元が嫌だ、ということで、経皮的下眼瞼下制術を行いました。
→

施術後

術後1ヵ月です。術後早期から若干後戻りがありますがこれでほぼ完成です。腫れはなく、傷も目立ちません。
すべての画像を見る

施術した院

部位

施術

施術回数

数量

性別

施術担当者からのコメント

関連リンク