小出真哉医師

小出 真哉 医師 (こいで しんや)Shinya Koide 小出 真哉 医師

小出医師 の 得意施術とこだわり

若返り

若返り治療をスタートするのに、年齢は関係ありません。
20代後半からのアンチエイジングは私にお任せください。

アンチエイジングと聞くと年配の方の治療だと思っていませんか?
数多くの若返り治療を担当してきましたが、目の下やフェイスラインのたるみでお悩みのお客様は、実は20代後半から多くいらっしゃいます。

・実年齢よりも老けて見られた・・・
・最近頬がたるんできた気がする・・・
・疲れて見られるのを解消したい・・・
自分自身も若返り治療を多く受けているからこそ、
そんな「若返りたい」と願うお客様に共感し寄り添ってご提案させて頂きます。

私の得意とする若返りの治療には、
(1)目の下のクマやたるみを改善する「目の下のたるみ取り」「脂肪注入」
(2)頬のたるみやほうれい線、あご下のたるみを改善できる「糸リフト」
がございます。

目元やフェイスラインのたるみが改善されれば、見た目年齢もグッと若返り、【マイナス10歳】若返る方もいらっしゃいます。
※仕上がりの程度には個人差があります。

もちろんたるみの程度や仕上がりの希望は人それぞれですので、
お客様の理想のイメージやご要望に合わせて施術を提案させて頂きますね。

若々しさを決める目元と輪郭形成を中心に、自然なエイジングケアを提案しています。
まずはお話をお伺いするだけでも大丈夫ですので、お気軽にカウンセリングにお越しくださいね。

小出医師の二重LP 私史上、一番好きな自分に小出医師の二重LP 私史上、一番好きな自分に
小出医師の二重LP 私史上、一番好きな自分に小出医師の二重LP 私史上、一番好きな自分に

若返りの匠 若返りの匠

PICK UP 症例写真

二重術

二重整形は相談の中で一番多く、強いこだわりを持って治療にあたっているライフワークでもあります。
私の最も得意なデザインが、さりげない変化、さりげない二重幅の「さりげな二重」を得意としております。
おかげさまで今はナチュラルに可愛くなりたいというお客様が全国からわざわざ施術を受けにお越し頂いています。

私が特にこだわっているポイントは、以下の二点です。
(1)いかに治療後の腫れなどのダウンタイムを抑えるか
(2)いかにご希望の二重ラインを忠実に作り上げるか

SNSなどで治療直後の状態を包み隠さずに公開しています。

どんなに素晴らしい治療も的確な診察から始まります。
必ずやお悩みを解決するお手伝いができると確信していますので、ぜひお気軽にご相談ください。
またどの施術が自分に合っているのか分からないという方も、まずはお気軽にカウンセリングにお越しいただき、お話を聞かせてくださいね。

二重術モニター募集 二重術モニター募集

PICK UP 症例写真

医師コメント

ご覧いただきありがとうございます。

私は医学部を卒業後は「病気を治療する医療」に従事していましたが、悩みや苦しみがあっても病気でないと治療の対象にならない現状に葛藤し、「お客様がより活き活きするお手伝いをする医療」への思いを断ち切れず、美容の世界に入りました。

小さなコンプレックスが自信をそぎ、考え方や行動までもネガティブにさせてしまう一方で、それを解消できれば自信と活力に満たされ、目の前にはそれまでと全く違う景色が広がり、前向きに新しいスタートを切れることを私は知っています。もちろん、さらに前向きに自信と美を求めるお客様のお手伝いも全力でさせていただきます。

聞くプロとしてお客様の希望を受け止め、お客様の最大幸福を提案できるために常に向上心をもって最新の知見も貪欲に追い求めて参りますので、ぜひ私を上手に利用してください。いつでもお待ちしております。

慶應義塾大学医学部卒業 小出真哉

経歴

2007年慶應義塾大学医学部医学科卒業
川崎市立川崎病院臨床研修(救急科、麻酔科、外科、形成外科、整形外科)
2009年慶應義塾大学病院勤務および関連病院への出向
2014年湘南美容クリニック入職
2015年湘南美容クリニック 川崎院院長就任
2017年湘南美容クリニック 大宮院院長就任
2020年湘南美容クリニック 新宿南口院院長就任

美容外科医になった理由

「なりたい自分像」を誰でも持っていると思います。
あと少し目の大きな自分。あと少しスリムな自分。あと少し若々しい自分。
そんななりたい自分に近づくことでもっと前向きになれ、もっと積極的になれ、もっと輝けると信じています。
医療の力を使ってそのお手伝いができる。それが私が美容外科医を志した理由です。

とても印象深かったお客様との体験談

自分に自信が持てず、引っ込み思案だったという若い女性が切らない二重まぶた整形を受けられました。
術後の経過を見せにいらした時にメイクが変わり、服装も雰囲気も変わって輝いていて、
人生が変わったとおっしゃっていただけました。
美容外科医になってまだ日が浅い頃の話ですが今でもよく覚えています。

趣味orオフの日のすごし方

昼までよく寝て、散歩がてら本屋に行くのがオフの日の日課です。天気のいい日は海を見に行くのも好きです。