越宗靖二郎医師

越宗 靖二郎 医師

初めまして。越宗靖二郎と申します。
2008年に岡山大学病院形成外科へ入局し、形成外科の基礎からマイクロサージャリー手術を用いた含めた再建術を学びました。
顔面や乳房がなくなった方を治していく手術を専門にしていくにつれ、最終的に本当に満足のいく形にするには形成外科の中だけでは限界を感じることが多々ありました。
例えば、乳がん患者さんの乳房再建で、健康な側の乳房も修正しなければ理想の乳房にならないと希望されていても保険診療では手が出せないことや、顔の怪我の後の凹みを治すために注入を行うことなど。そこには大きな壁がありました。
そこで、形成外科と美容外科の技術を融合させてさらに良い医療を提供させたいと考え、美容外科の道を歩むことになりました。
美容医療では、もっとキレイになりたいとか若々しくありたいとかの治療目標がありますが、最終的には、自分自身に自信を持って人生を楽しみ幸せでいたいということに繋がるのではと思っています。
そのために、今まで培ってきた手術経験と解剖学的な知識を注いで、たくさんの方を幸せにしたいと考えています。
お客様一人一人がお困りの原因をしっかり突き止めて、根拠にもとづいたサービスをオーダーメイドでご提供することお約束します!

越宗医師の得意施術とこだわり

10年以上の顔面の形成外科診療で培った技術と経験を美容医療に融合させて最良の治療を提供いたします。
特にお鼻は形だけでなく機能的にも重要な部位なので、機能を温存しつつ、最適な施術を受けて頂けるように心がけています。

今まで培ってきた手術経験と解剖学的な知識を注いで、たくさんの方を幸せにしたいと考えています。
お鼻はちょっとした変化でかなり印象が変わってきますので、まず、手術前のイメージをしっかりとお客様と共有して、どのような希望かを確認します。

次に、その形を手術中に再現するためにミリ単位での調整と行いながら、お鼻の形を作り上げていきます。
お鼻の形は長い期間で変化もしていくので、無理のないご本人にあった施術を提案させていただきます。エグゼクティブドクター(鼻部門) 越宗にお任せください。

PICK UP 症例写真

目元の治療(眼瞼下垂+たるみ取り併用全切開)

目元のお悩みといってもお一人お一人で原因が様々です。形成外科&美容外科での多数の執刀経験を生かした解剖知識と経験でお悩みの原因を的確に判断いたします。

例えばお悩みがが腫れぼったいまぶたでは、埋没法だけでは改善できない場合もあり、その場合は切開による施術となります。切開術はダウンタイムがデメリットですが、様々な状態のまぶたにも対応できるお悩みを改善できるというメリットがございます。また手術中は極力ダウンタイムを減らす工夫を行いながら左右のバランスを調整多数のポイントを考えながら施術いたします。

眼は人の顔の第一印象を決める重要なパーツです。お悩み以外にトータルでお顔のバランスを見ることで、最適な治療法をご提案致します。違和感のない自然な目元 もエグゼクティブドクター(鼻部門)越宗にお任せ下さい

PICK UP 症例写真

若返り

10年以上、形成外科領域で培った手術経験と解剖の知識を美容医療にも導入し進化させています!

お顔はバランスがとても大切で、例えば目の若返りを行なっただけでも印象は変わりますが、全体的には老け顔が残って不自然になることもあります。その原因はお顔のバランスを見ていない可能性があり、しっかりお悩みの原因を見つけてトータルの治療のご提案をしたいと心がけています。

豊富な解剖知識と経験をもとに、トータルアンチエイジングをご提案させていただきます!いつでもご相談ください!

PICK UP 症例写真

経歴

2006年岡山大学医学部医学科卒業
2006年福山市民病院 初期研修医
2008年岡山大学病院 形成再建外科 入局
岡山大学病院 &関連施設 形成再建外科 勤務
2019年湘南美容クリニック 勤務

備考