毛利理人医師

毛利理人 医師

経歴

久留米大学医学部卒業
東京医科大学病院研修
日本大学病院内科学系専修医
板橋区医師会病院
三郷中央総合病院
イムスふじみの総合病院
新宿某美容clinic 院長
湘南美容クリニック 入職
湘南美容クリニック川口院 院長就任
湘南美容クリニック赤羽院 院長就任
湘南美容クリニックRegno銀座院 院長就任

備考

医師コメント

クマの治療の相談はクマ治療を専門としている私にお任せください。

今や美容医療も保険診療のようにサブスペシャリストといって、皆様がそれぞれのカテゴリーに専門性があり、特化しているドクターを選ぶ時代となっています。

特にクマの種類は十人十色であるため、担当医はたった一つの治療術だけではなく、その人その人それぞれ合った術式を習得していなければ皆に安定した結果を出すことはできません。

私は脱脂術、脂肪注入術、裏ハムラ法、切開ハムラ法、アイバッグリムーブ法、ミッドフェイスリフト、修正術と下眼瞼治療の技術に関わるものを専門的に行っており、文字どおり「どんなクマでも治します」をテーマに日々診療しております。

他院修正を行っていて日々思うことですが、クマの治療後は上手くいかなかったものを組織的に元通りにすることはできませんので、近隣であることや派手なSNS宣伝を見てなんとなくドクターを決めてはいけません。
正しい治療方針を導ける担当医との出会いが治療の成功を決めると思います。

悩まれてる方は気兼ねなく一度カウンセリングにいらっしゃって下さい。
スタッフ一同お会いすることを楽しみにしております。

毛利医師の得意施術とこだわり

裏ハムラ法

目の下のたるみのほとんどの原因になる眼窩脂肪を足側にズラしていく治療になります。治療効果の安定性が非常に高く、国際的には目の下のたるみの第一選択となる治療法ですが高度な技術を用するために日本でこの術式をできるドクターは非常に少ないです。

【裏ハムラ隔膜タイトニング法】

裏ハムラ法をさらに進化させ、再発予防効果を高めた毛利医師の代名詞となる治療法です。
ほとんどの方の目の下のたるみの原因は眼窩脂肪を包んでる隔膜の脆弱化によるものと考えられています。なので裏ハムラを行うのと同時に隔膜強化を行うことによって今後の再発を予防していく術式です。

裏ハムラ法でズラした眼窩脂肪の上にCPF(capsulo palpebral fascia)という硬い膜を被せることによって(ラッピング)することによって隔膜の代わりに下瞼の眼窩脂肪を覆います。

〈隔膜タイトニング法を併用するメリット〉

①硬いCPFによる強力な再発予防
②CPFラッピングにより眼窩脂肪のボコつきが皮膚に伝わらずボコつきのない仕上がりになる

また多くの方が目の下のたるみ治療をこれだけで完結できるメニューとなります。脂肪注入に抵抗のある方にもオススメの術式となります。

PICK UP 症例写真