症例写真(No.175552)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

村松英俊 医師

No.175552【若返り】那覇院院長かつSBC技術指導担当医Dr.村松によるほほ、あごのベイザー脂肪吸引+採取脂肪を使用した顎先へのコンデンスリッチフェイス+シークレットリフト10本 斜位

施術前

口周りのたるみが気になります
→

施術後6ヶ月後

マリオネットラインを含め大きく改善しお若くなられました!
すべての画像を見る

施術担当者からのコメント

本日ご紹介する症例の患者様は40歳代半ばの女性、フェイスラインのタルミを改善したいとのご希望でした。

今回はフェイスラインをベイザー脂肪吸引にてスッキリさせつつ、採取脂肪をコンデンスリッチファットとしてアゴ先へ忠勇、更に余剰皮膚を持ち上げるために溶ける糸(ミントリフト2ミニフレックス10本)を用いたシークレットリフトを行いました。

もたついた口元のタルミ、マリオネットラインがスッキリしました。

マリオネットラインは糸リフトで側頭方向へ引き上げつつ、アゴ先のボリューム増大でアゴ先方向へも引っ張られ、大きく改善しています。

目元は隠していますが同時に行った切開による眼瞼下垂手術の効果、および元々の肌の質感や側頭のボリュームなどによる若々しさもあり、30歳前後にしか見えないほどお若くなられました。

関連リンク