症例写真(No.278160)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

王蘇 医師

No.278160【若返り】目の下の切らないたるみ取り+額こめかみ、頬、目の下ゴルゴラインのコンデンスリッチフェイス 術後1ヶ月

施術前

術前
→

施術後1ヶ月後

術後1ヶ月
すべての画像を見る

施術担当者からのコメント

痩せすぎると、コケてしまいます。
コケてしまうと、老けて見えます。
こういったコケが原因で老けて見える場合はコンデンスリッチフェイス(脂肪移植)が効果抜群です。
太腿内側から採取した脂肪を遠心分離し、丁寧に濃縮させたコンデンスリッチファット。
これをコケている部位に注入し、柔らかい女性らしい輪郭を作り上げます。

施術内容↓
コンデンスリッチフェイス法
注入部位:こめかみ、目の下、ゴルゴライン、頬
切ったり、貼ったりは一切していません。
吸った脂肪を注射器で注入するだけ。

術後1ヶ月
若返りましたでしょうか?
手術のポイントその1
ただやみくもに脂肪を入れるのではなく
Far Compartmentに基づいて脂肪移植をしています

Fat Compartmentとは?
2000年初頭より、顔の皮下脂肪は1つつながりではなく浅層、深層にそれぞれ区画で分かれていることが知られるようになり、区画を意識した治療が提唱されるようになりました。
今回のお客様においては、脂肪はかなりホ?リュームロスしており、浅層、深層、またそれぞれの区域にあるべき量の脂肪を移植いたしました。

手術のポイントその2
脂肪の鮮度を落とさない
脂肪は体から採取されてから劣化が始まります。放置される時間が長くなると定着率が悪くなります。
私は脂肪を採取してから最小限の時間で注入をしてきます。脂肪は生ものですので取り扱いには細心の注意を払っています。

全ての手術において、ほんの一手間加えるだけで仕上がりは大きく変わります。
手術一件一件に真剣に向き合っています。
若返りに関するご相談、お待ちしております。

関連リンク