症例写真(No.290943)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

毛利理人 医師

No.290943【若返り】【若返り】★Dr.毛利makes★【3レイヤー注入式クマ治療で最優秀賞受賞】

施術前

術前
→

施術後3ヶ月後

術後
すべての画像を見る

施術した院

部位

施術

施術回数

数量

性別

施術担当者からのコメント

【裏ハムラ法眼輪筋オーバーラップ法併用】【脂肪複合注入】

術後3ヶ月後
裏ハムラ法
脂肪注入 中顔面、おでこ、ほうれい線、目の上(目の上は過量注入が出来ないためまだ治療中です。複数回注入を行なっていきます)
お顔にはいらない脂肪といる脂肪があります。脂肪と効くと肥満というイメージを連想してしまうかもしれませんが、いる脂肪は若さの象徴なのです。クマも加齢に伴ったものはたるみとゴルゴのような凹みが共存したり、中顔面の脂肪萎縮による下垂がクマを悪化させることがあります。今回はゴルゴの凹み治療には最も強いハムラと萎縮や下垂を改善する目的で脂肪注入を併用しています。ハムラをすれば脂肪注入はいらないのでは?もちろんそういう時もあるのですが、ボリュームの萎縮や下垂を伴っている時はハイブリッドで行う方法が有効です。

<3レイヤー注入法>
私が様々な方法から厳選したミルフィーユ状の3層脂肪注入術です。
注入によるボコ付きやしこりを極力除外し、シルクのような滑らかな質感に仕上げることができます。
<リガメント剥離法>
目の下のたるみのふもとにあるゴルゴ(tear trough)の凹みが極めて強い方ですと脂肪注入をしても凹みが消えません。皮膚と骨膜をつなげてる靭帯の引き込みが強いので、ある程度剥離して脂肪注入をして凹みを修正していきます。ハムラと異なり、眼窩脂肪の突出があまりない方でも有効です。
<眼輪筋オーバーラップ法>
ハムラ法に併用する術式で実際に文献や学会でも有効性の報告がある方法です。ゴルゴの凹みを最も強力に解消するために眼輪筋のテンションをリリースし、眼窩脂肪に重ねて固定することで超強力にゴルゴグマを解消します。

◆私のクマ治療が選ばれる理由◆
・私オリジナルの3レイヤー脂肪注入法やリガメント剥離法で美しく、滑らかに仕上げることができる。
・施術時間が短く、腫れ・内出血・痛みがとても少ない
・多くの症例数をこなしているため、正しいアプローチをご提案します
・再発例が一件もなく、再手術例も一件もなし。今が良いだけでなく術後の経過を考慮して施術を行なっているから。

お悩みの方も、まずはカウンセリングにお越しください。
お話のみでも受け付けていますので、一度ご相談にいらしてみてくださいね。

関連リンク