その他の手術のよくある質問について

No.17749 / 16442件中

その他の手術のよくある質問20歳以下(栃木県)

Q

リップリフト(上口唇短縮術)について

はじめまして。
私は面長なことがコンプレックスで、鏡を見るのも嫌なくらいなのですが、特に人中が長いことが気になっています。
現在1.8mmくらい人中の長さがあり、できれば1.1〜1.3mmくらいに上口唇短縮術を用いて手術してほしいです。
上唇は薄めだと思います。
先生の症例写真を見て、とても興味がわいたので相談させていただきました。

質問としては、
・ダウンタイムの長さ
・傷跡の状態
・手術の詳細な内容

などが知りたいです。
よろしくお願いいたします。

answer

◯◯様

初めまして。湘南美容外科の村松と申します。
この度はお問い合わせ頂き、誠にありがとうございます。

早速ですが、ご質問にお答えいたしますね。

ダウンタイムですが、大きな腫れは数日間、術後1週間で8方の腫れは無くなり、完全にスッキリするのは術後1ヵ月前後です。しかし後戻りを最小限とするために口輪筋という口周りの筋肉を強固に上の方に固定するためにしばらくは口が閉じにくくなります。術後1週間の時点ではまだ口が閉じにくい方がほとんどです。術後1ヵ月経過する頃には自然と閉じることが出来るようになります。よって、術後1週間ではまだマスクが手放せない可能性が高くなります。2〜3週間はマスクが必要と考えて頂くとよいでしょう。

傷跡の状態ですが、どのお傷でもそうですが、術後3ヵ月程度までは赤みがあります。その後赤みがひきはじめ、術後6〜12ヵ月程度で完全に落ち着きます。
傷がなるべく目立たないようにするデザインと繊細な縫合により、最終的にはお化粧無しでもほぼ分からない程度になります。

手術内容ですが、基本的には鼻翼基部(小鼻の付け根)から鼻孔底(鼻腔内と白い口唇の境界)、鼻柱基部を通り、対側の鼻孔底、鼻翼基部に至る切開から、その下の皮膚を数mm切除します。切除可能な範囲は症例により様々ですが、術後落ち着いた段階で口が問題なく閉じるように設定します。
また、口輪筋という口を閉じる筋肉を処理し、かつ後戻りを防ぐよう上顎の骨の部分に筋肉を固定します。

如何でしょうか。何かご不明な点がございましたら何なりとお問い合わせ下さいね。

湘南美容外科クリニック
村松英俊

493 件

404 件

TEL 0120-489-100
カウンセリング予約無料メール相談