医療脱毛のほくろへの影響|ほくろ部分は施術される?照射でほくろが増える?日光などの紫外線を浴びることで増えてしまう「ほくろ」。ほくろは医療脱毛にも影響すると言われます。ほくろが多い人はレーザー脱毛がほくろに与える影響が気になりますよね。医療脱毛がほくろに与える影響や施術を受けるうえでの注意点を見ていきましょう。

医療脱毛のほくろへの影響

ほくろにはレーザー脱毛の光を照射できません。脱毛で使用するレーザーは黒色に反応し、火傷の原因になるためです。日焼けした肌や濃い色のシミなども同様です。ですが、ほくろの箇所を避けるなどの方法で脱毛の施術を受けることが可能です。施術が行えるかどうかは医師の判断によるため、希望すれば必ず受けられるわけではありません。クリニックによっては施術を断られることがあります。

レーザー脱毛の原理

レーザー脱毛はレーザーの光がメラニン色素に吸収されやすい性質を持っていることを利用して施術を行います。毛根のメラニン色素に光エネルギーを吸収させることで毛を生やすもとになる細胞を狙い撃ちすることができます。レーザーの光を肌に照射すると、肌の中にある毛根のメラニン色素はレーザーの光を吸収します。毛根が吸収した光は輻射熱となって毛根を包んでいる毛包に放出されます。放出された熱によって毛包周辺の細胞が破壊されます。毛包周辺の細胞と一緒に毛を生やすための細胞も破壊するため、新たな毛が生えづらい状態を作ることができます。

脱毛をほくろに照射した場合

医療脱毛のレーザーをほくろに照射すると、パチンとゴムで弾かれなような衝撃を伴って火傷の状態になることがあります。これはほくろにレーザーの光が反応しているためです。どうしてほくろにレーザーが反応するかは、ほくろの性質とレーザー脱毛の原理を見れば理解できます。ほくろは、メラニン色素を作る細胞が変化してできた細胞のかたまりです。当然ながらメラニン色素を含んでいます。そして、レーザー脱毛はレーザーの光が毛根のメラニンに吸収される性質をもっています。毛根のメラニンにレーザーの光を反応させることで脱毛を行っています。

ムダ毛にだけ反応すればいいのですが、ほくろもメラニンを含んでいるため反応してしまいます。レーザーの光がほくろのメラニンに吸収されると、その熱によってほくろ周辺の皮膚が火傷の状態になることがあります。そのため、レーザー脱毛を直接ほくろに照射はできません。エステ脱毛も脱毛する原理は医療脱毛と同じなので、同様に施術を受けることができません。

医療脱毛でのほくろへの対応

ほくろがあっても医療脱毛の施術を受けることは可能です。ほくろがある場合の施術の行い方や対処方法はほくろの状態によっても変わります。ほくろがある場合の医療脱毛時の対応を見ていきましょう。

薄い場合はそのまま照射

ほくろはレーザーの光が反応するため通常は脱毛できません。ですが、ほくろのメラニン色素が薄く肌への影響が少ないと判断された場合はそのまま施術を行うことがあります。色素の濃さだけでなく、ほくろの大きさによっても変わります。あまり大きい場合はその部分を避けて施術を行うことになります。どの程度であれば影響を受けないかは医師の判断が必要です。クリニックによっては薄いほくろでも施術を断られることがあります。

濃い場合はシールなどでほくろを避ける

薄いほくろであればレーザーを当てることも可能ですが、色の濃いほくろの場合、やけどの原因になってしまうため、レーザーを直接当てることはできません。ですが、色の濃いほくろのある箇所でもシールなどで保護することで医療脱毛を行うことが可能です。細かなほくろではそのまま施術を行うこともありますが、火傷の可能性が高い大きなほくろにはシールを貼ります。エステ脱毛は脱毛器の出力が弱いのですが、脱毛を行う原理自体は一緒です。エステ脱毛でも医療脱毛と同様、ほくろにはシールなどを貼って施術します。

照射の判断は医師が行う

医療脱毛は医療行為です。施術に関する最終的な判断は医師が行います。ほくろの色が薄いから施術を行えるだろうと、自己判断で決めることはできません。誤った自己判断が、火傷などの重大なトラブルの原因になることがあります。ほくろがある場合は医師に相談して判断を仰ぐことが大切です。後々トラブルになることがないよう、脱毛前にはほくろがある位置を確認しておきましょう。

ほくろへの照射で影響が出たときの対処法

ほくろへの照射で影響が出たときの対処法ほくろへのレーザー照射によってなんらかの影響が出ることがあります。ですが、その場合もほとんど問題にならないケースも多くあります。また、起こる問題を理解しておけば、そのときに慌てずに対処することができます。ほくろへのレーザー照射によって起こる問題と対処法を見ていきましょう。

レーザー照射でほくろが膨らんだ

レーザー脱毛の光がほくろに直接当たることでほくろが膨らんで見えることがあります。ほくろが膨らんでいるように見えますが、ほくろ自体が膨らんでいるわけではありません。レーザーが当たることで、ほくろの上にかさぶたができて盛り上がった状態になっています。一次的に膨らんで盛り上がった状態になりますが、一過性の症状なので時間の経過とともに落ち着いていきます。

レーザー照射でほくろがかさぶたになった

医療脱毛の施術後、ほくろがかさぶたになることがあります。医療レーザー脱毛の光はメラニン色素に反応するため、ほくろがレーザーの光を吸収して焼けることでかさぶたになることがあります。かさぶたになったからといってほくろが余計に黒くなるということはありません。むしろ、かさぶたが取れた際にほくろの色が薄くなることもあります。ほくろ除去にはレーザーを使用することがあるため、レーザー脱毛によってほくろの色素が薄まっても不思議ではありません。ですが、ほくろを除去するレーザーと脱毛を行う目的のレーザーでは出力が違うため、ほくろを取る目的で医療脱毛を受けることはできません。

レーザー照射でほくろが焦げた

医療脱毛のレーザーがほくろに照射されると焦げた状態になることがあります。通常ほくろ部分を避けるか、シールで隠すなどして脱毛の施術を行います。ですが、ほくろの色素が薄い場合や、ほくろ自体が小さい場合は問題がないと判断されてそのまま施術することがあります。その際にほくろがレーザー脱毛の光を受けることで表面が焦げることがあります。時間の経過とともに落ち着いてきますが、なかなか症状が改善されない場合はほくろが炎症を起こしていることも考えられます。その場合は皮膚科に相談することをおすすめします。

医療脱毛でほくろが増えることはある?

よくある誤解で、レーザー脱毛を受けるとほくろが増えるといったものがあります。結論から言うと、レーザー脱毛を受けることによってほくろが増えることはありません。ほくろの原因になるのは日光などに含まれる紫外線です。紫外線を浴びるとほくろが増えるのは、肌が紫外線のダメージから身を守ろうとする防衛本能が働いているからです。紫外線は様々な肌トラブルや病気の原因になるため、肌がバリア機能としてメラニンを含む表皮細胞を作り出します。これがほくろが増える原因です。シミができるのも同じ理由によるものです。レーザー脱毛の光には紫外線は含まれていないため、施術を行ったことでほくろが増えることはありません。

まとめ

ほくろへのレーザー照射ができない理由

レーザー脱毛はメラニン色素に反応する性質を利用しています。メラニン色素を含むほくろへ照射した場合、火傷などのトラブルに繋がるため照射できません。

ほくろがあっても医療脱毛を受けることは可能

ほくろをシールで隠すなどの処置を行うことで医療脱毛を受けることは可能です。ほくろの状態によっては照射できないこともあるので、最終的な判断は医師が行います。

医療脱毛でほくろが焦げることがある

レーザーが直で当たることでほくろの表面が焦げることがあります。時間の経過とともに落ち着いてくるので心配する必要はありません。症状が改善されない場合は皮膚科に相談することをおすすめします。

医療脱毛でほくろが増えることはない

ほくろの原因になるのは日光などに含まれる紫外線です。レーザー脱毛の光は紫外線を含まないため、ほくろが増えることはありません。

湘南美容クリニックにはあなたに合う治療法を多数ご用意しています

医療脱毛実績400万件以上!

監修医情報

監修医情報はこちら

運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔 医師