脱毛するなら医療脱毛がおすすめの理由|サロン脱毛と効果や費用を比較「永久脱毛」を考えるとき、医療脱毛、サロン脱毛、家庭用脱毛器という選択肢から選ぶ方が最も多いと思います。その中でも、比較されやすいのが医療脱毛とサロン脱毛です。一般の方にはよく似た機械で脱毛を行うように見えても、実は大きな違いがあります。法律面、施術内容など、どんな点が違うのかを理解しておきましょう。

医療脱毛とサロンの違い

永久脱毛をしてみたいけれど、クリニックでの医療脱毛とサロン脱毛、どちらがいいのか迷ってしまう方は多いと思います。同じ「ムダ毛を脱毛する」という行為でも、医療脱毛とサロン脱毛には大きな違いがあります。項目ごとに比較して、その違いをわかりやすく説明していきます。

レーザーと光の威力

まず、最も大きな違いは使用する機械の威力です。医療機関では厚生労働省に認可された、ハイパワーな医療用レーザーを使用しています。この機械は毛根を確実に破壊し、永久に発毛がないことを医学的に証明するデータがあり、医師の管理下で安全に使用することが義務付けられています。一方、サロンでは医療用レーザーは使用できませんので、多くが光脱毛(IPL)機器を使用しています。こちらは医療用に比べてパワーが弱いものが多く、厚生労働省が認める医学的なデータは存在しません。

レーザーと光の威力

効果が出るまでの期間

毛質・毛量などで個人差はありますが、一般的には医療用レーザーの方が短期間で結果が見られます。これは、医療用レーザーが一度で確実に毛根を破壊できるパワーを持つことに加え、医師がしっかりと肌質や毛質を見極め、その人にとって最も効果的な機械や方式を判断するからです。例えばワキ脱毛であれば、湘南美容クリニックでは早い方なら半年、遅くとも1年以内にほとんどの方が終了していますが、サロン脱毛の場合は2年半から3年かかる方が多いようです。 (期間には個人差があります)

医師免許があるかないか

医学の世界では、レーザー脱毛は「医療行為」と考えられています。皮下に作用が及ぶ行為は、本来は医療機関でないと行うことができません。クリニックとサロンの違いは、この「医師免許があるかないか」が非常に大きいところです。湘南美容クリニックは厚生労働省に認可された医療機関として、医師による事前カウンセリング、および再診を無料にて行っています。また、どの部位に関しても施術後は 薬の塗布による炎症防止ケアを行っています。脱毛のリスクを最小限に抑え、きれいなお肌を保ちながら完全に脱毛を行うためには、しっかりとした医学的な裏付けが必要です。

脱毛にかかる費用

施術料金に関しては、それぞれの医療機関やサロンによってまちまちです。注意したいのは1回の費用ではなく「終了までにかかる費用」を考えることです。コースに期限があったり、回数制限がある場合、完了せずに追加料金が発生することがあります。さらに、オプションとしてさまざまな追加料金が発生することがあるので、明瞭な料金設定を開示しているかどうかも、判断の材料となるでしょう。湘南美容クリニックでは1回ごとの料金のほか、お得なコース料金を設定し公式ホームページ に明記しています。カウンセリングや薬などは無料ですので、お支払いは記載された料金のみとなります。

料金はこちらからご確認いただけます。

医療脱毛がおすすめの理由

クリニックでの医療脱毛とサロンの大きな違いを、設備の差と医師免許の有無で 説明しました。この他にもさらに細かい点で、様々な違いがあります。結論から言うと医療脱毛がおすすめですが、具体的な優位点を実際に体験した方々のご意見 などを元にして、詳しくご紹介します。どこで永久脱毛を受けようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

早く確実に効果が出る

脱毛に費やす時間は、どなたも気になるポイントでしょう。成長期の毛は、体全体で平均すると20%程度ですが、医療脱毛なら一度の施術でその全ての毛根を破壊し、2~3週間で毛穴から抜け落ちます。しかし、機械のパワーが十分でないと結果が早く出にくくなりますし、脱毛されていない毛が残ってしまうことがあります。そのため「なるべく早く終了させたい」という方には、クリニックでの医療脱毛がおすすめです。

一度完了した毛は生えてこない

「永久脱毛は二度と毛が生えて来ない」と思っている人が多いと思いますが、実はアメリカの電気脱毛協会(AEA)によると、永久脱毛とは「最終脱毛から1か 月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」と定義しています。そのため、一部のサロンなどでは「ほぼ生えてこなくなる」レベルを永久脱毛としていることがあります。しかし医療用レーザーであれば毛根が完全に破壊されるため、一度施術を行えば二度と発毛することは無いと言われています。最後の1本まで脱毛してしまいたい方は、ぜひ医療脱毛をお選びください。

トータルで考えればお得

このように、脱毛にかかる費用は1回分の料金のみで単純計算はできません。最もリーズナブルに終了させたい人は「トータルで考える」ことが肝心です。まずは事前カウンセリングで何回くらい照射が必要か、脱毛したい部位はどこか、しっかり確認しましょう。湘南美容クリニックでは、最も需要が多い回数をセットにして、お得な料金のコースを提案しています。医療脱毛なので再発毛なし、医療のアフターケアも無料ですので、トータルの費用を考えると大変お得だと言えます。

クリニックのアフターフォローで安心

人間の毛根は一律ではありませんので、生え方にも個人のクセがあります。そのため、ごく稀に直線状・四角状・縞状等、明らかに毛が集中して残っている(生え揃っている)状態 になることがありますが、その場合は責任を持って再照射にて仕上げ(VIOは除く)を行い ます。また、施術後の炎症も薬を塗布してメディカルケアで対応します。このように、クリニックならではのアフターフォローを徹底している点も医療脱毛のメリットであるといえます。

クリニックのアフターフォローで安心

医療脱毛はどれくらい痛い?

医療脱毛のメリットと同時に、知っておきたいのが「痛み」の問題でしょう。強力なレーザーを使用しますので、効果が高い一方で痛みも発生します。各部位ごとにどのような痛みがあるのか、痛みは軽減できるのか、気になるポイントをご説明します。

医療脱毛のVIOの痛み

デリケートな「VIOゾーン」は、他の部位と比べて痛みを感じやすい部位です。また、色素沈着や凸凹が多いため、高い技術が求められます。湘南美容クリニックでは、熟練の技術者が照射レベルを調整しながら、最大限痛みを抑えた脱毛を行います。

医療脱毛の痛みは軽減できる

個人により痛みを感じる感覚は差がありますが、刺激に弱い方には照射のレベルを落として対応します。また、部位に合わせてレーザーの使い分けをすることにより、最大の脱毛効果を実現します。炎症の起こりやすい部位も、医療従事者がしっかりケアをするので安心です。

医療脱毛で使える麻酔

湘南美容クリニックは医療機関ですので、特に痛みに弱い方や、痛みがストレスになってしまう方には、麻酔の使用も可能です。歯科治療などにも使用される笑気ガス吸入なら、安全性も高くリラックスしながら施術が受けられます。また、局所に使用する麻酔クリームもあります。

まとめ

医療脱毛とサロン脱毛には大きな違いがあります

同じ「脱毛」でも、医療機関とサロンでは大きな差があります。最も大きな違いは、医療機関で使用する機械が、厚生労働省に認可を受けたものであることです。一方サロン脱毛の機械は認可を受けておらず、医学的なデータもありません。

レーザー脱毛は「医療行為」と考えられています

医師法では、皮下に作用する行為は全て「医療行為」とされており、レーザーによる医療脱毛もこれに当たります。そのため、毛根を破壊して永久に発毛を止める医療脱毛は、医師と医療従事者にしか行えません。

医療用レーザーであれば毛根が完全に破壊される

医療用レーザーは強力な光のパワーで毛根を破壊するため、二度とその毛穴からは発毛しません。しかし、サロン脱毛の場合はパワーが弱いため毛根を破壊することができません。スキンケアの一環であり、効果は減毛と抑毛のみになります。

どのような痛みがあるのか

医療レーザーは出力がハイパワーなので、照射部位に刺激や痛みを感じることがあります。ただし、その程度には個人差があり、部位によってもさまざまです。医療機関であれば、痛みを軽減する施術方法が選べます。

湘南美容クリニックにはあなたに合う治療法を多数ご用意しています

医療脱毛実績400万件以上!

監修医情報

監修医情報はこちら

運営者情報

運営クリニック 湘南美容クリニック 新宿本院
住所 〒163-1324 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ 0120-5489-40
院長 中村 大輔 医師