症例写真(No.286000)

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさをかえるような処理は一切おこなっておりません。

片岡二郎 医師

No.286000【二重・二重整形】40代男性・眼瞼下垂症の改善 『眼瞼下垂+二重』手術直後

施術前

眼瞼下垂にお悩みでした。
→

施術後術直後

『眼瞼下垂+二重』MD式・たるみ取り併用 手術直後
→

施術後抜糸直後

術後1週間(抜糸直後)
すべての画像を見る

施術した院

部位

施術

施術回数

数量

性別

施術担当者からのコメント

40代男性のお客様です。

眼瞼下垂症+一重まぶたの状態です。その結果、眉毛挙上は強く上まぶたの凹みも目立ちます。

今回『眼瞼下垂+二重全切開(MD式・タルミ取り併用)』手術を行いました。

手術直後の状態です。

お客様のご希望にて、控えめの二重幅(6mm)にてデザインしました。
タルミの皮膚切除幅は5mmとして、不自然さが出ないデザインとし、今後タルミが気になる場合は眉下切開も視野に入れております。

挙筋腱膜の癒着を認めたため癒着を解除して開瞼抵抗を減らし、挙筋腱膜とミューラー筋を剥がし挙筋腱膜外側(lateral horn)を解除した上で挙筋腱膜を前転してます。

また挙筋腱膜と瞼板の固定には、吸収されにくいアスフレックス糸を使用することで緩みが少なくなります。

執刀医 
片岡二郎 医師・医学博士/美容外科専門医(JSAS)
湘南美容クリニック新宿本院勤務/技術指導医
医師歴26年(脳神経外科歴10年・美容外科歴16年)

関連リンク