クリニック案内 東京都のクリニック 湘南美容クリニック 赤坂見附院 特集記事 【裏ハムラ法】クマ取りの達人、形成外科専門医石川医師が徹底解説します!クマの仕組みからメリット・デメリット、脱脂+脂肪注入との違いについて

赤坂見附院メニュー

SPECIAL特集記事

【裏ハムラ法】クマ取りの達人、形成外科専門医石川医師が徹底解説します!クマの仕組みからメリット・デメリット、脱脂+脂肪注入との違いについて

2023.9.19

石川医師の解説石川医師の解説

形成外科の説明会から大学での指導まで多岐に渡って活躍する美容外科歴10年以上の赤坂見附院(東京都)院長の石川医師がクマ取りの裏ハムラ法について徹底解説します。顔面の解剖を知り尽くした形成外科専門医だからこそ、伝えられる裏ハムラについてのメリット・デメリットをお伝えしますので、最後までお読み下さい。

石川医師の無料カウンセリングを予約

裏ハムラとは?

WHAT 01

裏ハムラ法とは?

裏ハムラ法とは?
目の下の影クマは以下の4要素から成り立ちます。
①目の下の凹み:脂肪、骨の凹み
②膨らみ:眼窩脂肪の膨らみ
③引き込み:靭帯の引き込み
④皮膚のたるみ

この4要素に分けられます。

裏ハムラ法はこのうち①~③の全てに対応できます。
つまり目の周りの眼窩脂肪が飛び出している膨らみを、
骨についている靭帯を剥がして、下の凹んでいる部位にずらすことで効率的にクマを改善する手術が裏ハムラ法になります。
\無料カウンセリング受付中/
まずはMYSBCへログイン又は会員登録が必要です

WHAT 02

脱脂・脂肪注入とは?

クマ取り治療で一般的に行われる治療です。
そのうち②の目の下の眼窩脂肪の膨らみに対応できるのが脱脂術です。
ただ脱脂術だけだと凹みが残り、皮膚がたるんで皺が増える可能性が高いため、脂肪注入を併用します。
先程の分類だと①の凹みに対応することができるのが脂肪注入です。

石川医師の裏ハムラ法のメリット

MERIT 01

裏ハムラのメリット

裏ハムラは術者によって千差万別で、難易度も多く変わってきます。
石川先生のこだわりと合わせてメリット・デメリットをお伝えします。
同時に3つを治すことができるのが裏ハムラのメリットです。
脱脂は膨らみだけ、脂肪注入は凹みだけを治すので
それぞれ別の手技が必要となり、逆に費用がかかってしまします。
眼窩脂肪を血流がある状態で無駄なく移動するため、100%定着します。
他から持ってきた脂肪を移植した場合定着率は個人差が多く30-70%と言われ、すべて生着するわけではありません。
そのため多く吸収されすぎた場合はもう一度脂肪を注入しなければいけません。
そういうリスクが少ないのが裏ハムラになります。
脱脂術はどんなにうまい先生でも適切な量を取ることは実は困難でもあります。
眼窩脂肪は取りすぎると、そこの部分がへこむだけでなく、眼球が下がり、上瞼も凹んできます。
裏ハムラの場合は出ている部分だけを移動させるためそのリスクが極めて少なくなります。
また移動させただけなのでやり直すこともできるのが良い利点です。

MERIT 02

その他!形成外科専門医だからお伝えできるメリット

目の下の靭帯の引き込みは目の周りの筋肉(眼輪筋)を引き止めている効果があります。
そのため笑ったときなど線が濃く出たり、上まぶたの開きが悪くなってしまいます。
その靭帯を外し筋肉の動きを良くすることで、頬が上がったり、目の開きを良くする効果があります。
特に石川医師の手技ではより昔の自分に戻れるようなチークリフトなどの手技を追加することでより頬が持ち上がります。
脱脂術は膜は緩んだまま、眼窩脂肪を取る施術のため奥から脂肪が押し出されて再発する可能性があると言われています。
石川医師の隔膜タイトニングという方法では膜を引き締めることで脂肪がでにくいようにせき止める役割を果たしています。
石川医師はNOライト、NO加工で行います。術前と術後は同条件で撮影しています。
靭帯が強い場合は、外側まで脂肪の膨らみと、引き込みの強い線が出ている場合があります。
その場合にも線を取り除くことができるのが裏ハムラとなります。

裏ハムラ法のデメリット

DEMERIT 01

裏ハムラのデメリット

裏ハムラは眼窩脂肪を取り除くだけの脱脂術とは異なり、眼窩脂肪も移動させる方法となります。
ただ狭い手術の視野で深いところまで脂肪を移動させるにはかなりの技術が必要となります。

石川医師は形成外科専門医としてさらに高難度の手術をこなしていた経験から、
クマ施術は脱脂術や切開ハムラ、アイバックリムーブなどすべての手術を難なく行うことが可能のため技術力なども担保されています。
前述した④の目の皺には対応することが困難のため、皺が強い人には皮膚切除を勧めることがあります。
ただ、少しの皺はナノリッチと呼ばれる幹細胞治療を行うことで、皮膚の再生能力を上げ、小じわを治す治療を行うことで解消されることがあります。
またナノリッチは目の周りの青・赤クマにも対応することが出来ます。
青・赤クマは皮膚が薄くなったり、血流が悪化することで認められます。
ナノリッチを注入し、皮膚の再生能力や血流を改善することで色クマも改善を認めます。

石川医師の裏ハムラがおすすめの理由

REASON 01

なぜ石川医師が選ばれるのか

目の下の膨らみの原因である眼窩脂肪がでてくることで眼窩隔膜は伸びてしまい再発し易い状態になります。
ただ脂肪だけを移動させる場合は再発のリスクは避けられません。
眼窩隔膜をピンと張ることで再発を予防することが出来ます。
さらに再発を予防する工夫をいくつか行っております。
目周りの骨の上にはSOOFという脂肪層とDNLFという脂肪の層があります。
それらを剥離することで目の下の凹みに更に対応することが出来ます。
将来的な脂肪の下垂にも対応することができ、ほうれい線にも対応が可能となります。
\クマ取りで−10歳/
MYSBCへログイン又は会員登録後、クリニックは「赤坂見附院」を選択してください

before
1month

before
1month

石川先生について紹介

INTRODUCTION 01

赤坂見附院の石川医師ってどんな医師?

赤坂見附院の石川医師ってどんな医師?
形成外科専門医として大学病院で研鑽を積み、数多くの難しい治療をこなしてきました。
毎日の日課である論文を読むことで数多くの施術の引き出しがあり、
お客様に合わせたカスタムメイドの治療を可能としています。

また形成外科専門医としてあらゆる術後経過やトラブルにも安心安全にサポートすることができます。
術後のアフターケアも万全です。
「裏ハムラ」についてYoutubeでも詳しく解説しています♪

DOWNTIME 02

裏ハムラのダウンタイム / おすすめの過ごし方

・なるべく顔を高くすること
・術後2日は冷やすこと
・可能なら腫れているところは圧迫をしていること
・内出血がでた場合は術後4日目くらいから温め始める

DOWNTIME 03

ダウンタイムの隠し方

大きめのメガネやメイク、マスクをすることがおすすめです。
「裏ハムラのダウンタイム」についてYoutubeでも詳しく解説しています♪
\無料カウンセリング受付中/
まずはMYSBCへログイン又は会員登録が必要です
特集一覧に戻る

CLINICクリニック案内

所在地 東京都港区赤坂3-21-13 キーストーン赤坂ビル6F
診療時間 AM10:00~PM7:00
※休診日:木曜日
アクセス 【銀座線・丸ノ内線】赤坂見附駅 徒歩2分
【千代田線】赤坂駅 徒歩7分
【半蔵門線】永田町駅 徒歩8分

湘南美容クリニック赤坂見附院では、二重整形や医療脱毛、若返り治療、医療ハイフ、ダーマペン、シミ取りレーザーなどの美容皮膚科まで幅広い施術をご提供しています。
信頼の証、スタッフからの指名が殺到している形成外科専門医、石川医師の得意とする眼周り切開と、女医による女性のお悩みに寄り添った治療が当院の特徴です。
東京メトロ丸ノ内線「赤坂見附院」より徒歩2分、お仕事帰りにも寄りやすい駅近の好立地です!
まずはお気軽に、お電話もしくはメールにてお問い合わせください。

監修医師紹介

石川 昴央 医師
赤坂見附院院長
石川 昴央 医師
保有資格
日本形成外科認定専門医/日本創傷外科学会正会員/日本マイクロサージャリー学会正会員/日本レーザー医学会正会員/日本フットケア・足病医学会正会員/日本足外科学会正会員
経歴
2012年 千葉大学医学部卒業
2014年 東京女子医科大学形成外科学 入局
2015年 国立病院機構災害医療センター勤務
2016年 川口市立医療センター 勤務
2017年 社会医療法人かりゆし会 ハートライフ病院 勤務
2018年 東京女子医科大学東医療センター 助教・外来医長
2018年 大手美容外科 勤務
2022年 湘南美容クリニック 入職
2023年 湘南美容クリニック赤坂見附院 院長就任

SBCメディカルグループ クリニック一覧

北海道

東北地区

東京

関東

ゴリラクリニック クリニック一覧

リゼクリニック クリニック一覧

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。