豊胸のお悩みに中村医師がお応え!

湘南美容グループ統括院長/SBC豊胸最高責任者/
新宿本院院長

中村 大輔 医師

はじめまして。湘南美容クリニックで豊胸最高責任者を努めております、中村大輔です。このページでは豊胸術をお考えの方に、安心とご納得を頂いた上であなたに合った一番良い方法で豊胸術をお受け頂けるように大切なポイントをご紹介したいと思います。胸が小さくて自信が持てない・・・授乳が終わってしぼんでしまった胸にため息・・・お陰さまで沢山のお客様から、様々なご相談を受けてきましたのでそんなコンプレックスを解消しましょう。
同じお悩みをもった1000人以上の女性に選ばれた「自然で美しく柔らかなバスト」=美バストが手に入る、本当のバストアップ術をお教えします!

症例数5,000 件突破!その実績からメディア出演・掲載も多数

2016年6月の時点で、中村医師の症例数は累計5,000件を突破しました。その症例には勿論、当院のスタッフから指名を受けた手術なども含まれ、その症例数の多さは安心の証とも言えるでしょう。その実績の高さからメディアにも多数出演しています。

姉ageha2014年1月号

中村大輔医師が取材を受け、モデルの方に対してヒアルロン酸注入などの治療を始めとした施術をさせていただきました。

姉ageha2014年3月号

中村大輔医師が取材を受け、モデルの方に対してヒアルロン酸注入などの治療を始めとした施術をさせていただきました。

TBS「私の何がイケないの?」2014年4月28日

中村大輔医師が出演し、Qスイッチルビーレーザーをご紹介させていただきました。

TBS「私の何がイケないの?」2014年1月13日

「メスを使わない整形SP」で美容整形に関するコメントをさせていただきました。

月間60件以上の豊胸手術を担当し、さらなる技術習得を重ねています

手術こそ、日々行わなければいけないものです。中村医師の豊胸術の月刊手術件数は60件を超えています。コンスタントに手術を行い技術向上に務めるとともに、豊胸術の世界的権威である医師とのコミュニケーションやセミナー参加などの努力を欠かしません。

  • 写真左/Dr.ホヤスとの共同手術の様子
  • 写真右/脂肪注入の世界的権威Dr.コールマンと

美しいバストに仕上げるにはデザインが最重要です

バストは、「ただ大きくするだけ」では美しくなりません。お一人おひとりに合わせたデザインとバランスを計算しながら、バストを美しく見せるポイントをしっかり理解し、魅せる必要があります。

デコルテ部のハリ

加齢によってそげてしまう「デコルテ部分」も悩みの多い部分。ここに注入しすぎると男性的になりますが、適度なら美しいハリが出て若々しい印象のバストに。ボリュームアップした胸と自然につながるようにデザインし、本物より美しいラインへ。

内側のボリューム

バスト外側への脂肪注入量を調整し、バストの外側に土台を作ることで、バストが外へ離れず、内側にボリュームがあり前へ突き出した美しい形へ。

谷間の立体感

谷間側をバストアップできる唯一の方法は「脂肪注入豊胸」です。安全な範囲内で最大量を注入し、綺麗な谷間を作ります。特に皮下への注入量を増やすことで立体感を出すことが可能です。

下部のまるみ

乳腺下・筋層下・皮下への脂肪注入の微妙なバランス調整で、見事なバスト下部の曲線と丸みをお出しします。アンダーとトップの差が明確に。

豊胸をお考えなら、ご自身の脂肪を利用する脂肪注入豊胸をおすすめしています。もともと自分の体の一部を胸に移動させるので体への負担や、見た目、触り心地も自然そのものです。脂肪注入豊胸にもいくつか種類がありますが、新宿本院では、最新の「セルーション豊胸術(幹細胞豊胸)」をお受け頂けます。

幹細胞とは、「新しい脂肪」や血管などに分化(変身)したり、自らを複製する能力持った細胞です。この幹細胞をバストに注入するとで、長期間安全にバストアップ効果持続させる、素晴らしい働きをしてくれます。もともと幹細胞は脂肪の中に存在しているものですが、幹細胞に素晴らしい働きをさせるためには、1度脂肪から幹細胞を分離させる必要があります。
幹細胞を分離することで、幹細胞の働きにスイッチが入り、初めて”活性化”します。活性化した幹細胞を脂肪と混ぜて注入することで、初めて脂肪の吸収や壊死、しこり化を防ぎ、長期的にバストアップ効果が持続されるようになります。

痛みの心配や恐怖心が強い方も安心して手術をお受けいただけます

当院にいらっしゃるお客様でも、やはり「痛いのではないか」「怖い」という心配な気持ちが強い方もいらっしゃいます。

監修医師紹介

兼井 陽子 医師

大阪駅前院院長

兼井 陽子 医師

保有資格
VASER脂肪吸引認定医
経歴
2005年大阪大学医学部医学科卒業
大阪大学医学部付属病院にて臨床研修
(免疫・アレルギー・内分泌内科/呼吸器・老年・高血圧内科/呼吸器外科/麻酔科)
2006年池田市立病院にて臨床研修
2007年湘南美容クリニック勤務
2019年湘南美容クリニック 大阪駅前院院長就任
中村 大輔 医師

湘南美容グループ統括院長

新宿本院院長

兼 SBC豊胸最高責任者

中村 大輔 医師

保有資格
美容外科専門医(JSAS)/日本美容外科学会会員/日本整形外科学会・専門医/アメリカ心臓学会ACLS プロバイダー/VASER脂肪吸引認定医(脂肪吸引最高位)/4Dスカルプ認定医(ボディメイク)
経歴
2000年神戸大学医学部医学科卒
東京大学医学部整形外科入局
東京大学医学部附属病院勤務
2001年東京大学医学部附属病院分院麻酔科勤務
東京逓信病院勤務
2002年東京都リハビリテーション病院勤務
2004年都立府中病院勤務
2006年水戸赤十字病院勤務
2007年湘南美容クリニック勤務
ANNEX院 院長就任
2009年池袋院 院長就任
2013年新宿本院 院長就任
2014年湘南美容グループ副統括院長に就任
2018年湘南美容グループ統括院長に就任

豊胸・豊胸術・乳首ページをご覧の皆様へ

このページでは、胸を大きくしたい、胸の形で悩んでいる、胸が垂れてしまった等、豊胸や乳首に関するお悩みに対して、湘南美容クリニックが提供している施術内容や料金、ダウンタイム、保証サービス等をご確認頂けます。また、当院で実施した豊胸術・乳首整形に関する症例写真を数多く公開し、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。
湘南美容クリニックが行う豊胸術は、大きくわけるとヒアルロン酸を使ったもの、バッグを使ったもの、ご自分の脂肪を使ったものという3パターンに分けられます。医師がお客様のお悩みや要望、お身体の状態などをカウンセリングを通じてしっかりと判断し、適切な治療をご提案させていただきます。そのため、ご要望の治療ができない場合や生涯においてお客様の健康を害する危険のある治療だと医師が判断した際は、施術をお断りする可能性がございます。あらかじめご了承ください。
我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に豊胸の治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

TV放映情報

2019.12.17KTV

「訳あり人の駆け込み寺」

新宿本院 居川和広医師が悩める女性が美容整形を決断に出演しました。
2019.12.18UX

「スーパーJにいがたプラス」

新潟院 深江邦彦医師がシワ取り注射についてコメントしました。
2019.12.26HAB

「北陸ビジネスサテライト」

金沢院 円戸望医師が二重術についてコメントしました。