佐々木愛子医師

佐々木 愛子 医師

みなさま、こんにちは!
ご覧いただきありがとうございます。
横浜市立大学医学部卒、形成外科出身の佐々木愛子と申します。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

私は今まで形成外科医として大学病院やこども病院でたくさんの顔の手術を行っていました。
大学病院では、癌で顔の1/4を切除した方や乳がんで胸を切除した方の再建手術を行い、こども病院では、目・鼻・口などの奇形を持って生まれた赤ちゃんの顔の手術を毎日しておりました。
形成外科で扱う手術は、基本的に肉眼では見えないような糸で微調整を行う、ミクロの世界です。顔の解剖も熟知が必要で、実際の手術を行いながら長年かけて知識・技術を身につけてきました。

しかし、形成外科として様々な患者様を診察していたころ、見た目に関して保険診療の範囲では対応困難なご要望も多く葛藤することがありました。

同じ体の悩みを抱えているのに解決できないのはおかしいですよね?

今後は、形成外科・美容外科両方の視点から見た目の治療をする外科医として今まで以上に皆様のご要望に応えていきたいと思っています。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

美容というと少し手を出しにくいと思う方もいるかもしれません。

現代の日本は医療の進歩により、たくさんの方が健康で長生きをできるようになっています。次のステップとして生活の質・人生の質を求める方も実は結構多いです。

一度きり、自分だけの人生だからこそ、コンプレックスや悩みから解放されて、自分をもっと好きになりませんか。
皆様がもっと笑顔で輝けるように、正しい知識と経験を総合した真面目な美容医療をご提案いたします。

経歴

横浜市立大学医学部医学科卒業
横浜医療センター 形成外科、整形外科、救急科など
神奈川県内大学病院形成外科 入局
神奈川県内病院 5箇所以上に形成外科医として勤務
某大手美容クリニック 美容外科所属
湘南美容クリニック入職

備考

学会発表・論文掲載歴

口唇形成術後のトラニラスト内服によるstevens-johnson症候群が疑われた一例
日本口蓋裂学会雑誌 45巻2号 page138(2020.5)
膿胸開窓術後の広範な胸腔皮膚瘻に対し、胸郭形成を行った一例
共済医報 66巻suppl. Page89(2017.10)
など

佐々木ドクターってこんな人

趣味猫、勉強、旅行、スイーツ巡り