ナチュラルホルモン療法について

  • 治療の効果
  • 治療の流れ
  • ホルモンの種類
  • 料金
  • クリニック案内

ホルモンとは?

ホルモンは体温・生殖・成長・老化・免疫システムなど、体の様々な機能を制御・調整しています。生体のホメオスタシス(恒常性)を保っています。ホルモン分泌量が最適であれば、若さや健康は保たれますが、加齢と共にホルモン分泌量は減少してしまうのです。

老化とホルモン

私たちが年を取ると、ホルモン産生を調節している、脳下垂体などの機能が低下します。加齢に伴いホルモンが減少すると、様々な老化の兆候が現れます。疲労、筋肉の縮小、筋肉と関節の痛み、心疾患、体重増加、ガン、脳卒中などの老化現象の多くは実がホルモン分泌量の減少によるものです。
加齢による減少するホルモン…20代後半~30代前半が理想のホルモン量であり、40代に入ると一気に減少していることが分かります。

老化とホルモン

ナチュラルホルモン療法とは?

ホルモンアンバランスや不足を、1~2種類のみのホルモンで解決する従来の方法とは違い、低下している全ての種類のホルモンを補充し、バランスを取ることで、全身の機能を高めようとする、より安全で効果の高い新しい分野の治療法です。ホルモンバランスを、理想的な20代後半~30代前半の状態に戻すことで、見た目も健康的に美しく、身体的にも精神的にも、若々しくいることができるでしょう。

ここでいう、「ナチュラル」とは、身体にとって「ナチュラル」なホルモン、つまり、身体の中に元々あるホルモンと、化学的に全く同じホルモンのことを指し、英語でbioidentical(バイオアイデンティカル)といいます。

植物から抽出されたり、合成的に調合されるバイオアイデンティカルホルモン(人間の体に自然に存在していて、化学的に構造、作用が解明されているホルモン)のことで、人間の生体構造と全く同一のホルモンです。そのためヒト固有のホルモンと同様の生理作用をもたらします(人体にぴったり合う化学構造になるように作られています)

その反面、合成ホルモンは可能な限り天然の状態に近づけるよう作られていますが、分子構造の違いがあり、人体で作られるホルモンとは適合しないため、副作用や潜在的な害を生み出す要因にもなっています。悪影響が報じられているのは主に合成ホルモンです。

ホルモンとは私達の体の内分泌系から生産され体内のあらゆる場所に送り出され、体温・生殖・成長・老化・免疫システムなどを調整しています。
ですが加齢とともに分泌量が減少したり、バランスが乱れることで体へ様々な悪影響をもたらします。
ナチュラルホルモン療法は足りないものを補い全体のホルモンバランスを整え修正を行い、若い頃のホルモンレベルに戻すことでより長くより精力的に充実した人生を送るための治療です。

ナチュラルホルモン療法とは

ナチュラルホルモン療法の効果

ナチュラルホルモン療法の効果

ナチュラルホルモン療法の流れ

Step.1

お電話・またはメールで来院予約

予約は必須です
当日のお持ち物や注意事項をご案内します

お電話・またはメールで来院予約
Step.2

予約日に来院

問診票に記入し、医師とカウンセリング
採血してアメリカで検査いたします(結果は2週間後)

※当院医師の診療と合わせて、ホルモン補充療法の
第一人者・ニール医師にもコンサルテーションを委託

予約日に来院
Step.3

血液検査の結果を聞きに再来院

検査の結果について、医師の説明を受ける

血液検査の結果を聞きに再来院
Step.4

治療の開始

治療を始める場合、結果を元に薬を発注いたします
(3ヶ月分)

治療の開始
Step.5

フォローアップ

投薬開始から2か月後、経過観察のため来院していただきます
定期的に採血を行い、体調や効果を見ながら今後についてお話させていただきます。

フォローアップ

ナチュラルホルモン療法で
補えるホルモンの種類

クリップ

DHEA
(デヒドロエピアンドロステロン)

体内に最も多く存在するホルモン。「ホルモンの母」とも呼ばれ、直接人体に働きかけるだけでなく、体内でテストステロン・エストロゲン・プロゲステロンに変化します。

プレグネノロン

アレルギー反応の低下・ストレスの・緩和関節炎の減少に効果があるとされています。また記憶力を高め、気分を向上される効果もあります。

メラトニン

必須ホルモンリストには絶対に欠かせない存在であり、脳の松果体で合成されます。深い眠りの周期や24時間周期のリズムを調整する働きがありますが、年齢とともに減少し、不眠症や睡眠障害を引き起こします。

エストロゲン
(卵胞ホルモン)

更年期症状を食い止めるホルモンとして有名です。脳卒中・高コレステロール・心臓病・胃がん・アルツハイマー・記憶力の低下・骨粗鬆症・子宮委縮・筋委縮・うつ・情緒不安定などのリスクを低下させる効果があります。

プロゲステロン
(黄体ホルモン)

エストロゲンと相乗的に働くホルモンです。エストロゲンとの協同作用として骨粗鬆症・心臓病・うつ病・子宮がん・子宮委縮・老化に伴う様々な症状を食い止め、精神を安定させ幸福感を高めます。

テストステロン

骨密度と骨形成を高め、エネルギーや性欲を増進させます。また体脂肪を減らし、筋肉の増強と成長を促し、血圧を下げる効果、柔らかで滑らかな肌を保つ効果があります。

サイドロホルモン
(甲状腺ホルモン)

甲状腺ホルモンとも呼ばれ、年にわずか小さじ1杯程度しか製造されませんが、このわずかな量で体を丸ごと変えるほどの力を持っています。効果として体温・エネルギー・代謝・大脳機能を調節します。また脂肪を分解して体重とコレステロール値を減少させます。

ヒト成長ホルモン

タンパク質の合成促進(筋肉や髪を作る)や、身長を伸ばしたり、肌を整えたり、代謝を促進する作用があります。

ナチュラルホルモン療法の料金

Aさんの場合(51歳女性)

Aさんの場合(51歳女性)

【症状】疲れが残りやすいので改善したい。

処方薬用量期間価格(税込)
DHEA SR カプセル10mg3か月分27,990円
プロゲステロンカプセル200mg3か月分67,240円
甲状腺ホルモン1.25gr3か月分44,880円
合計(税込)
140,110円

Bさんの場合(51歳女性)

Bさんの場合(51歳女性)

【症状】いくつになってもアクティブに活動したい。

処方薬用量期間価格(税込)
DHEA SR カプセル10mg3か月分27,990円
プロゲステロンカプセル200mg3か月分67,240円
テストステロン
バージニングクリーム
20mg32,410円
甲状腺ホルモン1gr3か月分44,440円
合計(税込)
172,080円

Cさんの場合(39歳女性)

Cさんの場合(39歳女性)

【症状】アンチエイジングのため、快適な安眠をしたい。

処方薬用量期間価格(税込)
メラトニン SR カプセル3mg3か月分26,210円
甲状腺ホルモン1gr3か月分44,440円
合計(税込)
70,650円

※価格は予告なく、変動することがあります。予めご了承ください。
※処方される薬の種類や量は個人差がありますので、詳細はクリニックへお問い合わせ下さい。
※薬の処方は全て3ヶ月分となります。

※初診時に、50,000円 (血液検査、一年間のコンサル料含む)が必要となります。
また、英語の処方箋翻訳費 5,000円(※必要な方のみ)、定期採血代 15,000円(※必要な方のみ) が必要になる場合があります。

クリニック案内

西新宿整形外科クリニック

西新宿整形外科クリニック

東京都新宿区西新宿7-21-3
西新宿大京ビル7階
(西新宿駅徒歩2分)

0120-962-992

湘南AGAクリニック 新宿本院

湘南AGAクリニック 新宿本院

東京都渋谷区代々木2-2-13新宿TRビル4階
(JR新宿駅南口徒歩4分)

0120-5489-11

その他の特殊治療ページをご覧の皆様へ

このページでは、でべそや耳の整形等について、湘南美容クリニックで提供している治療内容や料金等がご確認頂けます。また、当院で実施したでべそなどの症例写真を数多く公開し、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。

我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2020.1.10ABC

「キニナリーノ」

大阪京橋院 岩脇槙佑医師が二重術についてコメントしました。
2020.1.14ITC

「みるこっちゃ」

金沢院 円戸望医師が二重術についてコメントしました。
2020.1.15KSB

「にこまるinfo」

岡山院 木田光則医師が目の下のたるみ取りについてコメントしました。