シェービング法

シェービング法

シェービング法症例実績
3,6362018年10月現在

シェービング法が人気の理由

  • 傷が目立ちにくい
  • 短時間で施術が終わる
  • 術後のダウンタイムがない

シェービング法とは

小さな傷から、シェービング機もしくは吸引機を用いて、臭いの原因であるアポクリン汗腺を削り取り、吸引します。皮膚の合併症も少なく安全な方法です。においの程度は軽く、傷も小さく抑えたいという方におすすめで、30分であなたの悩みを解消します。
気になる服の黄ばみも弱くなります。 軽度のわきがの方、手術をためらっていた方へもおすすめします。

シェービング法はこんな方に適しています。

  • ・臭いレベルが軽~中度の方
  • ・傷跡を目立ちにくくしたい方 
  • ・手術したことは内緒にしたい方
  • ・ノースリーブや水着で、腋の下をよく出す方
  • ・今まで手術をためらっていた方

エクスパレル麻酔<OPTION>

エクスパレル

術後72時間痛みを抑える麻酔をオプションでご用意しております。
この麻酔を使用すると、痛みが最も出やすいとされる手術直後72時間、約3日間の痛みを抑えることができます。

※米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔。有効成分をリボソームと呼ばれるナノカプセルに含有することで少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。
世界中で乳房再建や消化器、整形外科などの外科手術で600万人以上の患者様につかわれております。

※悪心、嘔吐、発熱、便秘の副作用が出る場合があります。
※詳しい料金はお問い合わせください。


他治療との比較

≪≪左右にスクロールできます≫≫

シェービング法根こそぎベイザーシェービング法完全摘出法
傷跡脇横に1cm程度1cm程度ワキの筋に沿って4cm程度
効果
(★~★★★★★)
★★★★★★★~
★★★★★
★★★★★
施術時間40分40分120分
固定24時間48時間48時間
ダウンタイム1~2日3~4日1~2週間
腫れ
(★~★★★★★)
★★★★★★★★★
皮膚へのダメージ
(★~★★★★★)
★★★★★★★★★
通院回数1~21~21~2
抜糸1週間1週間1週間
持続性1年以上半永久的半永久的
洗顔---
メイク---
シャワー下半身→当日
上半身→3日
下半身→当日
上半身→3日
下半身→当日
上半身→3日
入浴1週間1週間1週間

ドクターがシェービング法をわかりやすく解説

赤尾医師

ワキの汗や臭いのお悩みに対する治療方法は色々ありますが、特にワキガの臭いでお困りな方にはこのシェービング法がオススメです。
この方法ではワキガの臭いの原因となるアポクリン腺を削り取るため、症状改善に高い効果を望めます。
一方で完全摘出方の様に大きな傷ができたり、術後の痛みや内出血などのダウンタイムが長いというデメリットもなく、術後1週間程度で個人差はありますが普通の生活に戻れるのも魅力の一つです。
ボトックスをしてもどうしても臭いが気になる方など是非一度カウンセリングにお越しください。

エリア統括ドクター 兼 池袋東口院院長 赤尾 健 医師

よくある質問

最初からあまり目立たない方も多いのですが、念のため2~3週間は隠せるように考えていただいた方が良いです。…

料金案内

軽度のわきがの方におすすめ

シェービング法

シェービング法
両わき155,920分割料金はこちら

安心保証制度

安心保証

監修医師紹介

竹田 啓介 医師

新橋銀座口院 兼 SBC脂肪吸引最高責任者

竹田 啓介 医師

保有資格
美容外科専門医(JSAS)/日本美容外科学会会員/日本麻酔科学会認定医/厚生労働省麻酔科標榜医/VASER脂肪吸引認定医/VASER HiDef専門医(湘南美容クリニック 認定医第1号)/4Dスカルプ認定医(湘南美容クリニック 認定医第1号)/VASER最高位ドクター(日本人初にして国内唯一の最高位ドクター)
経歴
2003年帝京大学医学部卒業
帝京大学医学部付属病院勤務
麻酔科
形成外科
救命センター
2004年湘南美容クリニック勤務
2006年千葉院 院長就任
2007年横浜院 院長就任
2018年8月新橋銀座口院 院長就任
赤尾 健 医師

エリア統括ドクター 兼 池袋東口院院長

赤尾 健 医師

保有資格
アメリカ心臓病学会 BLSプロバイダー/アメリカ心臓病学会 ACLSプロバイダー/アメリカ心臓病学会 ACLS-EP/アメリカ心臓病学会 PALSプロバイダー/アメリカ集中治療学会 MCCRCコース修了/日本集中治療研究会 FCCSプロバイダー/日本外傷診療研究機構 JATECプロバイダー/千葉県緩和ケア研修 修了/日本麻酔科学会 正会員/日本心臓血管麻酔学会 正会員/日本臨床麻酔学会 正会員/厚生労働省 麻酔科標榜医/日本麻酔科学会 麻酔科認定医/ベイザー脂肪吸引認定医/アラガンボトックス認定医/アラガンヒアルロン酸認定医/Algeness認定医/日本美容外科学会(JSAS)正会員
経歴
2013年慶應義塾大学医学部卒業
東京歯科大学市川総合病院(麻酔科、救急科、形成外科)
2015年慶應義塾大学病院 麻酔科
2016年済生会横浜市東部病院 麻酔科
2017年ハーバード大学医学部 Global Academy Course修了
湘南美容クリニック 入職
2018年湘南美容クリニック柏院 院長就任
2020年湘南美容クリニック池袋東口院 在籍・院長就任

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2020.7.28TBS

「この差ってなんですか?」

お尻のお悩みについて。
2020.8.1YTV

「あしあと」

大阪心斎橋院 植田一樹医師が10代の美容整形事情についてコメントしました。
2020.9.13フジテレビ

「美容(ビューティー)ゴッドハンド」

新宿本院 居川和広医師が日本最高レベルの美容整形ドクターが悩める女性を救うに出演しました。