ダブルマトリックスの詳細情報

女性の薄毛治療ダブルマトリックス薄毛治療の概念を覆す新治療
AGA新宿本院、AGA大阪院、AGA仙台院、AGA福岡院 限定

ダブルマトリックスが人気の理由

  • 自己組織を使用するから安全
  • 薬を服用しなくても治療できる
  • 気になる部分にピンポイント治療
  • 1回の施術で効果が期待できる

ダブルマトリックスとは

ダブルマトリックスとは、自身の健康な毛包組織を採取し粉砕機で非常に小さく粉砕します。これを溶かした懸濁液 (※)を治療部位に注入・散布する治療方法となります。 自身の健康な毛包組織と毛髪の成長因子を治療部位に与えることにより、 発毛促進毛髪改善を行う事が可能です。この治療法は火傷や傷跡の治療にも使用されています。

  • 懸濁液…粒子を液体中に分散させた液
自身の健康な細胞を採取

細胞を採取した後の見え方実例

髪の毛の長い人であれば、髪を下ろした時に採取部は見えません。

採取の痕

髪を下ろした見え方

粉砕機で懸濁液を作成

投与

気になる治療箇所に
集中投与

治療箇所全体に投与
することも可能

  • 集中投与と全体投与ともに注射量は4mlになります。

ダブルマトリックスでは、真皮と毛乳頭細も含めた皮下組織を採取します。真皮にある繊維芽細胞は、肌を構成するエラスチン・ヒアルロン酸・コラーゲンなどを生み出し真皮を再生する力があります。

真皮とは表皮と皮下組織の間の乳頭層と真皮網状層から構成される皮膚の層の事で、繊維性結合組織から構成されています。ダブルマトリックスは二種類の幹細胞を使うという意味が込められています。

ヘアーサイクル自体を正しく保つヘアーシグナルに注目!!

今まで男性型脱毛症(AGA)は、フィナステリド等の定期的継続的な処方を行わないと、DHT(男性ホルモンの変化したもの)の悪影響で (ヘアーサイクルにおける成長期が短くなり)薄毛の進行は止められないというのが、AGA治療の基本的な概念でした。

その為、健康上の問題や薬アレルギー等で処方自体が行なえない方には、植毛も含めて薄毛治療の提案が出来ない事は問題でした。 しかし今回は発想を転換してDHTをブロックするのではなく、ヘアーサイクル自体を正しく保つ”ヘアーシグナル”に注目しました。健康な髪の毛とその周囲にはこのヘアーシグナルがふんだんに含まれていて、これを少量採取してシンプルに注射することで、薄毛の改善が可能となりました。

更に注射した部位以外の健康な側頭部や後頭部の髪の毛さえも、改善してくれます。

AGAだけでなく、女性男性型脱毛症FAGAにも効果が見られます。ダブルマトリックスはAGA治療薬や自毛植毛との併用でも更なる効果が期待できます。

症例写真

症例写真

施術前

症例写真

1ヵ月後

症例写真

2ヵ月後

料金案内

料金表

※湘南AGAクリニック新宿本院、湘南AGAクリニック大阪院、湘南AGAクリニック仙台院、湘南AGAクリニック福岡院 限定
回数価格
(税込)
1回252,590円分割料金はこちら

監修医師紹介

笠井 敬一郎 医師

湘南AGAクリニック新宿本院院長

笠井 敬一郎 医師

保有資格
医学博士/日本脳神経外科学会・専門医/日本美容外科学会所属/国際毛髪再生外科学会所属(ISHRS)/日本臨床毛髪学会会員所属/日本抗加齢医学会所属
経歴
1984年島根医科大学医学部卒業
1986年東邦大学大橋病院脳外科勤務
1994年フランスマルセイユ大学神経放射線教室留学
1995年シカゴ大学脳神経外科学教室留学
1996年東邦大学大橋病院脳外科講師
2009年湘南美容クリニック勤務
斎藤 浩一 医師

湘南AGAクリニック大阪院院長

斎藤 浩一 医師

保有資格
日本美容外科学会専門医(JSAS)/(元)日本脳神経外科学会専門医/日本臨牀毛髪学会正会員/サーマ・クール認定医
経歴
1994年三重大学医学部卒業、同付属病院脳神経外科入局
2001年大手美容外科勤務、院長職
2009年湘南美容クリニック勤務
2016年湘南AGAクリニック大阪院 院長
藤井 傑 医師

湘南AGAクリニック仙台院院長

藤井 傑 医師

保有資格
日本内科学会認定内科医/日本美容外科学会/日本臨床毛髪学会/日本再生医療学会/日本がん免疫学会
経歴
2011年岩手医科大学医学部 卒業
2015年岩手医科大学付属病院 就職
2016年湘南美容クリニック入職
分山 博文 医師

湘南AGAクリニック福岡院院長

分山 博文 医師

経歴
2007年東京医科大学卒業
以降、総合病院を中心に外科、内科、皮膚科等を研鑽
2017年湘南美容クリニック入職
2019年湘南AGAクリニック福岡院院長就任
曽我 俊介 医師

湘南AGAクリニック
新宿大ガード院院長

曽我 俊介 医師

経歴
2012年3月弘前大学医学部医学科卒業
2014年4月名古屋大学医学部付属病院勤務
2016年4月湘南美容クリニック入職
2018年12月湘南AGAクリニック新宿大ガード院 院長就任

女性の薄毛治療ページをご覧の皆様へ

このページでは、女性の薄毛に関するお悩みについて提供している施術内容や料金、ダウンタイム、保証サービス等がご確認頂けます。また、当院で治療をされた女性の薄毛治療に関する症例写真を数多く公開し、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。

湘南美容クリニックでは、女性の加齢などからくる薄毛症状に対して、積極的に治療を行っております。女性の薄毛はホルモンバランの乱れによるものが大きな原因の一つとなりますので、治療以外にも生活環境の見直しなども必要になってきます。カウンセリングの際には、医師がお客様のライフスタイルをしっかりと確認し、適切な治療のご提案や生活の改善指導などもさせていただきたいと考えています。ご興味がありましたら一度当院までご連絡ください。

我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に女性の薄毛治療に関する施術内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2020.1.15KSB

「にこまるinfo」

岡山院 木田光則医師が目の下のたるみ取りについてコメントしました。
2020.2.21ABC

「キニナリーノ」

大阪心斎橋院 植田一樹医師が二重術についてコメントしました。
2020.2.22フジテレビ

「有吉ダマせたら10万円」

秋葉原院 名倉俊輔医師が整形シンデレラの執刀医としてスタジオ出演しました。