エラ切り・エラ削り・骨削り

エラ切り・エラ削り・骨削り

小顔整形(骨切り)症例実績
1,9802023年12月末現在

エラ切り・骨削りが
人気の理由

外から傷が見えない
小顔になれる
顔やせ効果あり

エラ切り・骨削りとは?

輪郭を作るのに重要な要素となるエラ。このエラは下顎骨の下顎角という部分が形作っています。下顎角が大きかったり、外側に広がっていたりすると、輪郭が大きく見えます。よく言う「エラが張っている」ということです。 ここが横に張り出していると輪郭が広がって四角い顔に見えます。 また横に広がっていなくても下顎角が大きい場合、 斜めや横から見た時のフェイスラインが大きく見えます。 下顎角の骨を切りることで、キレイな輪郭、シャープなVラインを作っていきます。

エラ切り・骨削りイメージ図1
エラ切り・骨削りイメージ図2

エラ切り・骨削りの
メリット・デメリット

メリット

  • 顔の輪郭がスッキリとした印象になる
  • 傷あとが目立たない
  • 手術時間が短く、入院の必要もない

デメリット

  • 手術後に皮膚がたるむことがある
  • 保険適用外のため治療費が高額になる
  • 全身麻酔が必要というリスクがある

エラ切り・骨削りの
施術方法

カウンセリング

エラの骨削りでは、下顎角の位置を上に移動させて、フェイスラインの傾きを強めてシャープな輪郭を作ります。
下顎骨の中には下顎管という管があり、三叉神経第3枝の下顎神経が走っています。この神経を傷つけないようデザインを行います。

この神経を傷つけないようデザインを行います。

下顎骨のサイズや神経の走行によっては、希望する骨切りラインを取れないこともあります。術前のカウンセリングでお客様と術者間の目指すゴールの擦り合わせを行っていきます。

下顎角がなくなるほど骨切りを行うと、やや不自然なフェイスラインとなります。より自然かつお客様の希望するフェイスラインに整えられるよう、カウンセリングや模型を用いた手術シミュレーションに時間を割くようにしています。

シャープなVラインを希望する場合は、エラの骨切りだけでなく、オトガイ骨切りも検討しなければいけません。 下顎角から切り下ろしてくるだけだと、アゴ先回りに変化がなく、 後方がスッキリした分、前方が太く見えることがあります。 アゴ先(オトガイ)も細くしたり、前方に出したりしながら、 エラと併せてVラインを整えることをお勧めします。

エラ切り・骨切りラインの
決定方法

切開は口腔前庭切開を用います。このアプローチは口の中だけの切開となりますので、外から見て傷はわかりません。下顎角を含むフェイスラインのデザインを決定する上で下顎角の位置と大きさ(厚さ)がポイントです。術前にお客様の希望するフェイスラインを問診しながら、CT画像とCTデータを基に作成される実物大3D模型を用いて、骨切りラインを決定します。

エラ切り・骨削りと脂肪吸引を
同時に行うことでたるみ予防に

下顎骨が厚く、幅広く見える場合は厚みを減らすために外板を削ったり、外板の切除を行い、前方から見たときにボリュームをコントロールします。

下顎角やオトガイ(アゴ)の骨切りを行うと、術後に皮膚のたるみを生じることがあります。骨切り手術に併せて頬やアゴ下+エラ下の脂肪吸引を行うと、たるみ予防ができます。 脂肪吸引は骨切り手術後3ヵ月以上経過したところで行うことはできますが、全身麻酔での骨切り手術と同時に行った方がダウンタイムも合わせることができるので、同時施術をお勧めしています。

ダウンタイム・
施術詳細(留意点)

術後の腫れは、1〜2週間程度でマスクをはずせる程度まで回復します。内出血や血腫は個人差があります。食事の制限はありませんが、口を大きく開いたり、硬いものを噛んだりするのは1週間程度は難しくなります。小さくきざめて、柔らかめのものを選んで食べることをお勧めしています。唇の感覚が低下するため、食事で熱いものが当たるのに気をつけてもらいます。

初めの5日間程度の過ごし方が重要です。寝ていると顔が腫れやすくなるので、昼間はなるべく身体を起こして過ごしてもらいます。

施術
時間
2時間
麻酔
方法
全身麻酔
入院
治療
入院なし
※ご希望により、近隣のホテルを手配いたします
ダウン
タイム
2~4週間

ドクターが
エラ切り・骨削りを
わかりやすく解説

エラ削りは下顎角を切除することでエラの張りをなくし、横から見たときのフェイスラインを滑らかにする手術です。さらに外板切除、咬筋切除をおこなうことでエラの横幅を減少させ、正面から見た時も細くすっきりとしたフェイスラインをつくります。

手術前にCT撮影を行い、それを基に下顎骨の3D模型を作ることでそれぞれの患者さんに応じたベストな骨切りをプランニングし、効果的で安全な手術をおこないます。

目や鼻などのパーツを整えてもエラに特徴があるとバランスがとれず、理想的な容貌に近づきにくくなります。エラの張りで頑固に見えてしまう方、どんなに痩せても下膨れが治らない方、下顎角形成術で改善できる可能性が十分にあります。
ぜひお気軽にカウンセリングにいらしてください。

内田悠記医師

新橋銀座口院 技術指導医
内田 悠記 医師

エラ切り・骨削りの
症例写真

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

料金案内

お写真・体験談モニター募集

小顔にしたい(エラ張り)

安心保証制度付き
エラ
小顔にしたい
エラ張り
下顎角形成術(エラ骨切り・骨削り)
1,322,030分割料金はこちら
1,057,620分割料金はこちら
793,200分割料金はこちら
オプション外板切除
+407,400
+325,920
+244,400
オプション咬筋切除
+305,550
+244,440
+183,300

Vラインを作りたい

安心保証制度付き
Vライン
Vラインを作りたい
1,627,590分割料金はこちら
1,302,070分割料金はこちら
976,500分割料金はこちら
Vライン、 オトガイ(アゴ)形成術(水平垂直含む)
1,729,440分割料金はこちら
1,383,550分割料金はこちら
1,037,600分割料金はこちら
  • Vライン、受け口セットについて※
  • 組み合わせによって価格が異なります
  • 組み合わせは無料カウンセリングおよび精密検査にて、最も適したものをドクターからご提案いたします。

上記の料金にプラスで 全身麻酔代:198,000円(税込)+検査代:55,000~160,920円がかかります。

  • 必要に応じて3D骨モデルを作成します
  • 3D骨モデル費用は検査代に含まれます

エラ切り・骨削りの
よくある質問

お客様から頂くよくある質問について
ご紹介します

術後の痛みはありますか?

術後は腫れがおさまるまでの間、しばらく痛みがありますので、鎮痛剤をお渡ししています。

術後どのくらい腫れますか?

術後2-3週間程度の腫れが生じますが、手術を行う部位によっても腫れ具合はことなります。1ヵ月程度でおおよその腫れは引きますが、術後3-6ヵ月かけて組織が引き締まり完成形となります。

どれくらいフェイスラインがほっそりしますか?

斜めや横顔からみると飛び出したエラがなくなり、正面から見てもほっそりとします。また、筋肉に対して咬筋切除や咬筋へのボトックスを併用することで、正面からみた顔やせ効果を相乗的につくることができます。

術後に日常生活での制限はありますか?

翌日からメイク等が可能になりますが、強く腫れている場合は控えた方が良いです。術後2週間くらいまでは、腫れが目立ちます。
また入浴は血行が良くなることで痛みや腫れが増すことがあるので、術後1週間後は控えた方が良いです。

安心保証制度

安心保証
安心保証

監修医師紹介

内田 悠記 医師

新橋銀座口院

内田 悠記 医師

保有資格
日本形成外科学会専門医 日本頭蓋顎顔面外科学会専門医/小児形成外科分野指導医/医学博士(千葉大学)/ボトックスビスタ施注資格取得/ジュビダームビスタ施注資格取得/日本形成外科学会会員/日本頭蓋顎顔面外科学会会員/日本顎変形症学会会員/日本美容外科学会会員(JSAS JPRAS)
経歴
2008年宮崎大学医学部卒業
2008年千葉大学医学部附属病院初期研修医
2010年千葉大学医学部形成外科・美容外科講座入局
2014年St. Louis university short term fellow (Craniofacial surgery)
2016年千葉大学大学院修了
2018年大手美容外科クリニック入職
2019年湘南美容クリニック入職
2020年湘南美容クリニック船橋院 院長就任
2021年湘南美容クリニック新橋銀座口院 技術指導医就任

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2023.4.18各局

ZIP、めざましなど

新CM発表会について取り上げられました。
2023.4.25フジテレビ

めざまし8

美容法コーナーで湘南美容グループ 皮膚科全体統括 西川礼華医師がなぜほうれい線ができるかなどを解説しました。
2023.6.22テレビ東京

じっくり聞いタロウ

湘南美容グループ 代表補佐 居川和広医師が美容整形についてスタジオ出演しました。