エラ切り・骨削りの詳細情報

小顔整形(骨切り)症例実績
1,9592018年10月現在

エラ切り・骨削りが人気の理由

  • 外から傷が見えない
  • 小顔になれる
  • 顔やせ効果あり

エラ切り・骨削りとは

輪郭を作るのに重要な要素となるエラ。このエラは下顎骨の下顎角という部分が形作っています。下顎角が大きかったり、外側に広がっていたりすると、輪郭が大きく見えます。よく言う「エラが張っている」ということです。 ここが横に張り出していると輪郭が広がって四角い顔に見えます。 また横に広がっていなくても下顎角が大きい場合、 斜めや横から見た時のフェイスラインが大きく見えます。 下顎角の骨を切りることで、キレイな輪郭、シャープなVラインを作っていきます。

手術は全身麻酔で行います。麻酔は麻酔科医が担当します。

切開は口腔前庭切開を用います。このアプローチは口の中だけの切開となりますので、外から見て傷はわかりません。下顎角を含むフェイスラインのデザインを決定する上で下顎角の位置と大きさ(厚さ)がポイントです。術前にお客様の希望するフェイスラインを問診しながら、CT画像とCTデータを基に作成される実物大3D模型を用いて、骨切りラインを決定します。

下顎骨が厚く、幅広く見える場合は厚みを減らすために外板を削ったり、外板の切除を行い、前方から見たときにボリュームをコントロールします。

下顎角やオトガイ(アゴ)の骨切りを行うと、術後に皮膚のたるみを生じることがあります。骨切り手術に併せて頬やアゴ下の脂肪吸引を行うと、たるみ予防ができます。 脂肪吸引は骨切り手術後3か月以上経過したところで行うことはできますが、全身麻酔での骨切り手術と同時に行った方がダウンタイムも合わせることができるので、同時施術をお勧めしています。

術後の腫れは、1〜2週間程度でマスクをはずせる程度まで回復します。内出血や血腫は個人差があります。食事の制限はありませんが、口を大きく開いたり、硬いものを噛んだりするのは1週間程度は難しくなります。小さくきざめて、柔らかめのものを選んで食べることをお勧めしています。唇の感覚が低下するため、食事で熱いものが当たるのに気をつけてもらいます。

初めの5日間程度の過ごし方が重要です。寝ていると顔が腫れやすくなるので、昼間はなるべく身体を起こして過ごしてもらいます。

エラの骨切りの醍醐味は下顎角の位置を上に移動させて、フェイスラインの傾きを強めてシャープな輪郭を作ることです。

下顎骨の中には下顎管という管があり、三叉神経第3枝の下顎神経が走っています。この神経を傷つけないようデザインを行います。

下顎骨のサイズや神経の走行によっては、希望する骨切りラインを取れないこともあります。術前のカウンセリングでお客様と術者間の目指すゴールの擦り合わせを行っていきます。

下顎角がなくなるほど骨切りを行うと、やや不自然なフェイスラインとなります。より自然でかつお客様の希望するフェイスラインに整えられるよう、カウンセリングや模型を用いた手術シミュレーションに 必要な時間を割くようにしています。

シャープなVラインを希望する場合、エラの骨切りだけではなく、オトガイ骨切りも検討しなければいけません。 下顎角から切り下ろしてくるだけだと、アゴ先回りに変化がなく、 後方がスッキリした分、前方が太く見えることがあります。 アゴ先(オトガイ)も細くしたり、前方に出したりしながら、 エラと併せてVラインを整えることをお勧めします。

ダウンタイム・施術詳細(留意点)

施術時間2時間
麻酔方法全身麻酔
入院治療入院なし
※ご希望により、近隣のホテルを手配いたします
ダウンタイム2~4週間

ドクターがエラ切り・骨削りをわかりやすく解説

エラ削りは下顎角を切除することでエラの張りをなくし、横から見たときのフェイスラインを滑らかにする手術です。さらに外板切除、咬筋切除をおこなうことでエラの横幅を減少させ、正面から見た時も細くすっきりとしたフェイスラインをつくります。
手術前にCT撮影を行い、それを基に下顎骨の3D模型を作ることでそれぞれの患者さんに応じたベストな骨切りをプラニングし、効果的で安全な手術をおこないます。
目や鼻などのパーツを整えてもエラに特徴があるとバランスがとれず、理想的な容貌に近づきにくくなります。エラの張りで頑固に見えてしまう方、どんなに痩せても下膨れが治らない方、下顎角形成術で改善できる可能性が十分にあります。
ぜひお気軽にカウンセリングにいらしてください。

辻堂アカデミア院院長 飯田秀夫 医師

症例写真

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

症例写真

Before

症例写真

After

料金案内

施術名価格
(税込)
SBCメンバー会員様はさらにお得楽天ポイント
エラ
小顔にしたいエラ張り
下顎角形成術(エラ骨切り・骨削り)1,322,030円分割料金はこちら
1ポイント
1円単位で
ご利用いただけます。
オプション外板切除+407,400円
オプション咬筋切除+305,550円
エラ
Vラインを作りたい
Vライン( 下顎角形成術(エラ骨切り・骨削り)1,627,590円分割料金はこちら
1ポイント
1円単位で
ご利用いただけます。
Vライン、 オトガイ(アゴ)形成術(水平垂直含む)1,729,440円分割料金はこちら

※Vライン、受け口セットについて※

  • 組み合わせによって価格が異なります
  • 組み合わせは無料カウンセリングおよび精密検査にて、最も適したものをドクターからご提案いたします。

上記の料金にプラスで 全身麻酔代:110,000~160,920円(税込)+検査代:55,000~160,920円がかかります。

  • 必要に応じて3D骨モデルを作成します
  • 3D骨モデル費用は検査代に含まれます

安心保証制度

安心保証

監修医師紹介

飯田 秀夫 医師

辻堂アカデミア院長

飯田 秀夫 医師

保有資格
日本形成外科学会専門医/日本美容外科学会(JSAPS)専門医/日本美容外科学会(JSAPS)正会員/国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member/医学博士(東京医科歯科大学)/サーマクール認定医
経歴
1992年東京医科歯科大学卒業
以降、同大学医学部、国立がんセンター、他総合病院にて皮膚科、頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽。
2007年東京医科歯科大学臨床教授
2009年リッツ美容外科東京院入職
2013年リッツ美容外科東京院院長に就任
2014年湘南美容クリニック 入職
前田 翔 医師

前田 翔 医師

保有資格
日本形成外科学会認定専門医/日本美容外科学会(JSAPS)正会員/日本創傷外科学会正会員/ボトックスビスタ認定医/ジュビダームビスタ認定医/下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
経歴
2010年香川大学医学部医学科 卒業
名古屋 中京病院(初期研修、形成外科)
2013年神戸大学医学部附属病院(美容外科、形成外科)
関連病院形成外科
2016年兵庫県立淡路医療センター形成外科医長
2018年湘南美容クリニック 入職

小顔整形・フェイスラインページをご覧の皆様へ

このページでは、レーザーや注射によるフェイスラインの美容整形施術やその他治療法、各種料金、治療毎のダウンタイム、保証サービス等がご確認頂けます。また、当院で実施したフェイスラインに関する症例写真を数多く公開しており、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。

フェイスラインへのお悩みをお持ちのお客様は数多くいらっしゃいますが、年々手術によるダウンタイムを気にされる方や、自然な仕上がりを望まれている方が増加しています。湘南美容クリニックではそういったお客様のお声を元に、レーザーや注射によってフェイスラインの印象を変える施術をご用意させていただきました。もちろん、手術によって大きく印象を変える治療法もございますので、お客様のお悩み、ご要望を経験豊富な医師に相談してみませんか。きっとコンプレックスを解消する手段が見つかるはずです。

我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉にフェイスラインに関する治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2020.1.15KSB

「にこまるinfo」

岡山院 木田光則医師が目の下のたるみ取りについてコメントしました。
2020.2.21ABC

「キニナリーノ」

大阪心斎橋院 植田一樹医師が二重術についてコメントしました。
2020.2.22フジテレビ

「有吉ダマせたら10万円」

秋葉原院 名倉俊輔医師が整形シンデレラの執刀医としてスタジオ出演しました。