ラクやせ外来(GLP-1ホルモン療法)サクセンダの詳細情報

WHATもう辛いダイエットで
失敗したくない方におすすめ

  • チェック01食事制限でストレスフルになり、
    ダイエットが長続きない
  • チェック02自宅やジムでの運動が苦手で、
    ダイエットが長続きしない
  • チェック03一時的なダイエットに成功しても、
    リバウンドしてしまう

痩せるホルモン「GLP-1」
体質から痩せやすくするため
ストレスなく
痩せることができます!

ABOUT痩せるホルモン「GLP-1」とは

GLP-1は、元々ヒトの体内に存在するホルモンで、食事をすることで、小腸から分泌されます。
しかしGLP-1の分泌量は人によって個人差があり、分泌量が少ない人は太りやすく、分泌量が多い人は痩せやすいというように、体質に影響をもたらしています。

食事をしてもなかなか満腹感を得られない 太りやすい

太りやすい反GLP-1の分泌量が少ない人は、胃腸での消化・吸収が早いため、なかなか満腹感を得られず、多く食事を摂取してしまう傾向にあるため、太りやすいと言えます。

食事量が少なくても満腹感を得られる、食欲も出にくい 太りにくい

太りにくい反対にGLP-1の分泌量が多い人は、胃腸での消化・吸収が穏やかなので、食事量が少なくても満腹感を得やすく、食欲も出にくいという特徴があります。

そのためGLP-1は
「痩せるホルモン」とも呼ばれ、
アメリカやヨーロッパでは、
肥満治療として承認されています。

POINTGLP-1の特徴

Point.1血糖値の急上昇を防止

食べたものは、胃から小腸へ移動し、小腸で吸収されますが、GLP-1には、胃から小腸への移動を遅らせる作用があります。早食いの人でもゆっくり食べているのと同じことになり、血糖値の急上昇を防止します。

Point.2自然に食欲を抑制

GLP-1には、食欲を自然に抑えるという作用があります。また食べ過ぎを防ぐことで、高血糖を予防できます。(血糖値が80以下においてGLP-1は作動しないため、低血糖症状の方でもご安心ください)

Point.3太りにくい体質に

持続的な処置により、体内のGLP-1濃度が上がり、無理なく太りにくい体質を得ることができます。

Point.4将来的な疾病予防にも

継続的な処置により、食後高血糖や肥満が原因となる様々な疾患を防ぐことができます。具体的には、脂肪肝の改善・心血管系の保護・腎機能保護・高炎症状態の改善(高炎症状態の代表格である気管支喘息が楽になったなど)・脂肪燃焼作用・膵臓の保護効果などの、将来的な疾患予防になると考えられています。

GLP-1ホルモン療法のメカニズム

GLP-1ホルモン療法のメカニズム

GLP-1の多彩な作用

GLP-1の多彩な作用

ADDITIONALLYGLP-1製剤「サクセンダ」とは

GLP-1製剤「サクセンダ」

サクセンダは、2014年12月にアメリカのFDA (米国食品医薬品局)で、抗肥満症薬として認可されたのを皮切りに、2015年2月にカナダ、2015年3月には欧州連合(EU)加盟28か国でも、肥満症の適応で認可を取得しているGLP1製剤です。

COMPARISON他治療との比較

内臓脂肪は、食事療法を始めとした
ダイエットでしか落とせません。

皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満
比較項目皮下脂肪内臓脂肪
蓄積する部位全身お腹(内臓)周り
見た目あらわれやすいあらわれにくい
落としやすさ消費が後回しになるので落としにくい優先的にエネルギーとして使われる
施術脂肪溶解注射/
医療レーザー/
脂肪吸引
ラクやせ外来
「GLP-1ホルモン療法」

脂肪吸引や痩身レーザーは落としにくい「皮下脂肪」の減少効果はございますが、健康上問題となる「内臓脂肪」の減少効果はございません。
「内臓脂肪」を落とすためには、食事療法を始めとした、いわゆるダイエットが必要です。

ラクやせ外来「GLP1ホルモン療法」では、自然に食欲を抑制しながら太りにくい体質に導くことができるため、ストレスなく、健康的に「内臓脂肪」を減らすことができます。

FLOW治療の流れ

ドクターによる診察
Step.1
ドクターによる診察

お悩みや、食生活などを伺いながら、お客様の体質・食生活に合わせて治療させていただきます。
ご不明な点などがあれば、お気軽にご相談ください。

採血
Step.2
採血
指導の下、お客様ご自身で注射
Step.3
指導の下、お客様ご自身で注射
11日~15日後を目安に予約を取っていただきご帰宅
Step.4
11日~15日後を目安に
予約を取っていただきご帰宅
再来院の際に副作用などを確認させていただき、問題なければ継続処方。
Step.5
再来院の際に副作用などを確認させていただき、問題なければ継続処方。
ご自宅で、お客様ご自身で定期的に注射いただく。
Step.6
ご自宅で、お客様ご自身で定期的に注射いただく。

処方量はドクターとご相談ください。

※SBC両国駅前内科・透析クリニックとは治療の流れが異なります。

\ご自宅での処方の流れをチェック!/

ご自宅での処方の流れをチェック!

PRICE料金

初回
初回
税込24,800円
税込24,800円

16日目以降も継続を希望される方

初回分の効果に合わせて、2種類の継続メニューをご用意しました。
選択するプランについては、医師とご相談ください。

スタンダードプラン毎日注射30日分
スタンダードプラン毎日注射30日分
59,800円(税込)
59,800円(税込)
スペシャルプラン 毎日注射30日分)
スペシャルプラン 毎日注射30日分)
79,800円(税込)
79,800円(税込)

Q&Aよくある質問

治療の副作用はありますか?

治療初期に胃部不快感・胃が張っている感じ・頭痛・便秘・下痢といった消化器症状がでることがあります。
ほとんどが続けていくことで慣れてきますが、1日1回タイプのものであれば投与量を減量し、徐々に体にならせていく方法などもあります。

治療の際、痛みはありますか?

とても細い針を使っているので、痛みはほとんどありません。
注射というと、採血をする際に使用する採血針を思い浮かべる方が多いかもしれません。
一般的な採血針は21Gという太さのものですが、治療で使用する注射針は、太さも細く短い針ですので痛みも少なく、慣れてくると治療時間も1分程度です。
もちろんこれらの症状がある際は、ご相談にのりますのでご安心ください。
※体調に異変を感じた時、妊娠の際は、必ずすぐにクリニックへ相談してください。

安全な治療なのでしょうか?

人間の体で作られる消化管ホルモンを応用した薬を使用した治療です。
GLP-1の注射は、2014年にアメリカで肥満治療薬として承認されています。
また、当院ではこの分野に精通している医師がしっかりとフォロー致しますので、安心して治療をお受けいただけます。

COMMENTドクターコメント

ダイエットを頑張りたい、でも、食事制限をしにくかったり運動習慣を改善できなかったりと、ダイエットに成功できない環境にある方は少なくありません。
そのような方も安全かつ効果的に痩せやすい体質に導いてくれるのが、このラクやせ外来「GLP1ホルモン療法」です。毎日1回自己注射で、徐々に痩せやすい体質(太りにくい体質)へ変化させることができます。脂肪吸引術、脂肪溶解注射、痩身マシーンなどによる痩身治療では皮下脂肪を減少させることはできますが、内臓脂肪への減少効果を期待できません。医療痩身の効果をしっかりとご体感いただくために、内臓脂肪へのアプローチとしてこちらの治療もぜひ推奨いたします。

新宿本院
西川 礼華医師

ドクターコメント 西川 礼華 医師

監修医師紹介

西川 礼華 医師

皮膚科全体統括

西川 礼華 医師

経歴
2012年ウィーン医科大学皮膚科学教室 Clinical Elective
2013年横浜市立大学医学部医学科 卒業
国立病院機構東京医療センター
2015年ウィーン医科大学皮膚科学教室
太田 草子 医師

美容皮膚科

太田 草子 医師

保有資格
日本医師会認定産業医/サーマクール認定医/美容皮膚科学会会員
経歴
東京医科歯科大学歯学部卒
東京医科歯科大学歯学部附属病院にて歯科研修、歯科矯正学専攻
福井大学医学部卒
京都市内にて初期研修修了

脂肪吸引ページをご覧の皆様へ

世の中には頑張って運動したり、様々なダイエットに挑戦してもなかなか体重が落とせず、体重や見た目に対してコンプレックスをお持ちの方が数多くいらっしゃいます。このページではそんなお悩みや、部分痩せをご希望の方に対して、当院で提供している脂肪吸引やレーザーなどを使用した痩身施術の解説、各料金のご紹介、ダウンタイム、保証サービス等をご確認頂けます。また、実際に行った脂肪吸引、痩身施術に関する症例写真を数多く公開し、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。

湘南美容クリニックでは複数の脂肪吸引施術をご用意しており、カウンセリング時にお客様のお悩みやご要望を医師が伺い、お客様にとって最適な治療方法をご提案させていただきます。また、ダウンタイムが気になる方には、機械による医療痩身施術や、注射などで脂肪を溶かす治療もございますので、ご質問などがあればお気軽に医師までご連絡ください。

我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に脂肪吸引の治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2020.1.10ABC

「キニナリーノ」

大阪京橋院 岩脇槙佑医師が二重術についてコメントしました。
2020.1.14ITC

「みるこっちゃ」

金沢院 円戸望医師が二重術についてコメントしました。
2020.1.15KSB

「にこまるinfo」

岡山院 木田光則医師が目の下のたるみ取りについてコメントしました。