海外からのお電話 日本語専用ダイヤル +81-50-5575-1199 English中国語(簡体)

当院が選ばれる理由

「湘南美容クリニックの婦人科形成」は、上記のような悩みの方々にも安心して施術を受けていただくために、患者様の痛みを極限までなくすことにとことんこだわっています。

静脈麻酔

はじめに点滴の針の痛みがありますが、その後は終了時までお休み頂けます。術中の痛みを感じることはありません。

局所麻酔

施術箇所への局所麻酔を行い、出血の軽減と、術中術後のお痛み軽減を目指します。

エクスパレル麻酔

術後72時間痛みを抑える麻酔をオプションでご用意しております。
この麻酔を使用すると術後72時間、約3日間痛みを抑えることができます。

※米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔。有効成分をリボソームと呼ばれるナノカプセルに含有することで少しずつ薬剤が放出され、麻酔効果が72時間持続します。
世界中で乳房再建や胃切除、腱膜瘤切除などの外科手術で300万人以上の患者様につかわれている画期的な局所麻酔。

※血腫、嘔吐、尿閉、低血圧、高血圧の副作用が出る場合があります。

痛み軽減のこだわり part.4

OptionMD式切開法

ミニマムダウンタイム切開法という名の通り、術式や道具などすべてにこだわり抜くことでダウンタイムを極限まで短くします。仕上がりの美しさにも定評があります。

こだわり内出血を極限まで抑える工夫 ー RF(電波)メス

MD切開法ではRF(電波)メスを使用し、徹底的に止血します。
出血が少ないと内出血や腫れを抑えられるので仕上がりもキレイになります。

一般的な電気メスは400kHz前後の周波数帯を用いるElectrosurgeryです。一方、4.0MHzの高周波を採用しているRFメスであるサージトロンはRadiosurgeryの領域となり、電波的な性質を強く持つことから電波メスとも呼ばれます。
この高い周波数により組織細胞中の水分子へ高密度に作用することで、侵襲を抑えた切開・凝固を可能にします。

MD式切開法 画像01

4.0MHzの高周波ラジオ波により、組織細胞中の水分子への密度、集中性が高まります。そのため過剰な熱変性が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。

MD式切開法 画像02

一般に、細胞のタンパク質は60~100℃で組織凝固が発生し、90~110度で蒸散(切開)が起こると言われています。サージトロンは4.0MHzの高周波により、より少ない出力で狭い範囲で熱を集中させることができ、短時間の温度上昇を生み出す事により、炭化組織を少なく抑えることができます。

MD式切開法 画像03

必要に応じてこのような対応も行います

局所麻酔時にマイクロカニューレを使用
MD式切開法 画像04

針先が丸い針を使用し、内出血を抑えます。
通常の針で麻酔をすると、麻酔の時点で内出血が起こることがあります。ここも抑えることで、最小限の内出血にこだわっています。

縫合には透明な糸を使用
MD式切開法 画像05
MD式切開法 画像06

通常の黒糸ではなく透明な糸を使用するので、抜糸前でも直後から糸が目立ちません。

医療用ボンド

7days方法の方は緻密な縫合後に医療用のボンドでコーティングします。術後、濡れても痛みが少なくなります。

痛み止め処方

術後のお痛みが出た際に服用するお薬を処方いたします。
1~2日目のみ服用される方、お飲みにならない方もいらっしゃいます。

モニター募集モニター募集

MENU

アイメッド
痛みの少ない乳がん検診

SNS ACCOUNTS

FacebookアメブロTwitterLINEinstagramYoutube

Global Site

海外からのお電話 日本語専用ダイヤル +81-50-5575-1199 中国語 English

個人情報の取り扱いについて

WEB予約はこちら
電話予約はこちら
ただいまお電話が大変込み合っております。
WEBでのご予約・お問合せもご利用ください。
WEB予約する
電話する
CLOSE
マイページ登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
マイページ登録アイメッドWEB問診票女性向けがん健診
3000ポイント無料カウンセリング
お得情報モニター募集脱毛コース予約フォーム男性のお得情報公式ガイドブック↑Pagetop