抜糸なし7DAYSの詳細情報

抜糸なし7DAYS

婦人科形成症例実績
26,3192019年12月現在

抜糸なし7DAYS人気の理由

  • 縫糸が見えない
  • 抜糸が不要
  • ダウンタイムが短い

抜糸なし7DAYSとは

今までの婦人科形成の手術は術後に約1ヶ月セックス出来ない期間がありました。そのため、パートナーの方との関係を考えると、悩んでてはいても、手術に踏み出せないという方が大勢いらっしゃいました。

この問題を解決するため、抜糸なし7DAYSは吸収糸(溶ける糸)を用いて、粘膜下を緻密に縫い合わせます。
こうすることで抜糸が不要なためダウンタイムが短く、術後約1週間で性交を可能にしました。
※仕上がり・痛み・ダウンタイムには個人差があります。術後の経過によってこの限りでない場合がございます。

通常、外側を縫うと糸の跡が多少ついてしまいますが、それを極限まで抑えたため、仕上がりがとても綺麗な方法です。
中縫いを緻密におこない外側には糸を露出させません。術後の見た目もすっきり!
さらに医療用ボンドでコーティングするので、術後しみたり、糸が擦れる事も無く、痛みがすくない方法です。

このような方にオススメ!

  • ダウンタイムの長さが気になる
  • 手術したことがばれないか気になる

抜糸なし7DAYSの特徴

  • 粘膜下を縫い合わせるため縫い糸が見えません
  • 内部の縫合糸は自然に吸収されるため、手術後の抜糸は必要ありません
  • ダウンタイムが短く術後約1週間で性交が可能です
    ※仕上がり・痛み・ダウンタイムには個人差があります。術後の経過によってこの限りでない場合がございます。
※仕上がり・痛み・ダウンタイムには個人差があります。術後の経過によってこの限りではございません

抜糸なし7DAYS 対象メニュー

施術名特徴
小陰唇縮小術自然に溶ける糸で痛み・出血を最小限に
副皮除去術自然に溶ける糸で痛み・出血を最小限に
会陰部贅皮切除術産後のコンプレックスを解消
大陰唇たるみとり術抜糸なしの日帰り手術でコンプレックスを解消
陰核包茎術手術跡の目立たない安心手術

ドクターが抜糸なし7daysをわかりやすく解説

抜糸なし7DAYS法は、小陰唇縮小術を従来の外縫いの方法で行った場合に一定の確率で起こってしまう糸による傷の食い込みを改善するため、また抜糸の際の痛みを無くすため、またなるべく早く性行為を行いたいなどの患者様からのご要望をもとに、開発された画期的な方法です。
非常に細い糸で細かく連続で中縫いを行い、仕上げに医療用のボンドでコーティングするため、おトイレの際には傷にしみにくく、直後から見た目が綺麗です。現在、年間約5000件の小陰唇縮小術を当グループは行っておりますが、その約8割の方が抜糸なし7DAYS法をお選びになり、多くの方に喜ばれております。
満足度もとても高く、私たちも自信を持ってお勧めできる方法です。

仙台院院長 村岡 史子 医師

監修医師紹介

向井 英子 医師

形成外科専門医 川崎院院長

向井 英子 医師

保有資格
形成外科学会認定専門医/ボトックスビスタ認定医/ジュビダームビスタ認定医/日本体育協会公認スポーツドクター/医学博士/日本形成外科学会正会員/日本美容外科学会正会員/日本頭蓋顎顔面外科学会正会員/日本創傷外科学会正会員
経歴
2001年藤田保健衛生大学卒業
2008年藤田保健衛生大学大学院卒業 博士号取得
順天堂大学形成外科勤務
2011年順天堂大学医学部附属静岡病院形成外科部長
2012年戸田中央総合病院形成外科部長
2013年湘南美容クリニック非常勤
2016年湘南美容クリニック常勤
2020年湘南美容クリニック 川崎院院長就任
藤田 亜弓 医師

新宿本院

藤田 亜弓 医師

保有資格
日本形成外科学会正会員
経歴
聖マリアンナ医科大学医学部卒業
日本医科大学武蔵小杉病院
(外科、救命救急、麻酔科、形成外科、皮膚科など)
東京慈恵会医科大学付属病院形成外科
戸田中央総合病院形成外科部長
湘南美容クリニック 入職

婦人科形成ページをご覧の皆様へ

このページでは、デリケートゾーンに何らかの悩みをもっている女性に対して、当院で提供している婦人科形成の施術内容や料金、ダウンタイム、保証サービス等についてご確認頂けます。

湘南美容クリニックでは、数多くの女性医師が在籍しておりますので、女性特有のデリケートなお悩みもご相談いただけます。小陰唇などの形・大きさが気になる方はもちろん、黒ずみ、擦れによる痛みといった、お客様が気になっていることをなんでも女性医師までご相談ください。誠心誠意お答えさせていただきます。

我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉に婦人科形成によるデリケートゾーンの治療内容、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

SBCメディカルグループでは、2018年6月1日に施行された医療広告ガイドラインを受け、ホームページ上からの体験談の削除を実施しました。また、症例写真を掲載する際には施術の説明、施術のリスク、施術の価格も表示させるようホームページを全面的に修正しております。当ホームページをご覧の患者様、お客様にはご迷惑、ご不便をおかけ致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

TV放映情報

2020.1.15KSB

「にこまるinfo」

岡山院 木田光則医師が目の下のたるみ取りについてコメントしました。
2020.2.21ABC

「キニナリーノ」

大阪心斎橋院 植田一樹医師が二重術についてコメントしました。
2020.2.22フジテレビ

「有吉ダマせたら10万円」

秋葉原院 名倉俊輔医師が整形シンデレラの執刀医としてスタジオ出演しました。