フォトRFの詳細情報

フォトRF

フォトRF症例実績
190,2412018年10月現在

フォトRFが人気の理由

  • しみ、くすみ、赤ら顔、ソバカスに効く!
  • 痛みが少ない!
  • 術後のダウンタイムがない
  • 安心のアメリカFDA承認レーザー!
  • 美肌効果にアンチエイジングをプラス

フォトRFとは

  • しみ、くすみ、赤ら顔に効く!
  • 痛みが少なくダウンタイムもほとんどなし!
  • 安心のアメリカFDA承認レーザー!

470~980nmの広域な波長帯を照射するため赤色と茶色に対する反応性が高く、薄いしみにも効果を発揮します。また、パルス幅が短いため破壊力にもすぐれています。

これまでの光による施術効果に高周波が加わったことにより、美肌・アンチエイジング効果をプラスした治療です。

フォトRFの詳細

施術の詳細

施術方法光エネルギー(パルスライト)で色調(しみ・そばかす・赤ら顔など)を改善し、電気(高周波エネルギー)で肌のハリやキメを整えます
麻酔特に必要ありません
施術時間約15分
施術経過数日間細かいかさぶたになる場合がございます(しみが分解されるため)

ダウンタイムについて

腫れなし
痛みしみに反応するとパチパチとした感覚(輪ゴムではじかれる感じ)があります
傷跡なし
内出血なし
洗顔・メイク当日から可能です

その他

通院月1度の照射が必要です。5~6回を目安にくり返すことで透明感がでます
メリットキズを残さず、肌の色調改善ができます
デメリットくり返しの照射が必要です(1クール4回)
他の施術との併用ケミカルピーリングでの角質洗浄との併用が効果的です

フォトRFの特徴

フォトRFは、アメリカのビター博士によって考案・開発された装置で、従来とは全く異なる新しい美肌治療法です。

選択性の異なるパルスライト(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組合せたシナジー効果によって、お肌にダメージを与えることなく、抜群の効果を発揮します。

年齢とともにお肌は変化し、しみやくすみが現れて、毛穴が目立つようになり、人によっては毛細血管拡張の赤みが出たりします。

また、真皮のコラーゲンや弾性線維の減少によって、お肌のはりがなくなり、小じわやたるみが目立つようになります。

若い人の中にも、にきびがひどい場合は跡や赤みが残ったりします。
フォトRFは、このような方に最適な治療方法です。

フォトRFのメカニズム

フォトRFは、IPL(光エネルギー)をさらに進化させたAPL(アドバンスト・パルス・ライト)に、RFエネルギーを加えて使用します。RFエネルギーは、光とは異なる性質を持ち、メラニンや血管の分布と無関係に働きます。

よって、表皮のメラニン量に影響されることなく、熱エネルギーを効率的に真皮層に与えることができます。

これによって、従来の光エネルギーによる痛みや火傷にリスクが抑えられ、お肌や毛の色に影響を与えない治療が可能になりました。また、照射時に同時に働く冷却システムにより、身体に感じる痛みはとても少ないです。

フォトRFの安全性

これまでの光エネルギーの照射は必要最小限にとどめ、同時に高周波を照射することで、表皮に存在するメラニンの量に左右されることなく、エネルギーを効果的に真皮層に伝え、その結果、繊維芽細胞を刺激します。
これによりコラーゲンやエラスチンの生成が促され、しわを改善するとともにメラニンの排出によってしみやくすみも改善します。

安全性については、治療によって起こる火傷を防止する温度管理・独自冷却システムを持ち、2002年には、日本でいう厚生労働省に当たるアメリカのFDA(食品医薬品管理局)で承認されています。

レーザー治療の効果比較

美容レーザー機器 比較一覧
フラクショナル
CO2
サーマクールフォトRFポラリススキン
タイトニング
Qスイッチ
ルビーレーザー
しみ
そばかす

フォトRFと同
時に受けると良
くすみ
赤ら顔
しわ
引き締め
たるみ
毛穴
色素沈着
ニキビ跡
痛み
ダウン
タイム
×
赤み 
当日~3日間

皮膚の
ザラつき
4~7日間
なしなしなしなしかさぶた
7~10日
メイク24時間後~直後~直後~直後~直後~かさぶたが
取れてから
日焼けNGNGNGNGNGNG
レーザー
照射時間
顔10分顔400発40分
600発60分
15分30分60分数分
(箇所数による)

◎:大変良い  ○:良い  △:普通  空欄:適応なし  ×:悪い

フォトRF ホームケア用ドクターズコスメ

※お求めの場合は、全国最寄りのSBCクリニックにてご購入いただけます。

よくある質問

フォトRF、スキンタイトニング、スペクトラ・ヘリオス、Qスイッチルビーレーザー、トレチノインなどが候補に挙がると思います。…

ドクターがフォトRFをわかりやすく解説

フォトRFは、薄いシミやそばかす、赤ら顔でお悩みの方におすすめの治療です。光エネルギーと高周波エネルギーの組み合わせでお肌からメラニン色素を排出し、くすみのないお肌に導いてくれます。
さらに、真皮層にある線維芽細胞を刺激してコラーゲンやエラスチンが増えるので、お肌にハリも出てきます。月に1回のメンテナンスでダウンタイムもほとんどないので、手軽で続けやすい美肌治療です。

美容皮膚科医 谷垣 マイ 医師

料金案内

料金表

フォトRF / ポラリス / スキンタイトニング 料金一覧

 価格
(税込)
SBCメンバー会員様はさらにお得楽天ポイント
フォトRF
1回9,980円
1ポイント
1円単位で
ご利用いただけます。
5回44,000円
ポラリス
1回15,070円
1ポイント
1円単位で
ご利用いただけます。
切らないフェイスリフト
スキンタイトニングレーザー
※照射レーザー: スキンタイトニング
1回18,120円
1ポイント
1円単位で
ご利用いただけます。

監修医師紹介

西川 礼華 医師

皮膚科全体統括

西川 礼華 医師

経歴
2012年ウィーン医科大学皮膚科学教室 Clinical Elective
2013年横浜市立大学医学部医学科 卒業
国立病院機構東京医療センター
2015年ウィーン医科大学皮膚科学教室
太田 草子 医師

美容皮膚科

太田 草子 医師

保有資格
日本医師会認定産業医/サーマクール認定医/美容皮膚科学会会員
経歴
東京医科歯科大学歯学部卒
東京医科歯科大学歯学部附属病院にて歯科研修、歯科矯正学専攻
福井大学医学部卒
京都市内にて初期研修修了
水口 将志 医師

水口 将志 医師

保有資格
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
経歴
2008年防衛医科大学校医学科卒業
2010年防衛医科大学校皮膚科
2013年自衛隊中央病院皮膚科
2017年湘南美容クリニック
芝 容平 医師

立川院院長

芝 容平 医師

保有資格
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医/日本美容外科学会
経歴
2008年防衛医科大学校医学科卒業
2010年防衛医科大学校皮膚科
2015年医療法人病院長
2015年大手美容外科クリニック副院長
2016年大手美容外科クリニック院長
2017年湘南美容クリニック

医療レーザー外来ページをご覧の皆様へ

このページでは、しみ、しわ、たるみ、肝斑などのお悩みに対して、治療・改善が見込まれるレーザー治療の内容や料金、ダウンタイム、保証サービス等がご確認頂けます。また、当院で実施したレーザー治療に関する症例写真を数多く公開し、お客様が術後のイメージを連想しやすい環境も用意させていただきました。

湘南美容クリニックでは、数多くのレーザー治療機器をご用意しております。これらのレーザー機器は似ているようで性能や効果、痛みの度合いなどが異なります。カウンセリング時にお客様のご要望、お悩みを伺い、医師が最も適した治療を豊富なレーザー治療の中からご提案させていただきます。

我々は、「美容整形をもっと身近に」を合言葉にレーザー治療の詳細や、治療経過、カウンセリング内容をオープンにし、 クリニック内の顔が見える運営を心がけると共に、美容外科に携わるスタッフすべてが胸を張って仕事ができる環境を作ることを使命とし、 技術向上、積極的な情報開示、社会貢献に取り組んでいます。

様々な科目の専門医・学会会員が
在籍しています

湘南美容クリニックは第103回日本美容外科学会学会長を務めた相川佳之をはじめ、日本美容外科学会(JSAPS)専門医、日本美容外科学会正会員、日本形成外科学会専門医 、 先進医療医師会 参与、日本再生医療学会 理事長補佐、国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member、医学博士、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本整形外科学会・専門医、日本麻酔科学会認定医、厚生労働省麻酔科標榜医、日本外科学会専門医・正会員、日本胸部外科学会正会員 、日本頭蓋顎顔面外科学会会員、日本静脈学会会員医学博士、日本医師会認定産業医、日本抗加齢医学会会員、日本マイクロサージャリー学会会員、GID(性同一性障害)学会会員、日本脂肪吸引学会会員、美容皮膚科学会正会員、日本レーザー治療学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

TV放映情報

2019.12.17KTV

「訳あり人の駆け込み寺」

新宿本院 居川和広医師が悩める女性が美容整形を決断に出演しました。
2019.12.18UX

「スーパーJにいがたプラス」

新潟院 深江邦彦医師がシワ取り注射についてコメントしました。
2019.12.26HAB

「北陸ビジネスサテライト」

金沢院 円戸望医師が二重術についてコメントしました。