スラっとした脚や美しいヒップラインを目指す際、バナナロールにつく脂肪は落とすことが理想的です。しかし、セルフダイエットではおしりと太ももの境目であるバナナロールのみに絞った部分痩せは難しいでしょう。そのような際に効果的なのがクールスカルプティングを活用した医療ダイエット・部分痩せです。今回は、クールスカルプティングを活用した「バナナロール痩せ」の具体的な方法や効果などを、詳しい解説や実際の症例写真とあわせてご紹介します。

バナナロールはどこの部位?

バナナロールと聞いて思い浮かべる部位はどこでしょうか。バナナロールとは、おしりの下に、はみ出した脂肪「おしり(ヒップ)と太ももの間の余計なお肉」のことをいいます。
このバナナロールにお肉が溜まることで、「パンツスタイルできれいなシルエットにならない」「脚が短い印象をもたれてしまう」といった悪影響があります。美しいヒップラインの大敵でもあるバナナロールには、多くの女性が悩んでいるのではないでしょうか。
バナナロールとは

バナナロール痩せはどのような方におすすめ?

バナナロールがどの部位に当たるのか理解いただけたでしょうか。ここからはバナナロール痩せはどのようなお悩み・ご希望を持つかたにおすすめなのか詳しくご紹介いたします。

ヒップラインをきれいにしたい方

ショーツや水着を着たときに、おしりと太ももの間の余分なお肉が気になる場合や、たるんでトップが下がってしまったヒップラインを丸みのあるおしりに整えたい方におすすめです。

おしりと太ももの間のつまめる脂肪がある場合には、そこを部分痩せすることで、おしりと太ももに境目ができ、ヒップラインがきれいになります。また、脂肪がつまめない場合でも、おしりと太ももの境界線を施術することで、引き締まったヒップラインをつくることができます。

脚を長く見せたい方

バナナロール痩せはおしりがキュッと引き締まるため、脚を長く見せたい方にもおすすめです。

おしりが垂れることで太ももの始まる位置が下がり、その分脚が短く見えてしまいます。また、垂れるだけでなく、余分な脂肪が増え、おしりと太ももの間につまめるほど脂肪がついてしまうと、全体的におしりは大きく見え、より脚が短く見える原因になります。

バナナロールをスッキリさせることで脚の長さを強調し、スラっとした印象にしましょう。

効果的にバナナロール痩せをするには?

では実際に、バナナロール痩せを実現するにはどのような方法があるのでしょうか。
まず思いつく方法として、トレーニングやエクササイズがあるかもしれません。おしりや太ももの筋肉を中心に鍛えることで、きれいなバナナロールが目指せると聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。

ただし、一般的にセルフダイエットでは全身の脂肪が燃焼されていくため、おしりと太ももの間にあるバナナロールを狙った部分痩せをすることは困難です。トレーニングやエクササイズによってむくみが解消され、部分痩せしたと思い込んでしまう場合もありますが、根本的な解決にはなっていないことに注意しましょう。

一方、医学的根拠に基づいた部分痩せ方法としてクールスカルプティングを利用すると効率的にバナナロール痩せをすることができます。ここからは、部分痩せに効果のあるクールスカルプティングの概要やメカニズムなどについて解説します。

クールスカルプティングとは

まずは、クールスカルプティングについてご紹介します。クールスカルプティングとは脂肪細胞を冷却し、脂肪細胞の数そのものを減らすことを目的とした医療痩身マシンです。脂肪減少効果と安全性は医学的にも証明され、厚生労働省から脂肪減少機能のある医療機器として承認されています。

効果に個人差はあるものの、治療を受けた方の多くは1回でも効果を感じられ、1回の施術で冷却した脂肪層の厚みの約20%を減らすことが可能です。また、施術では切る必要がないため、ダウンタイムも比較的短く抑えることができます。
クールスカルプティングのダウンタイムや痛みなどについての詳細は下記記事をご覧ください。
クールスカルプティング(クルスカ)のダウンタイムはどのくらい?内出血や痛いという噂は本当?

クールスカルプティングのメカニズム

次に、クールスカルプティングの脂肪減少のメカニズムについてです。
クールスカルプティングは脂肪細胞が他の細胞よりも低温に弱いことを利用し、専用の機械で脂肪細胞のみを破壊し、排出させる施術方法です。冷却により破壊された脂肪細胞は、数ヵ月をかけてヒト本来の代謝で自然と体外へ排出されます。治療したその場で脂肪が減少するわけではないことに注意をしましょう。

ここで注目したいポイントは、クールスカルプティングは、「リバウンドしにくいこと」「バナナロール痩せに適している」という点です。この治療法は、脂肪細胞の数そのものを減らすため、リバウンドしにくいという特徴があります。繰り返しダイエットを試みたものの、リバウンドをして、さらに脂肪がついてしまったという方にとくにおすすめな治療法です。

また、クールスカルプティングでは、施術部位や脂肪のつき方に合わせ、専用アプリケーター使い分け手施術をおこないます。このアプリケーターを使い分けることで特定の部位に絞って脂肪細胞を冷却することができるのです。そのため気になるバナナロールに対してのみ施術をおこない、より効果的な部分痩せを実現させます。

クールスカルプティングでおしりと太ももの間を施術している様子

バナナロールに対してクールスカルプティングをする場合、以下のようにうつぶせの状態で施術を受けていただきます。なお、施術時間は35分程度です。
※施術時間は脂肪の量や体格によって個人差があります。
クールスカルプティング施術中の様子

【湘南美容クリニック】バナナロールのクールスカルプティングの症例紹介

ここまでバナナロール痩せとは何か、おすすめの施術方法は何かということについてご紹介しました。ここからは実際に施術を受けられた方の症例を元に、クールスカルプティングの効果について見ていきましょう。

バナナロール痩せによる脚長効果

バナナロール痩せによる脚長効果の症例をご紹介します。

施術前

脚を細く、長く見せたいというご希望で相談にいらっしゃった30代女性の女性です。おしりがたるみ、脚が短く見えてしまっています。
バナナロール痩せ 脚長効果 before

施術後

施術2ヵ月後の脚の様子です。
バナナロールの脂肪が落ち、脚がスッキリとした印象になっています。
バナナロール痩せ 脚長効果 after
【クールスカルプティング(バナナロール アドバンテージ4エリア、大腿内側 アドバンテージ4エリア、大腿外側 アドバンテージ2エリア】
施術を担当した湘南美容クリニック新宿本院皮膚科医局長の林篤志医師:

脚をもっと細く長く見せたいとご相談にいらっしゃった、30歳代女性の方です。
クールスカルプティングの部分痩せは、彫刻のように膨らみがある部分を狙って施術を行うことが重要です。また、バナナロールはおしりと太ももの境目の部分であり、おしりが小さく見える、脚が長く見える、下半身の重心が上がる、太もも後ろが細くなるなど、多くのメリットがある部位です。今回は、このバナナロールと太ももを狙ってクールスカルプティングを行いました。
結果は、バナナロールの脂肪が減ったことで、おしりの重心が上がりながら小さくなり、脚も長く見えるようになりました。ももの内側の脂肪も減って、脚の輪郭が真っすぐになってきているのが分かります。また、ももの外側の脂肪も減らして、全体のバランスを考慮したボディメイキングとしました。

施術名:クールスカルプティング(R)
施術の説明:脂肪組織が他の組織よりも低温に弱いという性質を利用し、皮膚などを守りながら 脂肪だけを破壊し、排出する痩身治療です。
施術の副作用(リスク):発赤・内出血・硬結・知覚鈍麻・凍傷・色素沈着・逆説的過形成・輪郭異常を生じる可能性があります。
施術の価格:29,800~49,800円

バナナロール痩せによるヒップ回りの改善

次に、バナナロール痩せによってヒップ回りの印象が改善した症例をご紹介します。

施術前

バナナロールに脂肪が多く付いていることでヒップ回りが全体的に太い、締まりのない印象がある状態です。
バナナロール痩せ ヒップ before

施術後

バナナロール全体の余計な脂肪がなくなり、キュッと引き締まった印象のヒップ回りになっています。
バナナロール痩せ ヒップ after

バナナロールに4箇所・大腿内側左右に6箇所の施術を行ったお客様
施術を担当した湘南美容クリニック(仙台院、新宿本院皮膚科)皮膚科統括技術指導医の藤瀬恵里香医師:

おしりや大腿の余分な脂肪はダイエットや日々の食事制限で落とす事がなかなかできず、「どうにかしたい!」という悩みをお持ちのお客様は多いかと思います。
クールスカルプティングでは脂肪の落としにくいバナナロールや大腿の内側にも施術ができますし、脂肪細胞の数をしっかり減らせるためリバウンドしにくい部分痩せが実現可能です。

こちらはバナナロールに4箇所・大腿内側左右に6箇所の施術を行ったお客様の症例写真です。おしりが引き締まり、大腿の余分な脂肪が落ちたかと思います。

クールスカルプティング は、効果を発揮するまで2〜3ヵ月ほどかかりますが、その間の生活は一切変えることなく痩せることが実感できます。ダウンタイムや治療後のアフターケアもないので、比較的お受けいただきやすい治療メニューかと思います。

施術名:クールスカルプティング(R)
施術の説明:脂肪組織が他の組織よりも低温に弱いという性質を利用し、皮膚などを守りながら 脂肪だけを破壊し、排出する痩身治療です。
施術の副作用(リスク):発赤・内出血・硬結・知覚鈍麻・凍傷・色素沈着・逆説的過形成・輪郭異常を生じる可能性があります。
施術の価格:29,800~49,800円

美しいヒップラインを目指すなら湘南美容クリニック

おしりと太ももの境目にあるバナナロール痩せをすることで、ヒップラインを美しく整え、脚長効果も期待することができます。年齢とともに垂れてきやすいヒップラインをキュッと丸く整え、美しいヒップラインを目指しましょう。

また、バナナロール痩せには「痩せたい部分だけ痩せられる」「切ることのない施術」という特徴があるクールスカルプティングを活用してみてはいかがでしょうか。
なお、クールスカルプティングの国内症例数最大手である湘南美容クリニックでは、事前に医師との無料カウンセリングを実施しています。ぜひ医師へあなたの理想のバナナロール痩せのイメージをご相談ください。医師が一人ひとりにあった最適な治療プランをご提案いたします。