クールスカルプティングについて調べていると、「効果がなかった」「不満が残った」なんて口コミを見つけてしまうかもしれません。

しかし、クールスカルプティングに「脂肪細胞を減少・排出させる効果」があることは、厚生労働省やFDA(米国食品医薬品局)も承認しています。
そのため、このような口コミは早合点や思い違いから生まれていることがほとんど。施術前にクールスカルプティングによる脂肪冷却の仕組みをよく理解して、いくつかの注意点を押さえておけば、不満を回避することが可能です。

クールスカルプティングで後悔することなく、十分な成果を得るにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、いくつかのポイントを解説します。

なぜクールスカルプティング(クルスカ)は効果がないといわれるのか

なぜ、「クールスカルプティングは効果がない!」という方がいるのでしょうか。それには、下記のような理由が考えられます。

体重は減らないから

クールスカルプティングでは、施術部位の脂肪だけをピンポイントに減らし、排出するため、体重そのものは大きく変わらない可能性が高いです。
施術するパーツの大きさや施術回数にもよりますが、そのパーツから除去される脂肪の重みは、身体全体の重量から見れば割合として少なくなります。

しかし、本当に重要なのは、体重というただの数字ではなく、実際の見た目の変化ですよね。クールスカルプティングなら、体型にダイレクトに影響している脂肪だけを、ピンポイントに狙って減らすことができます。
食事制限や運動などのダイエットのほうが体重は大きく減りますが、これは見た目には影響しにくい内臓脂肪などが真っ先に減少しているからです。そう考えると、体重が大きく減るのはむしろ「効率が悪い」痩せ方の証ともいえるでしょう。

「見た目はどう変わるのか」という視点で、クールスカルプティングの体験談や症例写真をチェックしてみてください。

すぐには成果が現れないから

クールスカルプティングには即効性はなく、脂肪細胞が排出されるまで2~3ヵ月がかかります。
これは、脂肪冷却の施術により冷却された脂肪細胞が自然に機能停止し、老廃物として排出されるまでにかかる時間なので、メカニズム上どうしても必要な期間です。

しかし、施術を受けたら「そろそろ細くなったかな?」と毎日のように確認したくなるというもの。施術後まもない時期に、不安がつのって「全然効果が感じられない!」という口コミを投稿する方もいるかもしれません。
また、効果が出るまでに若干の個人差がありますから、「2ヵ月経つけどまだ変化なし……」と投稿した方が、その後に効果を感じる可能性もあります。

施術から十分に時間が経ってからでないと、効果を判定できないことに留意しましょう。
クールスカルプティングは、「今すぐ、一刻も早く痩せたい」人には向いていませんが、長期的な視点で、計画的にキレイを目指すなら、効果的なダイエット法だといえます。

施術回数が足りないと成果も不十分になるから

クールスカルプティングは、1回の施術で脂肪層の厚みの約20%を減らすことが認められています。そのため1回の施術でも脂肪が減ったと感じる方が多いのですが、複数回の施術を受ければもっと脂肪量を減らすことができます。
一般的には、もともとの脂肪量が多く、理想とするボディラインとの差が大きい人ほど、回数を重ねたほうがよいケースが多くなるようです。

こうした点を十分に理解せずに施術を受けた場合、「思ったより細くならなかった!」「もっと細くしたかったのに……」とガッカリしてしまう可能性もあります。

施術後に後悔しないためには、あらかじめ自分の望む体型のイメージを固めておき、カウンセリングをしっかりと受けて、どのような施術を何回くらい受ければ希望が叶うのかを確認しておくことが欠かせません。
納得いくまで事前カウンセリングを受けられるクリニックを選ぶことが大切です。

施術時間が短いと勘違いしてしまうから

クールスカルプティングを受けたあとに、「他の口コミで見たよりも施術時間が短かった」と不審に思う方もいるようです。

クールスカルプティングのマシンは厚生労働省に認可された脂肪冷却の医療機器であり、施術の時間や冷却温度などはあらかじめ自動的に設定されています。そのため、特別な事情(緊急停止ボタンを押すなど)がない限り、規定通りにしっかり施術してもらえます。

施術時間が短いと勘違いするケースがあるのは、使う機器(アプリケーター)によって施術時間が異なるためだと考えられます。アプリケーターは施術部位や受ける方の体型などによって調整されることもあります。
事前にプランをよく確認しておきましょう。

施術の跡が気になるから

クールスカルプティングの施術後は、マシンによる脂肪冷却と吸引の影響で、肌に赤みなどが現れることがあります。そのため、「クールスカルプティングをしたら傷跡が残ってしまった!」とSNSなどで発言している方が見つかるかもしれません。

ただし、クールスカルプティングの術後に出る赤みや違和感などは一過性のもので、通常は施術直後から1週間程度で消失していきます。マシンの開発中の試験でも、こうした症状は最終的に消えることが確認されています。

とはいえ、肌の比較的広い範囲が赤くなるわけですし、赤みの出やすい体質の方もいます。万一何らかの症状が出たら、消えるまでは「なかなか引かない……」と焦ってしまうのは当然ですよね。
不安なことや困ったことが出たら、医師に遠慮なく相談できるクリニックを選ぶことが大切です。

クールスカルプティング(クルスカ)の仕組み

ここまで、クールスカルプティングを受けたあとに不満が生じてしまう原因を紹介し、「効果が出るまで時間がかかる」「体重は減らない」などの特徴が不満の原因となっている可能性がわかりました。

しかし、クールスカルプティングの脂肪排出には科学的根拠があり、「効果がない」ということはありません。ここでは、あらためてその根拠と仕組みを説明します。

厚生労慟省に唯一認められた医療ダイエット治療

クールスカルプティングとは、脂肪冷却マシンを使った医療ダイエット法です。「切らない脂肪吸引」とも呼ばれ、脂肪組織を冷却させることで脂肪細胞そのものを破壊し、数を減らす・排出することができます。

このマシンは、2017年に厚生労働省が医療機器として承認しており、医療機器として唯一「脂肪減少作用」があることを認めています。米国でも同様に、FDA(米国食品医薬品局)から医療機器として認可を受けていて、米国では最も多くおこなわれている痩身治療となっています(※1)。また、世界80ヵ国以上で導入されている(※2)など、その効果は世界的に認められています。

なお、模造品として、脂肪冷却マシンが市場に出回っていることがあります。ただしこれは、正式に効果が認められていないため、しっかりとした効果を求める方にはおすすめいたしません。

クールスカルプティングは「実は同時に食事や運動を頑張っていて、そちらの効果で痩せただけ」「写真の撮り方や加工で細く見せかけているだけ」というわけではなく、臨床試験などにより、皮下脂肪を減少・排出させる効果には医学的な根拠が認められています。

※1 2015年American Society for Dermatological Surgery 調べ
※2 2017年3月現在

クールスカルプティングの脂肪排出の仕組み

クールスカルプティングは、脂肪細胞の性質をうまく利用しています。
脂肪細胞は低温に弱く、皮膚や神経などの他の組織に比べると高めの温度でも冷却されるため、うまく温度調節しながら冷却すれば、他の組織は守りつつ脂肪細胞だけを狙って破壊し、排出させることができます。

脂肪冷却によって結晶化した細胞は、人体の自然なメカニズムのなかで機能を停止(アポトーシス)し、体内の老廃物を排泄するシステムによって、2~3ヵ月かけて体外に排出されます。

つまり、ただ何となく身体を冷やせば痩せるというわけではないということですね。身体にはダメージを残さず、脂肪にはキッチリと作用するように、緻密な温度コントロールのもとでの脂肪冷却が欠かせません。
正規品のマシンで、プロのスタッフが施術してくれるクリニックを選ぶことが重要です。

クールスカルプティング(クルスカ)を失敗しないためには?

クールスカルプティングで失敗しないためには、自分の希望をはっきりさせることと、適切なクリニック選びがポイント。そのコツを紹介します。

十分な施術回数をおこなう

クールスカルプティングの効果に不満が残りやすいケースとして、施術回数が足りなかったため、イメージ通りの脂肪量の減少を得られなかった場合があると説明しました(「1.3. 施術回数が足りないと成果も不十分になるから」)。

これは、目標とする体型のイメージを明確に持ち、クールスカルプティングを何回くらい必要があるのか把握してから施術を決めれば、避けられる失敗といえそうですね。

医師と認識をすり合わせる

例えば湘南美容クリニックなら、無料で医師によるカウンセリングを受けることができるため、クールスカルプティングの部位・回数の目安を知ることができます。
場合によっては、より効果を得られるよう、最適なダイエットメニューを組み合わせて提案してくれることも。

さらに施術前のアセスメント(評価)では、身体を全方向から見て治療可能な脂肪をすべてチェック。どこにどのアプリケーターを装着すると最良の結果を得られるのか考え、理想の体型をイメージした治療プランを立ててもらえます。
また、クールスカルプティングを1回施術してみて、ボディラインの変化を確認してイメージをさらに固めたうえで、その次の施術について相談することも可能です。

こうした流れを踏むことで、「効果がなかった」という失敗を避けましょう。

食生活にも気を付ける

クールスカルプティングの施術を受けたあとにも、注意すべき点があります。

クールスカルプティングは、それ単体で脂肪を減少・排出させる効果があると認められています。そのため、食事や運動を頑張らないといけない……ということはなく、生活を変える必要はありません。

しかし、クールスカルプティングを受けたからと気が緩んでしまい、食生活が乱れてしまって体重が増加すれば、さすがに施術部位の効果も相殺されてしまいます。
そのため、お菓子などの間食をとりすぎない、お酒を飲みすぎないなど、節制して健康的な食生活を心がけることは、クールスカルプティングでよりよい効果を得るためには重要です。

湘南美容クリニックのメディカルサイズダウンで効果を実感

クールスカルプティングは、医学的に脂肪減少作用を認められている脂肪冷却を利用した痩身用マシンです。
しかし、望んだ通りの効果を得るためには、適切なプランニングが極めて重要であり、いくつかのコツがあることを紹介しました。きちんと理解しないまま施術に臨むと、思い違いから不安や不満が生じてしまうこともあります。

湘南美容クリニックの「メディカルサイズダウン」であれば、事前の面談で医師があなたの希望を確認し、理想のボディラインへの意識をすり合わせたうえで施術プランを提案してくれます。治療効果や注意事項、施術回数や価格の目安についても知ったうえで施術の判断ができるので、「こんなはずじゃなかった!」と後悔するリスクは減らせるでしょう。

さらに、メーカー講習の全課程を修了した専門スタッフが在籍しているなど、体制もしっかりしています。クールスカルプティングの成功には、このような事前準備と手厚いサポートが欠かせないといえそうです。

あなたが今気になっている部分の脂肪を撃退し、「受けてよかった!」と触りたくなるボディラインを手に入れるためにはどのようなプランが必要になるのでしょうか。まずは湘南美容クリニックの無料カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか。