二重整形の切開法は麻酔をかけてまぶたの上にメスを入れる方法です


二重整形の手術で切開法といえば主に全切開法をさし、麻酔をかけてまぶたの上にメスで傷をつけ、人工的に二重になるように導く方法です。

切開法は二重の状態を半永久的にキープできるところが大きなメリットと言えます。

また、まぶたが厚いなどの理由で埋没法では二重整形の施術が行えなかった方にも、対応することができる整形方法になっています。

埋没法ができない方でも二重をつくることのできる整形方法です

二重整形の方法には埋没法と切開法があり、埋没法はメスで切ることなく針でまぶたに糸を通して固定する方法をとっています。

そのため傷が少なく、条件がそろえば長くキープすることもできる可能性がある手軽な方法として利用する方も増えていますが、まぶたが厚く腫れぼったいという方などで埋没法では二重整形が難しいというケースがあるのです。

切開法はそういった方にも二重整形を行う事ができる施術です。

切開法の手術方法

詳しく説明すると、切開法は、まぶたの表面にメスを入れて切ることでまぶたの中で二重をつくり、その仕組みを癒着させるという方法をとっています。

そして二重と言っても、幅はひとりひとり希望する目の形が違うことや元の目の形の差があるため同じ幅や条件で行えばよいものではありません。

そのため二重整形は、クリニックへ出かけてその日にすぐ施術ができることは難しく、まずは事前に医師のカウンセリングを受けることが必要です。

目指す目の形を希望や体質などと合わせて総合的に判断して、手術方法が決定されるため、切開法を選んで出かけても埋没法で行った方が良いと判断される場合もあります。

その点は経験豊富な医師に考えをよく伝えて、納得のいく手術を目指しましょう。

切開と同時に余分な皮膚を取り除きたるみを取る方法もあります


加齢とともに皮膚がたるみやすくなり、まぶたも下がってきやすくなります。

たるんだ状態のまぶたは年齢を感じさせやすいので、二重整形の手術をして印象を変えようとするのであれば、同時にたるんだ余分な皮膚を取り除いてたるみをとり、若返りを叶える施術も検討してみましょう。

たるみのある肌では二重をつくると眉の下に余分な皮膚ができてしまいます。

その分をカットし、他にも処理を行ってから二重をつくれば、すっきりとした二重ができあがるのです。

長持ちもする上に若返りも叶ってしまう施術なので、まぶたが下がって目と眉の間が広くなったり目が三角形になったりして気になるときには余分なまぶたの切開も考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん二重整形だけを行うこともできますし、カウンセリングで医師と相談してからたるみを取る手術もあわせて行うことを決めてもかまいません。

また、まれにですが皮膚の切除を行った部分も加わって三重になってしまう場合があることも知っておきましょう。

その他の整形と組み合わせるとさらに理想に近づきます

二重整形やたるんだ皮膚を切り取る施術の他にも、目の周りの施術あわせて行うとより高い理想を叶えることが期待できます。

例えば、まぶたの脂肪除去・目頭切開・目尻切開・たれ目術などクリニックごとにあらゆる施術が用意されています。

目指したい理想の目の形が具体的であるほど二重整形だけでは理想を叶えきることは難しいでしょう。

そのため、こういったその他の施術をあわせて行えるクリニックを選ぶとより理想に合った目の形に近づけることができます。

それぞれの施術の内容を簡単に説明しましょう。

まぶたの脂肪除去

まぶた上下の脂肪と除去することで、腫れぼったいまぶたを改善することができます。

目頭切開

「蒙古ひだ」と呼ばれる、アジア人特有の目頭にあるひだを取り除きます。

目尻切開

目尻を数ミリ程度切ることで印象を変えることができます。

切れ長な目やたれ目といった憧れの目の形をつくるときに役立ちます。

たれ目術

下まぶたの真ん中のカーブを下に少し下げることで、目を大きく見せる方法です。

(まとめ)二重整形の切開法とはどんなもの?

1.二重整形の切開法は麻酔をかけてまぶたの上にメスを入れる方法です

二重整形の全切開法は、麻酔をかけてからまぶたにメスを入れて傷をつけます。

人工的に傷をつけて二重の状態になるよう導く方法で、二重を長く維持できるメリットがあるほか、埋没法に失敗した方などにも対応ができる施術です。

2.埋没法ができない方でも二重をつくることのできる整形方法です

切開法は、埋没法で二重整形を行う事ができなかったという方でも利用可能な二重整形の施術です。

施術前には綿密なカウンセリングが必要になりますから、自分がどうなりたいのかをしっかりと伝える必要があるでしょう。

3.切開と同時に余分な皮膚を取り除きたるみを取る方法もあります

年齢と共にさがりがちなまぶたは、下がっているほど年齢を感じさせてしまうため若々しさを望むときはたるんだ皮膚の切除をしてみましょう。

二重整形と同時に行うことのできる手術なので、希望する場合はカウンセリングで医師に伝えましょう。

4.その他の整形と組み合わせるとさらに理想に近づきます

目の周りの整形手術には、二重整形の他にも、まぶたの脂肪除去や目頭切開、目尻切開、たれ目術等があります。

これらは理想とする目の形や顔の印象が具体的であるほど、あわせて行うことが効果的なおすすめの施術と言えるでしょう。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔

東京都内から二重・目元整形の相談ができるクリニックを探す

都道府県から二重・目元整形の相談ができるクリニックを探す