二重の幅が狭いのは二重整形で改善が可能です


実績のあるクリニックでは二重に関するさまざまな悩みに対応しているので、二重の幅が狭いという悩みも二重整形を受けることで解決できます。

二重整形にはメスによって切開する方法もあれば、切らない方法もあります。

クリニックでは患者さんの現在ある二重の状態と希望を考慮し、最適な施術を提案しています。

二重の幅が狭いタイプの二重まぶたはいわゆる「奥二重」と呼ばれるタイプであり、本当は二重なのにも関わらず一重に見えてしまうことで悩んでいる女性が多いと言われています。

二重の幅を広くする治療法があります

二重の幅が狭いという悩みを解消する治療法は、大きく分けると二つあります。

埋没法

埋没法とはメスでまぶたを切らず、糸を使って二重まぶたにする二重整形です。

専用の針と医療用の糸を使用し施術をします。

このような糸は途中で切れる可能性が少なく、拒絶反応が起こりにくいという高い安全性があります。

二重のラインとなる皮膚をまぶたの内側から留めるというシンプルな方法なので、傷が目立たず抜糸をする必要もありません。

切開法

切開法とはまぶたを切開したラインを利用して二重を作る方法です。

メスを用いての施術となりますが、二重を作るのと同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くのでたるみの改善にもなり、効果は半永久的に続きます。

埋没法では二重の深さが物足りないという方やまぶたが厚く施術に埋没法に向かない方、二重の効果を一生残したいという方の利用が多いです。

埋没法より腫れが長引く傾向があるので、事前にクリニックによるカウンセリングが行われ、詳細な説明を聞くことができます。

二重の幅が狭いことで悩む人は多いです


奥二重の方も二重であることには違いないのですが、二重整形を受けたいと考える人も多く、奥二重の方の悩みは深刻だとされています。

理由として、奥二重は二重の幅が狭いため、二重であるように見えづらいということがあるでしょう
たとえ目尻の二重のラインがはっきりしていても、目頭部分のまぶたが内側へと引っ込んでいるため、常に眠そうに見られてしまったり、不機嫌そうに見られてしまったりすることがあります。

また、アイラインやアイシャドウをしてもメイクした部分が皮膚の内側に隠れてしまうのでわかりづらく、楽しいはずのメイクにストレスを抱えてしまう方もいます。

アイメイクをしても目立った印象になりにくく、アイラインを太く引いてしまうと逆に一重のように見えてしまうこともメイクでのカバーを難しくしている要因です。

二重の幅が狭いことを悩む人はまぶたを人工的に二重にする化粧品を使っていることも多いですが、それでも思うようなメイクになりにくく時間がかかりがちです。

奥二重と二重には違いがあります

同じ二重でも奥二重と日本人に最も多いとされる末広型の二重とでは、構造上にわずかな違いが見られます。

まぶたを開く時に動かしている筋肉は上眼瞼挙筋と呼ばれるものですが、この筋肉がまぶたを引っ張ることによってまぶたを開いています。

この筋肉はいくつかに枝分かれしており、まぶたのさまざまな部分と繋がっています。

一部の筋肉はまぶたの目の縁を構成している部分と繋がっていますが、他の筋肉の一部は目の縁より上のまぶたの皮膚と連動しています。

目の縁より上のまぶたにくっついている上眼瞼挙筋がその皮膚を引っ張ることにより、皮膚が内側に折り込まれて二重まぶたが作られます。

この上眼瞼挙筋がまぶたの皮膚に付着している位置は人により異なると考えられていますが、こうした位置の相違により奥二重となるケースがあります。

このように生来のまぶたの構造をメイクだけでカバーするのは容易なことではなく、二重整形を行うことで改善が期待できると言えます。

まぶたの手術と考えると躊躇してしまうかもしれませんが、皮膚を切らない方法もありますし、腫れにくさを謳っている施術もありますので、治療法の選択肢は幅広いです。

実際に二重の幅を広くすることで、気持ちが前向きになれた女性が大勢いらっしゃいます。

不安なことはクリニックに相談できますので、二重の幅が狭いことに悩み続けているのであれば一度カウンセリングを受けることをおすすめします。

(まとめ)整形を受けると二重の幅が狭いのが改善されるの?

1.二重の幅が狭いのは二重整形で改善が可能です

二重の幅が狭い奥二重は、クリニックの二重整形を受けることでラインのくっきりとした二重に生まれ変わることができます。

二重の幅の狭さにも個人差がありますので、クリニックではその患者さんに最も適した方法で治療を行います。

2.二重の幅を広くする治療法があります

二重の幅を広くする方法には埋没法と切開法があります。

埋没法は糸を使って二重を形成する施術で、切開法はまぶたを切ることで二重にする施術法です。

埋没法は施術後腫れにくく、切開法は二重の効果が半永久的に継続するというメリットがそれぞれあります。

3.二重の幅が狭いことで悩む人は多いです

二重の幅が狭い方は本来二重まぶたであるにも関わらず、一重まぶたのように見られてしまうことに悩みを抱えています。

メイクでカバーするのは時間がかかる上に手間に感じることが多く、理想の二重まぶたになるために二重整形を考える人が増えています。

4.奥二重と二重には違いがあります

二重の幅が狭い奥二重と末広型の二重とでは、同じ二重まぶたであっても上眼瞼挙筋とまぶたの皮膚との繋がり方に違いがあります。

生まれつきのまぶたの構造をメイクだけでカバーするのは困難ですので、信頼のできるクリニックを一度受診してみましょう。


運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔