二重のりは二重ラインの持続力は短期的ですが二重整形は長期的な効果が見込めます


二重ラインを作る方法はいくつかありますが、それぞれで二重ラインの持続力が異なります。

一般的に二重のりやアイテープでの二重ラインは短期的で、二重整形で作る二重ラインは長期的にキープできます。

二重ラインを作るときは、持続力や作りやすさ、二重を作るのにかかる費用などメリットやデメリットのバランスを考えて方法を選びましょう。

用途に合わせて二重のりと二重整形の施術を使い分けてみましょう

二重のりと二重整形の施術とでは、二重ラインをキープできる持続力が異なります。

一般的に二重のりの場合は、二重ラインをキープできる時間が短く、長くても朝から夜までというものになり、メイクの度に二重ラインを作る必要があります。

一方二重整形の施術の場合は、二重ラインを保持できる時間が二重のりに比べて長く、施術方法によっては半永久的に二重ラインが取れないというものもあります。

たとえば結婚式に参列するため、そのときだけ二重にしたいという時や、自分がぱっちり二重になったときの顔を見てみたいという場合には、二重のりで二重にするとよいでしょう。

日常的に二重ラインをキープしておきたいとい場合には、手間やメイクにかかる時間、まぶたにかかる負担を考えると、二重整形の施術の方が向いていると言えます。

どのくらいの期間二重ラインを作っておきたいのか、どのような用途があるのかで、二重のりと二重整形の施術とを使い分けることをおすすめします。

より自分に合った方法はどちらなのかを考えて選ぶと失敗がないでしょう。

二重のりと二重整形それぞれのメリットデメリットを知ることが大切です


二重ラインを作るといっても、二重のりと二重整形の施術とでは内容も方法もまったく異なるものです。

二重のりは専用の糊を使ってまぶたの皮膚を貼り止めて、二重ラインのようなものを作るというもので、糊を剥がすといつもの目元に戻ります。

持続力が弱く、メイクの度に二重ラインを作る手間や時間がかかることや、長期間使用することでまぶたの皮膚が伸びるなど、まぶたにかかる負担が大きいのが特徴です。

しかし自宅で手軽に二重が作れ、低コストである面がメリットだと言えます。

二重整形の施術は、二重ラインの持続力が最大のメリットです。

施術方法によっては半永久的に二重ラインが手に入るため、メイクにかかる手間や時間が大幅に軽減されるでしょう。

また二重のりのようにアレルギーの心配がないというのも大きなメリットです。

しかし二重のりのような手軽さがなく、費用も二重のりよりかかってしまう点がデメリットとして挙げられます。

二重整形の場合、施術法によって二重の持続力や費用負担が異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

それぞれのメリットデメリットを考えて、最適な方法で二重ラインを手に入れましょう。

二重整形の施術でもよ半永久的に二重が持続する方法もあります

ひとくちに二重整形といっても、いくつかの施術方法があるのをご存じでしょうか。

比較的人気のある埋没法は、手術時間が非常に短く、ダウンタイムに出る症状や期間が軽めであることが特徴です。

メスを使って切開する必要がない埋没法は、手軽にできるため、プチ整形と呼ばれることもあります。

埋没法は、まぶたの裏から特殊な糸でまぶたの皮膚を縫い止めて二重ラインを作ります。

そのためまぶたの皮膚の量が多い場合や、まぶたをこする癖がある方の場合は、施術後に二重ラインが取れてしまうことも考えられるでしょう。

一方で切開法とよばれる施術法の場合は、まぶたの皮膚を切って縫い付けて二重ラインを作ります。

ダウンタイムの期間や症状は埋没法に比べて強く出る傾向にありますが、半永久的に二重のラインを手に入れられる効果が期待できるでしょう。

まぶたの状態によって、埋没法が向く場合もあれば切開法が向く場合もあり、二重整形の施術を受ける場合には、主治医からアドバイスを受けることをおすすめします。

自分に合った施術方法を選ぶことが、理想的な目元を手に入れる鍵になるでしょう。

(まとめ)二重のりと二重整形では持続力が違うの?

1.二重ラインの持続力は二重のりは短期的ですが二重整形は長期的な効果が見込めます

二重のりやアイテープで作る二重ラインの持続力は短期的、二重整形の施術で作る二重ラインの持続力は長期的であるのが一般的です。

二重ラインを作る時は、その方法のメリットデメリットを知り、バランスを考えて選びましょう。

2.用途に合わせて二重のりと二重整形の施術を使い分けてみましょう

二重のりは二重ラインの持続力が短期的なため、1日だけという時や、二重になった顔を見たいなどお試し的な使い方をする時に適しているでしょう。

日常的に二重になりたいという場合には、二重ラインが半永久的に手に入るような二重整形の施術が向いています。

3.二重のりと二重整形それぞれのメリットデメリットを知ることが大切です

費用負担が少なく手軽にできる二重のりですが、二重ラインを作る手間が時間がかかり、まぶたへの負担も大きめです。

二重整形の場合は、費用負担が二重のりよりもありますが、長く二重をキープできるため、メイクの手間が減り時短になるでしょう。

4.二重整形の施術でも半永久的に二重が持続する方法もあります

二重整形は施術法によって二重ラインの持続力が異なります。

埋没法は手軽にできる施術法ですが、まぶたの状態によっては二重ラインが取れてしまうことも考えられるのです。

自分のまぶたに合った施術法を選ぶことが理想的な目元を作る重要なポイントになります。

切らない二重術(埋没法)

極細の糸をまぶたに埋め込む方法です。腫れが少なく、ふたえのり感覚でできます。

切る二重術(切開法)

まぶたを切開したラインで二重を作ります。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができます。

目元形成

目のまわりや眉の下を切開し、目の形を整えます。視野が広くなる効果もあります。

眼瞼下垂

まぶたを引き上げる力を強くして、眼瞼下垂やそれにともなう頭痛・肩こりを解消します。

目元のたるみ取り

目の下のふくらみ(脂肪)やくぼみを取り除くことで、目元を若々しくします。

運営者情報

運営クリニック湘南美容クリニック 新宿本院
住所〒163-1324
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
お問い合わせ0120-5489-40
院長中村 大輔